Pick Up

ピックアップ

close

既製品と同生地のオーダースーツが仕立てられる。
新提案「テーラードライン」

2016.9.7

img01さりげないチェックパターンが旬。REDA社製生地を使用。
img02複雑にミックスして作る絶妙なブルーとソフトな質感はインポートならでは。
img02今期トレンドのグレー。カラーストライプが洒脱な印象を作る。

item01

スーツ>ブルー/チェック8-0122-82-405¥38,000(税抜き)

      • カラー:ブルー
      • 柄:チェック
      • 生地:ウール100%

 

item01

スーツ>ブルー/無地8-0122-25-352¥48,000(税抜き)

      • カラー:ブルー
      • 柄:無地
      • 生地:ウール100%

 

item01

スーツ>グレー/ストライプ8-0122-25-406¥38,000(税抜き)

      • カラー:グレー
      • 柄:ストライプ
      • 生地:ウール100%

 

ビジネスシーンでのスーツ選びの基本は、見た目と着用感に尽きるといっても過言ではありません。前者は着る人と凛々しく見せ、相手に安心感を与えてくれます。後者は動きやすさをもたらし、ストレスを感じさせません。そして双方にとって大切なのはサイズ感。自分の体に合ったスーツは、それだけで確実に仕事のグレードを上げてくれます。
それを実現するにはやはりオーダー。サイズはもちろん、生地や仕様まで自分のこだわりが反映された一着は、ビジネスマンにとって理想のユニフォームとなること違いありません。とはいえ、どうしても値段の高さや採寸の煩雑さから臆してしまい、興味はあるけれど未経験、という方も多いのでは。そこでおすすめしたいのが、プレタポルテと同生地でオーダースーツを仕立てることができる「テーラードライン」。生地と縫製とパターンという、オンリーのスーツが持つトータルクオリティの高さを体現したCOLLECTIONラインのプレタポルテを、自分好みかつジャストフィットにカスタマイズすることができます。

生地は厳選したインポートファブリックで、全23種類。バイヤー自らイタリアなどの有名生地メーカーに足を運び、トレンドを反映しながらもビジネスに相応しい最適な色柄をセレクトしたこだわりのラインナップです。通常のオーダースーツでは、生地ブックから生地を選ぶのが基本ですが、「テーラードライン」は、プレタポルテとして販売しているスーツがあるため完成イメージがつきやすいのが特長。オーダースーツを仕立てるうえで最も大きな不安を解消することができます。

sub01
上質なインポートファブリック23種類から選択可能

生地はREDA、FINTES、MARZOTTOといった有名メーカーが揃う。どれもインポートらしい個性が光るこだわりのセレクト。

オーダースーツですから、もちろんサイズはぴったり。シルエットはもちろん、裏地や釦、ステッチやポケットの仕様まで、全て選ぶことができます。ベストを足してスリーピースに、パンツを足してプラスパンツに、といったアレンジも可能で、プレタポルテのスーツが自分の求める仕上がりに近づいていくプロセスに、きっと完成が待ちきれないほどワクワクするはず。

sub02
テーラーメイドの魅力をそのまま体験できる

裏地や釦などのオプションは全て、オーダースーツブランド「テーラーメイド」と同じラインナップから選択可能。もちろん採寸も同じクオリティを体験できる。

さらに、「テーラードライン」は通常のツーピーススーツであれば48,000円でオーダー可能。38,000円で販売しているプレタポルテに+10,000円するだけで、オーダースーツにアップグレードできるのです。こだわり抜いたインポートファブリックのオーダースーツが48,000円で手に入るというコストパフォーマンスの高さも、「テーラードライン」の魅力。
プレタポルテとオーダーを両立しているオンリーでしか味わうことのできない、新しいオーダーのかたちを、是非お試しください。

>>>「テーラードライン」生地一覧