第5回「このオーダースーツが25,000円?!」ONLY京都TAILORなんばCITY店

ONLY SHOP BLOGをご覧の皆様こんにちは!
ONLY京都TAILORなんばCITY店の山本です。

前回に引き続き、「ミニマルオーダー生地のご紹介」第5弾、今回で最終回です。

[最強の無地COLLECTION]

ストレッチ性があって着心地が良く、通年使える素材なので、様々なシーンに幅広く使えます。
いわゆる「オールシーズンスーツ」というもので、秋冬だけでなく7月~8月以外の10ヶ月間着用できます。
また、ホームウォッシュ仕様なので、自宅でも洗えます。
(洗い方はONLYなんばCITY店のブログ「HOME WASH」編を参照)

①2-0340-25-600BK ブラック/無地

 

 

 

 

 

 

 

 

礼服代わりにもなる黒無地スーツですが、礼服とは織り方が違いますので、比較すると色が浅く、キメが荒くなっております。
飽くまでも礼服の代わりですので、礼服は別で持たれることをお薦め致します。

②2-0340-25-600NY ネイビー/無地

 

 

 

 

 

 

 

 

普段スーツを着用されない方や就活の面接用にお薦めの生地です。

③2-0340-25-600CGR チャコールグレー/無地

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらもネイビーと同様の使い方が出来ます。

④2-0340-25-600GR グレー/無地

 

 

 

 

 

 

 

 

やや薄いグレーの無地で、ネイビージャケットのパンツとしてもお薦めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、と、いうことで、3カ月に渡って連載してまいりました、この企画も今回で最終回を迎える事になりました。
今回ご紹介した4種類で、32種類のミニマルオーダー生地すべてをご紹介することが出来ました。

あとは最高の1着を選んでいただき、作っていただくだけですね!

当初は店舗にて採寸だけさせていただきまして、お客様ご自身でネット決済していただく仕組みでしたが、注文画面が分かり難いとの問合せが多い為、出来る限り店舗にてお客様とご一緒に決済をさせていただいております。
安心してご来店下さいね!

次回は新しくミニマルオーダーに加わりました、レディーススーツをご紹介させていただきますので、お楽しみに!

皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。
この後は「ガンプラブログ」が始まりますので、ご興味のあられる方は是非ご覧下さいね!

ガンプラブログ「趣味ガンプラ」 第8回

前回はレディース向けの番外編をお送りしましたが、今回からは第6回の続きを製作して参ります!
今回のお題は「ウェザリング」です。ウェザリングとは、「汚し塗装」のことで、実際に巨大なロボットがいたら、「ここはこのように汚れるはず」というリアリティを追求するもので、塗料を使用して「汚れ」を表現します。

工具

①エナメル塗料
(白、黒、ライトグレー、茶)
②筆2本
③ライターオイル
④キッチンペーパー
⑤綿棒
⑥塗料を入れる皿

作業工程
①適当な塗料皿にエナメル塗料の黒か茶を流し込みます。
②ライターオイルをエナメル塗料を入れた皿に流し込みます。(塗料の5倍)
③サラサラになった塗料を筆でガンプラ全体になじませます。

④塗料が乾いてしまう前に綿棒で面の中心を拭き取ります。

⑤もう1本の筆の毛先を1㎝ほど残して切ります。
⑥カットした筆の毛先をライターであぶります。

⑦エナメル塗料のライトグレーを皿に入れます。(ライターオイル不要)
⑧カットした筆にエナメル塗料を浸し、キッチンペーパーに擦りつけます。
⑨カサカサになった筆で叩くようにガンプラ全体に擦りつけます。

⑩⑦のライトグレーに白を混ぜます。(量は適当でけっこうです)
⑪⑧~⑨を繰り返します。


⑫エナメル塗料の白を皿に入れ、⑧~⑨を繰り返します。


以上で「ウェザリング」終了です。
今回実施したテクニックは「ウォッシング」と「ドライブラシ」です。
②で、なぜライターオイルを使用するかというと、専用のエナメル溶剤ですと、プラ素材を侵食し、破損する可能性が高いからです。
いかがですか?特に細かい塗り分けをしているわけでもないのに立体感が出て本格的なグラデーション塗装のようになりましたでしょ~♪
前回の仕上がりとは桁違いの出来になりますので、せっかくですから試してみて下さいね!
次回はデカール&プチ改造にてディテールアップし、ズゴック編は完了とさせていただきます。

第9回に続く