ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

定番のジャケパンスタイル!シンプルにかっこよく着こなすには?

2018/04/05

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

ジャケパンスタイルはコーディネートの幅が広く、おしゃれな着こなしをしたいときの定番といわれています。ビジネスからプライベートまで、さまざまなシーンで活躍するのが魅力です。ジャケパンスタイルはアイテムの組み合わせ次第で雰囲気が変わるので、コーディネートに慣れていない場合は悩んでしまう可能性があります。しかし、いくつかのポイントをおさえれば、おしゃれなコーディネートに仕上げることが可能です。基本的なスタイルに慣れたら、個性的なカラーやデザインのアイテムを取り入れるなど、遊び心を加えたアレンジもできます。ここでは、ジャケパンスタイルの特徴と着こなし方について紹介します。

 

ジャケパンスタイルってどんなスタイル?

 

ジャケパンスタイルは、ジャケットとパンツを着用したスタイルの総称です。単体で販売されているジャケットやパンツを、自分好みに組み合わせてコーディネートします。フォーマルな印象のジャケットを身につけるので、カジュアルと上品な雰囲気の両方の演出が可能です。かっちりしたイメージが強いコーディネートであれば、ビジネスシーンでも活用できます。
コーディネートの幅が非常に広いのが、ジャケパンスタイルの特徴です。アイテムの素材や色の組み合わせによって、それぞれ印象が異なります。例えば、コットンやリネンは軽やかで肌触りがよいので、明るい雰囲気を演出したいときに着用しましょう。また、グレーやブラウン系のカラーを使用したコーディネートは落ち着いた印象です。さらに、生地にデザインされている柄の違いでも異なる雰囲気に仕上げられます。
ジャケパンスタイルの大きな魅力は、どんなアイテムでも合わせやすい点です。ジャケットとパンツがイメージのベースとなるため、アイテムの個性次第でさまざまな雰囲気にコーディネートできます。イメージに合わせてストールやハット、アクセサリーなどを着用すれば、ワンランク上のおしゃれが可能です。ジャケパンスタイルに慣れてきたら、積極的に取り入れてみましょう。

 

 

ジャケパンがぱっとしない原因は?

せっかくジャケパンスタイルのコーディネートを完成させても、無難な印象に見えてしまう場合があります。季節感にズレがあったり、サイズが合っていなかったりして適切に着こなせていないのが原因です。コーディネートに違和感を覚えたときは、どのアイテムがコーディネートに馴染んでいないのかを考えながらチェックするとよいでしょう。
コーディネートで重要なのが季節感です。例えば、気温が高い春や夏の季節に分厚い生地のジャケットを着用すると暑苦しさを感じさせてしまいます。身に付けているアイテムから感じられる季節感と実際の季節にズレがあると、違和感が出やすいです。
また、ジャケットやパンツはスタイリッシュなシルエットのアイテムです。自分の身体よりも大きなサイズを選んでしまうとルーズな印象になって、ぼやけたイメージのコーディネートになってしまいます。小さすぎるサイズのアイテムも窮屈さを感じさせるので、ジャケパンスタイルには適していません。サイズが合っていないアイテムは身体のラインに沿っていないため浮きやすく、悪目立ちしてしまいます。
さらに、スラックスの合わせ方が悪いとぱっとしない印象になってしまう可能性が高いです。余裕のあるものを選ぶと堅苦しく見え、ジャケットのすっきりとしたイメージが損なわれてしまいます。また、鮮やかなカラーや派手な柄がデザインされたスラックスは個性が強く合わせにくいので、ジャケパンスタイルのときは避けましょう。

 

ジャケパンスタイルをかっこよく見せるポイント

かっこいいジャケパンスタイルに見せるには、適切なサイズ・色・素材を選ぶのが大切です。それぞれチェックすべきポイントがあるので、慣れていない場合は確認しながらコーディネートを完成させましょう。
まず、着用するジャケットやスラックスは自分の身体に合ったジャストサイズのものを選びます。身体のラインにぴったりと合ったアイテムを着用すれば、こなれ感を出すことが可能です。無駄のないシルエットに仕上げることによって、洗練された雰囲気を演出できます。
次に、上下の色ははっきりと変えてメリハリをつけるようにします。例えば、ベージュのジャケットにネイビーのスラックスなど一目で色の差がわかるコーディネートがおすすめです。淡いブルーとネイビーの組み合わせなど色の系統が近い場合は、遠目に見ると色が合っていないスーツを着ているように見えます。同じ系統の色でアイテムをまとめるのは避けましょう。
また、柄と柄を組み合わせたコーディネートは初心者には難しいので、避けるのが無難です。コーディネートにまとまりを持たせられないと、派手過ぎて目立ってしまうためです。柄の入ったアイテムを取り入れたい場合は、ほかのアイテムをシンプルなデザインと色にすると統一感が出ます。
さらにおしゃれな雰囲気に仕上げるには、季節感が出るような素材を使ったコーディネートが適しています。着用する季節が限られているアイテムを上手に取り入れていると、身だしなみに気を使えて粋な印象です。例えば、夏にはさらっとしたコットンやリネン素材、冬は暖かいツイード素材が合っています。季節に適した素材は着心地がよく快適なので、コーディネートの雰囲気に応じて取り入れましょう。
最後に目立つポイントとなるのが、靴とベルトの色です。靴とベルトの色を合わせると、コーディネートにまとまりが出やすくなります。ジャケットとスラックスが淡い色であれば茶色、ジャケットとスラックスが濃い色の場合は黒色の靴とベルトにすると、アクセントカラーになってとてもおしゃれです。

 

おしゃれなジャケパンスタイルを楽しもう

ジャケパンスタイルは、どんなアイテムでも合わせやすくおしゃれにコーディネートできるのが魅力です。ジャケットやスラックスなどの色と素材を工夫すれば、さまざまな雰囲気を演出できます。季節感を意識したコーディネートは、手軽にこなれ感を出せるのでおすすめです。また、ジャストサイズのアイテムを選ぶのも、おしゃれなコーディネートにするための大切な要素となります。ジャケットとスラックスはジャケパンスタイルの基本となるアイテムなので、シルエットで印象が決まってしまう可能性が高いためです。しかし、紹介したポイントをおさえれば、手軽におしゃれなコーディネートに仕上げられます。実際にアイテムを選ぶ前に特徴とポイントを把握してから、ジャケパンスタイルに挑戦してみましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH