【限定2,000着!18,000円でオーダースーツやってます!】ONLY京都TAILORなんばCITY店

ONLY SHOP BLOGをご覧の皆さま、初めまして、「ONLY京都TAILOR なんばCITY店」です。

6月1日よりONLYなんばCITY店の向かいにオープンさせていただきました、オーダースーツ専門店です。

これまでのテーラーメイドスーツはもちろん、新しく始まりました「ミニマルオーダー」の見本スーツの展示、採寸サービスを実施しております。

ONLY同様によろしくお願い致します。

当ブログを担当させていただきます山本です。
そうです、ONLYなんばCITY店の山本です。

実は、この「ONLY京都TAILORなんばCITY店ONLYなんばCITY店の向かいにありますので、
スタッフはONLYなんばCITY店のメンバーで運営している次第、こちらのブログも山本が担当させていただくこととなりました。
と、いうことで、ONLYなんばCITY店ブログ同様、よろしくお願い致します。

こちらのブログでは「ガンダムブログ」ではなく、「ガンプラブログ」を展開して参りますので、ご覧いただけましたら幸いです。

第1回目ということで、今回は、「ONLY京都TAILORなんばCITY店」がどんな所なのか、「ミニマルオーダー」とは何かという題材で進めて参ります。

1.これが、「ONLY京都TAILORなんばCITY店」だ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーダー専門店ということで、白を基調とした高級感溢れるデザインのお店です。

 

 

 

 

 

 

 

ミニマルオーダーでは秋冬の新作32柄を全て出来上がった状態の見本スーツをご用意しておりますので、イメージもしていただきやすいですよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミニマルオーダーで出来るスーツの型は、この一番人気のマンハッタンモデルのみとなります。

 

 

 

 

 

 

 

見て下さい!このラグジュアリー感溢れるサロン。

ゆったりと採寸させていただけるスペースをご用意しております。

気持イイですよ~♪
是非一度ご来店してみて下さいね!

2.ミニマルオーダーとは何か

と、いうことで、先ほどから出てきております、ミニマルオーダーの説明をさせていただきます。

皆さんはスーツにどのような拘りを持たれていますか?

①スーツの型、デザイン、裏地、ボタンに至るまで拘りたい!
→テーラーメイドスーツ(38,000円(税抜き)~)がお勧めです。

②仕事着なので、気軽に、リーズナブルに、早く着用したい!
→既製スーツ(19,000円(税抜き)~)がお勧めです。

③スーツの型、デザイン、裏地、ボタンには拘らないが、身体に合ったスーツを着用したい!
→ミニマルオーダー(限定2,000着18,000円(税抜き))がお勧めです。

上記のようにONLYでは、お客様のニーズに合わせた3種類の提案をさせていただいているのです。

ミニマルオーダーの特長
①お客様ご自身でネットにてお申し込みいただける
*店舗にて採寸させていただくか、専用メジャーを申し込みいただき、自身で採寸いただけます。

②決済はクレジットカードのみ
*店舗での販売はしておりません

③32種類の生地から選べます
*なんと、その内28種類がウール100%です!

④型は一番人気のマンハッタンモデルのみです

⑤ボタンや裏地などのオプションは、それぞれの生地に合わせたものをプロがチョイスしております

⑥店舗での採寸は15分程度、ゲージナンバーや長さを記入してお渡し致しますので、決済はお客様ご自身で専用サイトからお願い致します(無料のONLYメンバーズに登録が必要)
*胸まわり84㎝~124㎝、ベルト寸法66㎝~118㎝までの対応です

⑦海外生産となりますので、決済後から納品まで約2ヶ月でお届け致します。
秋冬の生地ですので、ちょうど秋からご着用いただける仕組みです。

*別途送料800円(税抜き)が必要です。

⑧スーツが無事に届きましたら、すぐにご試着いただき、
3ヶ月以内であれば1回のみ無償で調整が可能、商品の不具合やサイズが全く合わない場合は返品も可能です。

*店舗での返品は対応出来ませんので、カスタマーセンターにご連絡下さい。
*調整箇所には限りがあります

以上の内容になっており、価格は通常25,000円(税抜き)
通常価格でも充分サイフに優しくしておりますが、オープン記念、限定2,000着、お一人様1着限りでなんと!

18,000円!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18,000円(税抜き)でのご提供です!
次回から生地をご紹介して参りますが、どう見ても5万円以下には見えません。
しかもオーダーで身に合ったスーツが着用出来る気持ち良さ。

これは試してみる価値は絶対ありますよ!

以上、ONLY京都TAILORなんばCITY店とミニマルオーダーのご紹介でした。
皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

この後は「ガンプラブログ」が始まりますので、ご興味のあられる方はご覧いただきますよう、お願い致します。

ガンプラブログ「趣味ガンプラ」第1回

ONLYなんばCITY店のブログでは「ガンダムブログ」というガンダムのアニメネタを中心にを連載させていただいておりますが、こちらのブログではガンプラのネタをお送りして参ります。
向こうは2D、こちらは3Dという括りで走って参りますので、よろしくお願い致します。

では今回のお題は

「ガンプラって何?」

ガンプラ・・・ガンダムのプラモデル
1980年7月19日に発売され1/144ガンダム(300円(税抜き))から始まった、機動戦士ガンダムのロボット等を模型にしたプラモデルシリーズです。
最初のガンダム、第2弾のシャア専用ザクと、超合金で主に遊んでいた子供には、組み立てが難しく、出来上がっても真っ白、真っ赤のプラモデルは全く相手にされませんでした。

 

 

 

1/144ガンダム(300円(税抜き)
現在もそのままの価格で入手が可能
これを徹改修しておられる神モデラーも・・・

 

 

 

在庫の山だけが残ったバンダイのホビー事業部の責任者は頭をかかえていたそうですが、翌年1981年に転機が訪れたのです。

「劇場版 機動戦士ガンダム」は、もともと子供よりも大学生や大人が熱狂していた為、宇宙戦艦ヤマトの次に来た本格SF映画に飛びつき、社会現象となる大成功を治めました。

映画を観た大きいお友達たちはプラモデルに目をつけ、ガンダムのメカデザイナー「大河原邦夫」氏の描く劇場ポスターを目指して色を塗り、実機さながらの注意書きを施して子供向けの雑誌に掲載、小学生高学年を中心に莫大な支持を受けたのです。

それからガンプラはどこに行っても品切れ、発売日、入荷日には前日の夜から行列を作るという超人気商品に変わり、模型店では売れない「お城」の模型等と抱き合わせ販売する等の商売をする店舗も続出、人気のガンダムやザクを買えたのは、ほんの一握りの幸運な人だけでした。(私も最初に買えたのは1/1200のホワイトベースでしたね~)

その後は日進月歩で進化を遂げ、現在まで大人気のカテゴリーを貫いてきたわけです。

第2回に続く