オーダースーツはこうして作られる。~ONLY FACTORY~

2024.06.27 Thu

オーダースーツはこうして作られる。~ONLY FACTORY~

オンリーのテーラーメイドを作っているオンリーファクトリー

1日で60着までしか作らない理由は
「お客様に納得した一着を着てもらいたいから」

そんなオンリーファクトリーではどのようにスーツが作られているのか。
実際にオンリーマガジン編集部が行ってきました。


 

“MOVIE”

 


 

MADE IN JAPAN


佐賀県武雄市にあるオンリーファクトリー。
そこには約50名の職人たちが在中しており、
テーラーメイドはすべてここで縫製されております。


 

IN FACTORY


生地の重みを利用してあまく畳んでリラックスさせて収納。
また工場内の湿度は常に60%になるよう自動超音波加湿器が各所に設置。
これは仕上がり後のスーツの保形性や着心地を安定させるためです。
オンリーのモノづくりのこだわりが工場内にも垣間見えます。


 

オーダースーツが出来上がるまで



お店でご注文いただいたお客様のオーダーは、
翌日に工場のCADと呼ばれる機械にデータが取り込まれます。
そこからお客様の生地を型紙やパーツごとに職人が一着ずつ丁寧に手裁断していきます。


 

パーツ作成・組み立て工程

続いて各パーツの作成工程、組み立て工程を行います。
その際、生地をリラックスさせた状態で縫製を行うため、
「加湿ボックス」を使用し、品質の安定性にこだわっています。


 

プレス工程

その後、プレス工程に入り、アイロン機械プレスを使用してスーツを立体的に復元させます。
このアイロン操作がスーツの仕立てを際立たせ、熟練の技術が良しあしを決めます。


 

仕上がり

様々な工程を経て、ようやくスーツ1着が仕上がります。
最終的に1着ずつ検品を行い、仕上がったスーツがお客様の元に届きます。


 

SHOP