【結婚式に呼ばれたら何を着て行きますか?】ONLYなんばCITY店

ONLY SHOP BLOGをご覧の皆様こんにちは!
ONLYなんばCITY店の山本です。

さて、7月も下旬ということで、7月、8月と言えば、ブライダルですよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ん?ブライダルと言えば6月のジューンブライドじゃないの?」

と、思った方も多いと思います。
確かにジューンブライドは世界的に有名ですが、ここは日本です。
6月は梅雨でジメジメですし、結婚式費用がメチャメチャ高い!という理由で、7月、8月に挙式されるカップルが年々増加しているのです。
(ホテルや結婚式場も7月8月にキャンペーンを仕掛け、6月に偏らないように工夫されてますよね~)

今回から3回に渡り、そんなブライダルシーズンに合わせて
「結婚式に呼ばれたら何を着たらいいのか」を、結婚式、披露宴、二次会等、各シーン毎に分かり易くご提案して参ります。

保存版ですので、お見逃しなくです!

第1回「基本、マナー編」

「えっ?結婚式と披露宴は違うの?」
「結婚式と披露宴は着る服が違うの?」という方もおられると思います。

結婚式は披露宴よりも参加人数が少なく、より家族に近い方のみ出席する厳粛な場です。
披露宴は新しく夫婦となった二人を出来るだけ多くの方にお披露目する場ですので、結婚式よりはカジュアルになるということです。
披露宴の次が二次会、三次会、四次会、飲み会と続くわけです。

では本題に入りますが、結婚式に出席するにあたり、気を付けなければいけないポイントは、「間柄」です。

自分と新郎新婦との間柄によって着る服が違ってくるということです。

意外とご存知ない方が多いので、以下に結婚式、披露宴の基本を記載させていただきます。(二次会用はまた後ほど)

①新郎(新婦)の親、兄弟・・・略礼服(ブラックスーツ)
②新郎(新婦)の親戚・・・ダークスーツ(ブラック、ネイビー、Cグレー)
③新郎(新婦)の会社の上司、部下・・・略礼服(ブラックスーツ)
④新郎(新婦)の同僚、友人・・・ダークスーツ(ブラック、ネイビー、Cグレー)

大きく分けると、こんな感じですよね!

*もちろん親戚や友人の場合も略礼服で問題ありませんが、ほとんどの方はダークスーツを着用されておられるという意味です。
また、主賓の方はディレクターズスーツ(準礼装)という上着が略礼服でパンツを柄物に変更したものを着用したり、父親の方はモーニングスーツ(昼間の正礼装)やタキシード(夜の正礼装)を着用される場合もあります。

最近は結婚式の着こなしも多彩になって参りましたが、NGな着こなしもモチロンあります。

これだけは避けた方がいい!結婚式の服装NGマナー
~1分で分かる直前チェックポイント~

チェック①白、ピンク、ライトグレー等、新郎のスーツと被りそうな色のスーツではないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式の主役は新郎新婦です。新郎より目立つ色のスーツは避け、自分は引き立て役に徹しましょう。
また、結婚式は友達同士だけでなく、新郎新婦の親族まで出席されていますので、失礼のない服装を心がけましょう。

チェック②黒いシャツを着用していませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒いシャツは暗いイメージになりますので、お祝いの席では控えた方が良いですね!(二次会から参加の方は良いかもです)

チェック③シューズは適切なデザインですか?

結婚式におけるシューズのデザインはストレートチップが基本で、内羽根式のものが好ましいです。

また、昨今は昔に比べて自由がきくようになっておりますので、シンプルなデザインでしたら問題ありません。
ただし、スーツ用であってもブーツはカジュアル扱いとなりますので、結婚式では履かない方が無難ですね!

チェック④ソックスのデザインは適切ですか?

「結婚式は、めでたい席だからネクタイに合わせてソックスも白で決めるか!」→間違いです。

ダークスーツには黒のソックス、できれば膝まであるロングソックスがオススメです。座った時にスネが見えると失礼にあたります。

これは二次会であっても同様で、パンツがチノやデニムであってもソックスは長いものを着用して下さいね!
フットカバーやスニーカーソックスはNGですよ~。

チェック⑤カバンの種類は適切ですか?

できれば何も持たずに出席するのが一番です。(ご祝儀やハンカチは上着の内ポケットやパンツのポケットに入れます)
デジタルカメラ等、どうしても荷物がある場合はクラッチバッグがフォーマルです。ビジネスバッグやトートバッグは勿論、リュックは完全にNGですので、気を付けて下さいね!

以上、ブライダルの基本、マナー編でした!
次回は「結婚式、披露宴の着こなし編」をお届けしますので、お楽しみに。

 

続きまして、7月1日から、ONLYなんばCITY店に新しい仲間が加わりましたので、ご紹介させていただきます。

「初めまして、和田涼と申します。僕は小柄なので今まで自分に合ったスーツがなく妥協していましたが、
ONLYではオーダーメイドで自分に合ったスーツが作れるので感激しています。スーツの知識はまだまだなく、
日々先輩方に教わり勉強中ですが、少しでも早くプロのスーツコーディネーターになれるよう頑張ります!!

最近は本当に暑い日々が続いてて、ビールが最高においしい季節ですね!
ビール党の僕は風呂上がりのビールが至福のひと時です。(笑)
こんなおっさんみたいな僕ですがこれからよろしくお願いします!!」

和田君は今年29歳(見えないでしょっ!)ですが、非常に若々しく、意欲に溢れた好青年です!
ご来店されて和田君を見かけたら是非、声をかけてあげて下さいね!

以上、皆様のご来店をスタッフ一同、心からお待ちしております。
この後はガンダムブログが始まりますので、ご興味のある方は是非ご覧くださいね!!

ガンダムブログ「趣味ガンダム」第9回

今回からいよいよ本題に入ります!(入ってなかったんかい!)

これまで私がガンダムを好きな理由を色々な角度でお話してきましたが、皆様はどう思われましたか?「ガンダムってこんなに奥が深いんだ~」とか、「おもしろそう!観てみたい!」とか思っていただけた方が一人でもおられましたら幸いです。
また、特にガンダムに興味は無いが、上司や友達がガンダム好きで、「コミュニケーションツール」としてガンダムを使いたいと思っている方って、けっこう多いと思います。
でも、ガンダムって様々なシリーズが鬼のようにあって、どれから観たらいいか見当もつかないことでしょう。
なんせ現在までに発表されたシリーズが、ちょうど50作品、次の「サンダーボルト・第2シーズン」で51作品目になりますから!

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで!「ガンダムって、どの順番で観たらいいの?」をテーマにお送り致します。
できる限り様々なニーズに対応した内容にして参りますが、私の好みも多大に含まれますので、悪しからずご了承下さいませ。

まず、理解しておいていただきたいことは、
「”ガンダム’’と名の付く作品が、全て同じ世界観では無い」
ということです。(これ重要です)
ですので、よく話題に出てくるガンダムとは「宇宙世紀シリーズ」のことと理解いただいて問題無いと思います。(話されている方の年代によりますが・・・)
「宇宙世紀シリーズ」は俗に言う「ファーストガンダム」から始まるアムロとシャアの歴史です。よって、「宇宙世紀シリーズ」を全て観れば、大抵のガンダムに関する話題についていけると言えます。
ただ、「宇宙世紀シリーズ」だけでも49作品のうち22作品もあります。(ターンA含まず)
半分以下にはなりましたが、忙しい皆様が全部観るのは至難の業。
そこで、このブログでは「ミニマルオーダー2,000着限定18,000円」的に最小限の時間で最大限にガンダムを語っていただけるプログラムをご提案させていただきます!

詳細は次回にさせていただきますが、とりあえず次回のブログまでに劇場版 機動戦士ガンダムⅠ」「劇場版 機動戦士ガンダムⅡ~哀・戦士~」、「劇場版 機動戦士ガンダムⅢ~めぐりあい宇宙~」の3本をご覧下さい。
映画ですので、1日あれば観れますよ~。
これまで私が書いてきたことを念頭に浮かべていただきながらご覧になられると、「3倍」おもしろくなると思います!

第10回に続く