『 就活スーツ 』の HOW TO ~スーツのポイント~

“短い時間”で“好印象”を与えるには、
見た目にも気を遣うことが大切です。

就活スーツの選び方から着こなしまで
3つのポイントをご紹介します!!

≪ 3つのポイント ≫
1. スーツ選びのポイント「色」「サイズ感」
2. 身だしなみを整える
3. シャツ・ネクタイで印象を変える

1.スーツ選びのポイント

印象を左右するスーツ選びは“サイズ感”が大事!!
ポイントを押さえて自分に合ったスーツを選びましょう(^O^)/

【 スーツの色 】
就活のファーストスーツは
どんな場面や業界でも来て頂ける
「 黒 」や「 紺 が無難です。

ビジネススーツでは
ストライプやチェックの柄物が人気ですが、
就活ではNG!!必ず“無地”のものを選びましょう。

【 スーツ選びのポイント 】
① 長さ(着丈・袖丈・パンツ丈)
“どこから見ても好印象”にするには
正しい長さ”が大切です!!

店頭で必ず!!試着しスタッフに確認してもらい
ベストな着丈を選びましょう。

② サイズ感(肩幅・ジャケットとパンツのゆとり)
スマートに着るためには
サイズ感 」もポイントです。
ジャケットは「 肩幅 」に合わせましょう。

また、ジャケットはボタンを留めたとき
「こぶし一つ分のゆとり」が大切です

パンツは「 ヒップ・太ももまわり 」を確認しましょう☆
ヒップまわりは
「 ポケットが開かず綺麗に納まっているか 

太ももまわりは
「 一つまみ掴める位のゆとり 」を

を確認しましょう☆

2. 身だしなみを整える

【 着こなし 】
スマートな着こなしも大切。
ジャケットのボタンは全て締めず
一番下のボタンのみ”外しましょう。

スーツのポケットには、モノを詰め込んでしまうと
膨らんでみっともない印象になるので
たくさん入れないようにしましょう。

【 お手入れ 】
スーツのシワや汚れをそのまま放置すると
シミやカビ、虫食いの原因になります。
*ポイント*
・ジャケットはスーツ用の厚みのあるハンガーに掛ける
( ポケットの中身は全部出しましょう )
・脱いだ後はブラッシングする
( 生地の縫い目に沿わせて上から下にブラシを動かす )
・その日のシワは、霧吹きを掛けると
ウールの自然な復元で元に戻ります
・頑固なシワには、スチームアイロンの蒸気を当て手で
生地を布目に沿わして縦方向に伸ばして整える

などなど…

また、汚れの落ちやすいクリーニングは
繊維へのダメージが大きいので出しすぎも良くありません。
正しいお手入れを覚えて清潔感を保ちましょう☆

3. シャツ・ネクタイで印象を変える

【 就活用のワイシャツ 】
・色は清潔感のある白色で、凹凸感のない無地の素材
・デザイン性のあるものは避け、
襟やカフスはレギュラーカラーやワイドカラーを選びましょう。
(女性は、スキッパータイプやレギュラータイプ)

【 就活のネクタイコーデ 】
おすすすめコーデを3つご紹介☆

 青(紺) 』 x 『 レジメンタル 』

知的・勤勉・真面目さを表す『青色』に
シャープなイメージのレジメンタルで「スマートさ」を強調♪

『 水色 』 x 『 小紋柄 』

3月や4月などの春であれば
淡い色のピンクや夏に水色など季節感のある色や柄を
取り入れると「爽やか」な印象がアップします♪

『 エンジ 』 x 『 レジメンタル 』

心理学的にやる気を起させる『 赤色 』
就活用では少し派手なので
『 エンジ 』をチョイスし最終面接など
勝負の時に使い情熱さを演出♪

などなど…
面接の進捗や業界によって
印象を変える際にはぜひ!!ご参考下さいませ。

【 NG!!就職活動で避けるべき色柄 】

 

 

 

 

 

 

派手なピンクや紫、夏に茶色などの季節感のない色や
太すぎるストライプや大きすぎる水玉、ペイズリーなどの柄物は
避けた方が無難です!!

いかがでしたでしょうか。
押さえておくべき基本のポイントを
是非参考に、印象アップに役立ててみてください!!