【銀行・営業・不動産/職業別スーツコーディネート】

こんにちは!!

ONLY四条烏丸店の岡本です。
これからも「ビジネススーツの知って得する情報」をテーマにお伝えしていきますので
どうぞ宜しくお願い致します。

今回は前回のブログの内容から、販売員ことスタイリストが職業別で考えた、
スーツを着こなす意味、コーディネートを組む意味をご提案していきます。

IMG_2615
その中でも当店をよくご利用頂いているお客様の職業トップ3に絞ってお伝え致します。
是非参考にしてみて下さい。
[ideabox]① 銀行・金融関係のお勤めの方。
IMG_2619
お金を扱う緊張感のある職業なので、金融関係のお勤めの方にとって
「カッコよく見せるお洒落」よりも「信用と安心を勝ち取る為のおしゃれ」が最も重要かと思います。
スーツはブラック、ネイビーなどのダークトーンがおススメ!!
柄も無地や織柄などの控え目なテイストが良いですね。
見た目から落ち着いた印象になり、安心感を演出できます。
サイズ感に関しても細すぎず、ゆったりしすぎない自身の体型にジャストフィットしたサイズを着用することで信頼感にも繋がります。
IMG_2621
シャツ、ネクタイのコーディネートもブロード生地のホワイトシャツに、
無地・小紋柄のクラシカルな色合いのネクタイでさり気ない上品さを演出。見た目からも信頼と安心を感じとれますよね♪

<余談ですが、以前に銀行でお勤めの方とお話しする機会があり、
スーツ選びの際に気を付けているポイントをお教えていただいた内容です。>
その方のスーツ選びのポイントは
「印象が残りやすそうな色、柄、そして高級すぎる生地を着用することは基本的に選ばないように心掛けている。
なぜならお客様(取引先)に違和感を与えてしまうと、結果として不信感にも繋がってしまう。」
私はこのお話を聞いて、その方のプロフェッショナルな一面に触れ、質の高い仕事をされているのだろうなと感じました。 [/ideabox]

[ideabox]② 外回りの多い営業関係のお勤めの方。
第一印象が最も大切なお仕事の一つですね!!
ここでは「爽やかさとご自身のスタイル・キャラクターに合ったおしゃれ」をおすすめします。
しかし印象を残そうと思って派手になりすぎるのはNG。
よくある失敗談は原色の赤や黄色といった派手な色味のタイをつけようとされる方がおられます。
ここでは色の印象で相手にイメージを残すのではなく、
自分のスタイルとキャラクターに合ったコーディネートでイメージを与えなければ、相手の方には印象を残せません!!
例えば20~30代前半の方でメーカー勤務。
普段は営業回りのお仕事をされている方にはこういったコーディネートはいかがでしょうか?
IMG_2616
全身をネイビー系でまとめたコーディネートは一番に感じるのは爽やかさ。
そしてまとまりがあり、明るくお洒落な雰囲気を感じますよね。
コーディネートのコツとして色使いを3色以内でまとめると見た目の印象もスッキリとし、全身のコーディネートとしてイメージが残りやすくなりますよ!!
IMG_2617
実は今回のコーディネートも白・赤・青の3色のみです♪ [/ideabox]

[ideabox]③ 不動産関連にお勤めの方。
不動産を扱うお仕事なので信頼感と安心感は必要だと思います。
更にお客様はいい物件、おしゃれな物件を紹介してもらいたいと考えると思います。
職位にもよりますがスーツの色・柄は比較的幅広く選んで頂けるようなので、スーツに対しても見た目のかっこよさも重要かと。
その時々のトレンドに重点を置いたコーディネートがおススメです。
しかしサイズ感は気を付けた方がいいですね。
着丈が短すぎたり、過度な細身だと
チャラチャラした印象を与えてしまい、安心感に欠けてしまいます。
自由に選んで頂けるからこそ、過度なスタイル・コーディネートはご注意を!!
例えばこんな感じはいかがでしょうか?
IMG_2622
見た目は誠実さを感じながらも、ワンランク上の大人のかっこよさを楽しめるコーディネートですね♪ [/ideabox]

今回は職業別に3つに絞ってご提案しましたが、
様々な業界でお勤めの方はもっとおられるかと思います。

コーディネートでお悩みの方、お手伝いできることがあれば
是非私どもスタイリストを活用して下さい。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

ONLY四条烏丸店の店舗情報

オンラインストアはこちら