ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

カフスボタンでレベルアップしよう!デイリーからフォーマルまで

2018/06/07

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

ビジネスマンのスーツスタイルは、個性のない印象になってしまうことがよくあります。ですが、個性的すぎるネクタイやシャツはビジネスの場でマイナスイメージになるのが心配ですよね。そんなときにおすすめしたいのが、カフスボタンです。カフスボタンは結婚式などのフォーマルな場で使う印象をお持ちかもしれません。ですが、上手く使えばいつものスーツをエレガントに格上げし、一味違う個性を持たせるアイテムになってくれます。ここでは、カフスボタンの基本的な知識や正しい付け方、日常使いのおしゃれなカフスボタンについて紹介します。

 

カフスボタンの基本を押さえよう!

ワイシャツやブラウスの袖口を留めるカフスボタンは、ビジネススーツに個性を加えたい人にぜひおすすめしたいアクセサリーです。日本では「カフスボタン」や「カフス」などと呼ばれていますが、海外ではほとんどの場合「カフリンクス」と呼びます。袖を留める、つまりカフとカフをリンクさせるという役割が名前の語源です。 一説には、カフスボタンの原型が生まれたのは17世紀のフランスといわれています。当時はリボンやレースを使って袖を留めていましたが、しだいに金や銀のボタンを短い鎖でつなぎ、それで袖口を留めるスタイルに変わっていきました。カフスは上流階級のおしゃれなアクセサリーとされていましたが、19世紀に入ると一般にも広く使われるようになり、今の私たちが知るような形になったのもそのころといわれています。 カフスボタンには様々な形がありますが、もっともポピュラーなのは「スウィヴル式」と呼ばれるT字型の金具がついたタイプのものです。その他にはモチーフと留め具がチェーンで繋がった「チェーン式」と呼ばれるものや、モチーフと留め具が短い棒状の部品で固定されている「固定式」と呼ばれるものが代表的なカフスボタンです。

 

カフスボタンの正しい付け方をマスター!

日ごろボタン留めのシャツを着慣れている人は、初めてカフスボタンを付けるときに少し戸惑うかもしれません。カフスボタンの正しい付け方は、まず袖口のボタンホールの裏と裏を合わせます。つぎに、外側になる方のボタンホールから内側へカフスボタンの留め具を差し込み、留めてください。ここで注意するポイントは「外側から内側へ」ということです。ボタンを留める動作に慣れているとつい内側から外側に向けて留めそうになってしまいますが、これではカフスボタンのモチーフと留め具が逆になってしまうので注意してください。 チェーン式のカフスボタンの場合、モチーフと留め具の間の固定性が低いため、慣れないうちは付けにくく感じることがあります。うまく付けるコツとして、外側のボタンホールにカフスボタンを付けてから袖に腕を通し、その後内側のボタンホールへ留め具を通すという方法がおすすめです。片手でおこなう作業が少なくてすむので、比較的スムーズに装着できます。

 

カフスボタンが留められるシャツの種類は?

カフスボタンをアクセサリーとして使うなら、シャツの種類にもこだわるとより洗練された印象になります。ここで注意が必要なのは、カフスボタンを留めることができないシャツもあるということです。たとえば、シングルカフスと呼ばれる片方にボタン、もう片方にボタンホールのついているタイプはボタン留め専用で、カフスボタンを通すことができません。 カフスボタンを留めることができるシャツとして代表的なのが、テニスカフスのシャツです。片方がボタン、片方がボタンホールのシングルカフスに対し、テニスカフスは両方がボタンホールになっており、まさにカフスボタンを留めるためのシャツといえるでしょう。
もうひとつ、カフスボタン専用といえるのがダブルカフスのシャツです。袖口を二重に折り返したデザインで、両方がボタンホールになっています。ドレッシーで重厚感のある印象なので、フォーマルな場でお召しになると素敵です。 また、袖をボタンで留めるスタイルとカフスボタンで留めるスタイルを使い分けるなら、コンバーティブルカフスのシャツをおすすめします。袖口の片方にはボタンとボタンホール、もう片方にはボタンホールのみがついており、ボタン留めとカフスボタン留めを使い分けることができて便利です。一般的にも多く流通しているので手に入れやすく、カフスボタンに挑戦するなら一枚は持っておきたいシャツといえます。

 

フォーマルだけではもったいない!人気が高まるカフスボタン

カフスボタンには、結婚式などのフォーマルな場で使うものというイメージがあるかもしれません。しかし、画一的になりがちな日常のスーツスタイルでこそ、カフスボタンを上手に使っておしゃれを楽しんでほしいです。特に男性は、スーツ姿でおしゃれのできる方法が少ないものですよね。そんなときこそカフスボタンを使い、シャツの色とのコントラストで遊んでみたり、ストライプの色と合わせたりしてみるのはいかがでしょうか。ユニークなカフスボタンならビジネスシーンでの話題作りにもなり、ご自分の存在を印象づけることにもつながります。 女性のスーツスタイルにも、ぜひさりげないおしゃれとしてカフスボタンを活用してください。スワロフスキーを使ったデザインなどは女性らしく上品で、スーツがエレガントな印象になります。また、カフスボタンはプレゼントとしても人気が高まっています。リーズナブルなものが多いので気軽に贈れますし、いくつ持っていてもよいので相手の人にも喜ばれやすいのです。スーツの印象を変えてくれるアクセサリーとして、気軽なプレゼントとして、日常の中でもカフスボタンを身近に感じてほしいです。

 

スーツのおしゃれを楽しむアイテム!カフスボタンを活かそう

 

 

フォーマルなイメージがあるためか、日常のスーツには使われにくいカフスボタンですが、決して難しいおしゃれではありません。オンリーには、エレガントなものからユニークなものまでいろいろなデザインがあり、価格も手ごろなものから揃っています。その日の気分に合わせて気軽に選べ、いつものスーツに遊び心を加えることも洗練させることも自由自在です。どれにしようか迷ったときは、まずはシンプルなデザインから挑戦してみるのはいかがでしょうか。私たちスタッフもお客様の希望にそったカフスボタンが見つかるようにお手伝いします。ワンポイントで個性を添えるカフスボタンを、ぜひ日常のおしゃれの格上げアイテムとして活躍させてみてください。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH