【あの「DRAGO」のスリーピーススーツが38,000円?!】2018.8.16ONLYなんばCITY店

ONLY SHOP BLOGをご覧の皆様こんにちは!

ONLYなんばCITY店の山本です。

さて、まだまだ暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
実は8月にめでたいことがありましたので、ご報告させていただきます。

自店の看板娘(?)田中が結婚したのです!!

相手のお名前はなんと、鈴木さん。
田中から鈴木へ、ある意味「運命」的な出会いだと思ってしまうのは私だけではないはずです。

↑結婚祝いに似顔絵をプレゼントさせていただきました♪

なお、今後もONLYで元気に働きますので、よろしくお願い致します♪

では本題に入りたいと思います。

あの「DRAGO」のスリーピーススーツが38,000円?!

以前から何度か当ブログでもご紹介しております、あの「DRAGO」です。

今年2018年A/W新作は、あのメチャメチャ良い生地でおなじみの「DRAGO」社のスーツ、しかもスリーピース(スーツ上下+ベストの3つ揃い)が誕生!!

しかもお値段は・・・

38,000円(税抜き)!!!!!!!!!!!

驚愕・・・

もう一度ブランドの説明を致しますと、

イタリア最大の毛織物産地ビエラを代表する服地メーカーで、
糸の紡績から生地までを一貫して作る、同地区でも唯一、また世界的にも稀なファブリック・メーカーです。

その最大の特色は、スーパー130以上の細番手の糸の生産であり、技術的に困難とされていた、スーツ用生地としては世界で最も細番手となるスーパー210の生地を開発・生産していることで大きな注目を浴びています。

また、最新のナノテクノロジーを駆使してウールの質感を変えずに防湿、防シワ、撥水効果をこれらの高級生地に与え、従来の高級ウール素材にありがちなデリケートな印象を刷新し、雨が多く多湿な気候を有する市場においても絶大な評価を獲得しています。

ドラゴ社は現在、世界におけるスーパー130以上の高級細番手糸の約7割を生産しており、イタリア、英国等の多くの著名なファブリック・メーカーへ供給しています。

一方、FINTES (フィンテス) のブランドで知られるウール生地は、年間130万メートル、スーツの着分にして約37万着分を生産し、日本、米国、英国を中心に世界60カ国に輸出されています

スーパー130以上はDRAGO、スーパー120以下はFINTESのブランドとなり、DRAGOもFINTESも同じ会社ということです。

以上のように大変信頼度も高いブランドですので、品質の高さは折り紙付き、

安心してご着用いただけます。

①4-0344-41-304

BLU/柄無地 38,000円(税抜き)

②4-0344-41-304

CGR/柄無地 38,000円(税抜き)

なんと言っても使いやすい柄無地、若々しいブルーと渋いグレーの2色展開です。
ストライプやチェックの柄シャツを合せても全然大丈夫です♪

③4-0344-41-306

NY/ストライプ 38,000円(税抜き)

④4-0344-41-306

GR/ストライプ 38,000円(税抜き)

ネイビーとグレーの2色展開、王道のストライプ柄、130㎜ピッチで高級感もあり、金融関係のお仕事や、ここぞという時にもバッシバシ決まります。カッコ良過ぎ♪

⑤4-0344-41-308

BLU/チェック 38,000円(税抜き)

⑥4-0344-41-308

BRN/チェック 38,000円(税抜き)

ブルーと茶色の2色展開。画像では通常のウインドウ・ペーンに見えますが、よく見るとグレンチェックも重ねて入っており、重厚感半端無しであります。
*特に茶色は非常に売れており、在庫不足が予想されますので、お早目に(汗)

いかがでしたでしょうか?
これだけの素材、仕立てのスリーピーススーツが38,000円(税抜き)、絶対の自信を持ってお勧め出来るスーツです。

ちなみにシャツの襟はワイドカラーのものをご着用下さい。レギュラーからーはベストから襟がはみ出してしまいます。

では、最後にONLYのスリーピーススーツの利点をご紹介させていただきます。

①温度調整が可能
中にベストを着用することで、保温性が格段に上がります。また、室内で暑く感じて上着を脱いでもベストスタイルになりますので、だらしなく見えない。

②品格が上がる
ベストを着用しているとキッチリした見た目のイメージになる為、品位が上がります。特に友人の結婚式や大事な会議等、着用を心がけると思った以上に効果を発揮出来ます。

③長いシーズンの着用が可能
ONLYのスリーピーススーツは上着が背抜き(今回のDRAGOは大見返し仕様)となっておりますので、冬だけでなく、秋から春まで充分ご着用が可能です。

いかがでしたでしょうか?昔はオジさんの貫録スーツといった印象のスリーピーススーツでしたが、今では若者のトレンドスーツとなっております。

是非皆さんも試してみて下さいね!

以上、DRAGOのスリーピーススーツのご紹介でした!
皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。
この後は「ガンダムブログ」が始まりますので、ご興味のある方は是非ご覧下さい。

ガンダムブログ 「趣味ガンダム」 第18回

では今回もNHK「全ガンダム大投票」と、私の独断と偏見による「全ガンダム投票」ベスト10を発表、本選の結果と比較してみたいと思います。
と、いうことで、第2弾は、

モビルスーツベスト10です!(上が本選結果、下が私の投票です)


1位 ドム(機動戦士ガンダム)

2位 量産型ザク(機動戦士ガンダム)

3位 ガンダム試作2号機サイサリス(機動戦士ガンダム 0083)

4位 フルアーマーダブルゼータガンダム(機動戦士ガンダム ZZ)
5位 ストライクフリーダムガンダム(機動戦士ガンダム SEED DESTINY)
6位 ウイングガンダムゼロカスタム(機動戦記ガンダム W ENDLESS WALTZ)
7位 フルアーマーガンダム(機動戦士ガンダム サンダーボルト)
8位 サザビー(機動戦士ガンダム逆襲のシャア)
9位 νガンダム(機動戦士ガンダム逆襲のシャア)
10位 ガンダムMk-Ⅱティターンズカラー(機動戦士Zガンダム)

本選はファーストガンダムが1位かと思いきやギリギリのランクインでしたね。
7位の「キュベレイ」には驚きました。(「ハマーン様」信者多いんですね~)
私の投票では、今回も相当迷いましたが、やっぱり「ドム」です。黒い三連星のジェットストリームアタック、1位です。2位と3位の順番も悩みましたが、「ザク」に軍配です。(シャア専用の赤ではなく緑の量産型の方です)総体的に無骨な禍々しいデザインのものが好きなので、本選とはかなり食い違っておる次第でございます。あと、10位のガンダムMk-ⅡはZガンダム第1話の題名にもなった「黒いガンダム」の衝撃でのランクインですね~。本当はEx-Sとかヘイズル・ラー、デンドロも大好きなんですが、映像作品のモビルスーツ限定とさせていただきました。(デンドロは最早モビルアーマーですもんね)次回はキャラクター篇をお送りさせていただきます。

第18回に続く