• Twitter
  • Facebook
  • Instagram

ONLY

IMPORTED JACKET COLLECTION

2020 SPRING / SUMMER IMPORTED JACKET COLLECTION

ONOFFを愉しむため
ジャケットの最旬を纏う

JACKET COLLECTION Check Pattern
春の訪れにトレンドの<br>グリーンチェック01

春の訪れにトレンドの
グリーンチェック

春らしく軽快なイメージを取り入れたカジュアルジャケットのスタイリング。トレンドのグリーンを使ったチェック柄が、新緑の季節ならではのフレッシュな気分を薫らせます。マイクロストライプのシャツと、ネクタイの縞のピッチに差をつければ、柄の配分も絶妙なバランスです。

JACKET ¥38,000(+tax)

online store

SHIRT ¥4,800(+tax) / PANTS ¥8,800(+tax)
NECKTIE ¥7,800(+tax)
POCKET CHIEF ¥3,800(+tax)

モノトーンがサッカー地をモダンに変換す02

モノトーンがサッカー地をモダンに変換す

シアサッカーといえば、ブルーのストライプ柄と思われるかもしれませんが、こちらはモノトーンのチェック柄。MARZOTTO社のHAVANAネームで、モダンな清涼感を湛えています。この素材感を存分に味わうジャケットは、ライニングや副資材を省いた一枚仕立てに仕上げました。

JACKET ¥28,000(+tax)

online store

SHIRT ¥7,800(+tax) / NECKTIE ¥7,800(+tax)
POCKET CHIEF ¥3,800(+tax)

ナチュラルなリネンならではの素朴な清涼03

ナチュラルなリネンならではの素朴な清涼

グレーにブルーの格子を嵌めた地に、白いウィンドーペーンを乗せたこだわりの配色。リネンを混紡したホップサック織りのジャケットには、ナチュラルな独特の清涼感が宿っています。こんな手の混んだジャケットを着るなら、Vゾーンはできるだけシンプルに、無地のタイが似合います。

JACKET ¥28,000(+tax)

online store

SHIRT ¥3,800(+tax) / NECKTIE ¥5,500(+tax)
POCKET CHIEF ¥3,800(+tax)

JACKET COLLECTION Plain / Stripe Pattern
ブラウンジャケットも若々しく装える04

ブラウンジャケットも若々しく装える

白のネップ糸が浮くブラウンジャケットは、ファビオ社のウール×リネンホップサック。落ち着いて見えがちなブラウンのジャケットですが、ピンクのカラーシャツを合わせることで若々しい装いに。ベージュのコットンパンツ、茶のスエード靴とも同系色の色合わせが奏功しています。

JACKET ¥28,000(+tax)

online store

SHIRT ¥3,800(+tax) / PANTS ¥9,800(+tax)
NECKTIE ¥7,800(+tax) / POCKET CHIEF ¥3,800(+tax)
SHOES ¥13,000(+tax)

ネイビーを軽快に装うなら素材感を大切に05

ネイビーを軽快に装うなら素材感を大切に

ビジネス色が強くなりがちなネイビージャケットをカジュアルに着こなすには、ホップサックなど生地の表面感ある織り素材を選ぶのがコツ。チェック柄のシャツにゴールドストライプのネクタイというセレクトとともに、柄チーフをポケットに挿すことで、ビジネス色を抑えるのも好手。

JACKET ¥28,000(+tax)

online store

SHIRT ¥4,800(+tax) / NECKTIE ¥5,500(+tax)
POCKET CHIEF ¥3,800(+tax)

ネップ糸が薫らせるヴィンテージタッチ06

ネップ糸が薫らせるヴィンテージタッチ

リネンのスラブ糸が横に走るカノニコヴィンテージのストライプジャケットは、グリーン系統の色味が新鮮。シックに着てしまうと、年配の雰囲気が否めないため、あえて反対色の赤いネクタイとチーフを合わせることで、互いに引き立て合うタイドアップスタイルを目指しました。

JACKET ¥38,000(+tax)

online store

SHIRT ¥7,800(+tax) / NECKTIE ¥5,500(+tax)
POCKET CHIEF ¥3,800(+tax)

スタイリスト四方さんがオススメする
ジャケットコーディネート術とは

スタイリスト 四方章敬 スタイリスト 四方章敬

ジャケットはカジュアルなものと考えてコーディネートすれば
誰でも着こなせるんです

    ジャケットって聞くと、身構えてしまう人がいるみたいですが、本来ジャケットってカジュアルなものなんです。ネルシャツやポロシャツなどと同じ感覚で、柄物だって自由に選んでいいものなんです。ネイビージャケットならオン&オフに着回わせるとか、リネンのジャケットはビジネスには不向きとか言われますが、今の時代、そんなこと全然ないと思います。ONLYのジャケットは、今っぽい色柄も豊富なので、誰でも好みの色柄が選べると思います。僕もいくつか着てみたいジャケットがありました。
    基本的なコーディネートの定石は覚えておいたほうがいいでしょうね。ジャケットスタイルがカッコいい人と、なんかイマイチな人との分かれ目は、基本を知っているか知らないかだけ。ジャケットって、誰でも簡単に着こなせるものですから。

スタイリスト 四方章敬 スタイリスト 四方章敬

ジャケットがカジュアルなものと分かっていれば、白のドレスシャツを合わせるのは「ハズし」を意識してコーディネートしないといけません。「ハズ」しって、基本を知ったうえでの応用編なので、ちょっと難しいんです。だからジャケットの基本的な着方は、カジュアルなシャツを合わせること。いきなり柄シャツは、ジャケットの柄とぶつかるので避けて、カラーシャツやシャンブレーシャツを合わせたり、白シャツでもオックスフォード地やボタンダウンを合わせたほうが着慣れた印象に見えるんです。
    ボトムズの定番はグレーのスラックス。デニムやチノパンでもいいと思いますが、大人のジャケットスタイルはきちんとクリースの入ったスラックスがいいでしょう。

スタイリスト 四方章敬 スタイリスト 四方章敬

ネクタイの色はジャケットの織り糸から拾うようにします。ネイビージャケットなら、ネイビーを地色に使った小紋タイ、ブラウンのジャケットならブラウンの縞を使ったストライプタイといったように。このときジャケットが一見、ネイビーの単色だと思っても、よく見るとグリーンの糸が混じっていることがあります。色に深みを出すためです。このときはグリーンを使ったネクタイも似合います。ブラウンのジャケットもよく見ると赤い糸が混じっていることがあるので、こういうときは赤を使ったネクタイも似合うんです。
    僕がスタイリングするときは、単なる糸の色を拾った合わせ方だけではなく、反対色や補色の関係性を使ったコーディネートも心がけています。こういうところは応用編になってくるので、まずは基本に忠実にコーディネートすれば、誰でも簡単にジャケットがスマートに着こなせるはずです。

スタイリスト 四方章敬

数多くのメンズ誌をはじめ、有名セレクトショップのカタログ、著名人のスタイリングアドバイスなど各方面で活躍しています。

その他のおすすめ特集

  • DRAGO Swing

    高級感ある生地と極上のタッチに加え、抜群の着心地を誇る「DRAGO Swing」。

  • ONLY PREMIO

    クラシックな日本人体型に落とし込んだ、インポート生地「オンリー プレミオ」