ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

ジャケパンにぴったり!おしゃれ男子必見のおすすめの靴とは?

2018/08/29

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

ビジネスシーンで着用するスーツをアレンジしたい人や、プライベートでワンランク上のファッションを楽しみたい人には、ジャケパンが最適です。ジャケパンをおしゃれに着こなすのであれば、靴にもこだわらなければなりません。靴は、ジャケパンスタイルをすっきりとまとめるアイテムであり、また全身のバランスをとる非常に重要な役割を果たします。靴には、さまざまなデザインや色があり、ジャケパンに合う靴を選ぶことが難しいと考える人も少なからずいらっしゃいます。そこで、ジャケパンに合う靴の特徴や、合わせる際の注意点などを紹介します。

 

そもそもジャケパンって一体?

ジャケパンとは、テーラードジャケットとパンツの略称です。上下セットとなっているビジネススーツではなく、素材も色も異なるジャケットとパンツを組み合わせるスタイルを指します。一般的なスーツスタイルとは異なり、アレンジの幅が広いことが魅力です。テーラードジャケットは、スーツに似た襟があるデザインが特徴のひとつですが、あくまでもジャケットであるため、カジュアルに着こなすことが重要になります。また、テーラードジャケットは、スーツ用のジャケットとは異なることを忘れてはなりません。スーツ用のジャケットは、スラックス・パンツとの組み合わせを考えて作られています。そのため、一般的なビジネススーツのジャケットをジャケパンに応用しないようにしましょう。スーツ用のジャケットは、シルエットの丈が長いため、ジャケパンに取り入れると非常にバランスが悪くなります。さらに、ジャケパンの魅力のひとつであるカジュアルさを演出することも難しくなります。さらに、マナーという面からも、ビジネスシーンで着用する際には注意が必要です。ジャケパンはビジネスシーンで着用することも可能ですが、アレンジを間違えてしまうとマナー違反となる場合があります。ビジネスシーンでは、丸首やVネックのシャツとの組み合わせは避けるのが一般的です。
落ち着きのある色のシャツにジャケパンを合わせ、カジュアル過ぎない印象のコーディネートに仕上げることがマナーです。注意点もあるジャケパンですが、ジャケットとパンツの色、デザイン、素材などを考えてコーディネートをするスタイルであるため、基本的に組み合わせのルールはないのが特徴です。組み合わせ次第でおしゃれなカジュアルスタイルを演出できるジャケパンは、ビジネススーツスタイルやラフな私服から卒業できるスタイルとなります。ビジネスシーンに遊び心を取り入れたい、プライベートなカジュアルシーンで格好よく決めたいといった、大人の男性に最適なスタイルです。

 

ジャケパンに合う靴のデザイン

ジャケパンに合う靴のデザインには、ウィングチップ・Uチップ・ローファーという3種類があります。それぞれ、デザインの特徴について紹介します。ウィングチップは、つま先の切り返しである革片(チップ)が翼に似たデザインとなっていることが特徴です。つま先にはW字型の穴模様があり、ジャケパンをシンプルな色やデザインでコーディネートする際にはアクセントとなります。Uチップは、U字型の革片を取り入れたデザインが特徴です。どのようなコーディネートにも合わせやすいデザインであり、カジュアルな印象を与えるジャケパンには最適な組み合わせです。ジャケットやパンツの色を選ばず、オールマイティに活躍してくれます。ローファーは、靴紐がない・履き口が広い・かかとが浅いデザインが特徴です。存在感がおとなしく際立たないため、カジュアルスタイルのジャケパン全般に合います。ジャケパンのコーディネートを邪魔せず、バランスよくまとめる際には重宝するスタイルです。

 

靴の色はどうするべき?

カジュアルスタイルには、茶色の靴を合わせることで全体のバランスを取ることができます。明るい茶色よりも、こげ茶の靴を合わせると、カジュアル過ぎず足元が引き締まります。靴とジャケパンの組み合わせに自信がない場合には、黒の靴を選びましょう。黒のローファーとジャケパンは、靴だけが浮かずシンプルにまとまる組み合わせです。また、靴とベルトの色を合わせることを意識することも大切です。靴の色選びに迷った際には、手持ちのベルトに合わせるだけでもバランスがよくなります。

 

ジャケパンに合う靴を選ぶときの注意点

 

ビジネススーツに合う靴を選んでしまうと、カジュアルさがなくなり不自然なコーディネートになります。ジャケパンの特徴と魅力でもある、カジュアルさをとのバランスが悪くなり、違和感が出てしまうのです。ジャケットスタイルとはいえ、スーツを着用するときと同じ靴を選ぶことは避けましょう。あくまでもジャケパンが主役になるよう、シンプルなデザインと色の靴を選ぶことが最適です。ジャケパンスタイルをシンプルなデザインと色で仕上げた場合には、靴の色ではなくデザインでアクセントを加えることを意識します。色でアクセントを加えると、組み合わせによっては、シンプルなジャケパンスタイルから浮いてしまう可能性もあるためです。また、カジュアルさを意識するあまり、スニーカーなどラフな靴を選ばないように注意しましょう。スニーカーはデザインや色のバリエーションも多く、ジャケパンスタイルを楽しめる一面もあります。
しかし、ジャケパンスタイルそのものが「カジュアル」ではなく、「ラフ」になってしまい、着用するシーンによってはマナー違反になる可能性もあるのです。スニーカーなどラフな靴を合わせる場合には、ジャケットやパンツの裾を折るなどアレンジを加える必要があります。ジャケパンスタイルの上級者向けテクニックを身に付けると、靴のアレンジも楽しめるのではないでしょうか。

 

ジャケパンとの相性を考えながら選ぼう!

ジャケパンは、ビジネスシーンでもプライベートでも着回しの利く万能スタイルのひとつです。コーディネートの際には、ジャケットとパンツに意識が集中してしまいがちですが、靴選びも重要なポイントとなります。靴の色やデザインによって、ジャケパンスタイルのまとまりや全体のバランスが決まるのです。靴選びをするときは、ジャケパンのデザインに合っているかを確認しましょう。広くジャケパンを楽しむのであれば、ビジネスシーン・プライベートの両方で活用できる靴を選ぶことがポイントです。全体のバランスが取れているかを考えつつ、最適な色とデザインの靴を選びましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH