ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

ビジネスカジュアルの定義とおすすめのメンズファッションアイテム

2018/05/22

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

ビジネスカジュアルを導入する職場が増えつつありますが、カジュアルすぎる服装はNGといわれています。男性のビジネスカジュアルに関しては、「どの程度までカジュアルにして良いのか」という点は悩みどころといえるでしょう。ビジネスカジュアルの定義を心得ておくと、メンズファッションアイテムを購入するときに役立ちます。また、周囲の人に対して好印象を与えるファッションを実現できるでしょう。この記事では、ビジネスカジュアルとは「どの程度のカジュアルならOKなのか」を説明いたします。また、誰でも気軽に取り入れることができるおすすめのメンズファッションアイテムについても紹介します。

 

男性のビジネスカジュアルはどこまでOK?

男性のビジネスカジュアルというと、単なるラフな服装と思われがちですが、マナーをしっかりと押さえておくことが大切です。まず、ビジネスカジュアルの定義としては、スーツよりも多少カジュアルダウンした服装ということが挙げられます。ただし、ビジネスカジュアルの定義に関しては、厳密にいうと会社によって異なります。一般的には、スーツやセットアップではないコーデのことを指しているケースが多いといえるでしょう。
ビジネスカジュアルとはいっても、あくまでもビジネスシーンで着用する服装であることに変わりはありません。そのため、くだけ過ぎたファッションは基本的にはNGと心得ておきましょう。たとえば、サンダルはビジネスシーンではNGとされているファッションアイテムです。加えて、タンクトップや短パンなどは肌の露出が多く、部屋着のような印象を与える可能性があります。そのため、これらのファッションアイテムについては、ビジネスカジュアルでも避けるべきといえます。クールビズを推奨している会社の場合であっても、サンダルと短パンなどの組み合わせで出勤することのないように気をつけましょう。

 

テーラードジャケットとチノパンを数着買っておこう

ビジネスカジュアルにおすすめのメンズファッションアイテムとしては、テーラードジャケットとチノパンが挙げられます。ビジネスカジュアルといっても、ビジネスシーンでのコーデであるため、カジュアルでありながらきちんと感はしっかりと演出することが大切です。テーラードジャケットは、男性が清潔感やきちんと感を出すためには欠かせないアイテムのひとつといえます。加えて、テーラードジャケットを数着そろえておくと、パンツとの組み合わせによって、さまざまなコーデを楽しむことができるというメリットがあります。メンズカジュアル・コーデの選択肢を広げたいのであれば、お気に入りのテーラードジャケットを数着購入しておきましょう。また、テーラードジャケットに合わせるチノパンも、いくつかそろえておくことがおすすめです。男性のなかには、ゆったりとしたサイズのパンツを好む人もいるでしょう。ただし、ビジネスシーンで着用するのであれば、自分の体格にしっかりとフィットするサイズのものを購入することが欠かせません。テーラードジャケットとチノパンを購入するときには、上下ともに紺・黒・グレーなどの色のものをそろえておくと、コーディネートしやすいといえます。派手過ぎる色味のファッションアイテムはビジネスシーンでは受け入れられない可能性が高いため、購入時には色にも十分に配慮しましょう。

 

シャツもバリエーション豊富にそろえて

ビジネスカジュアルでの着こなし方について考えるとき、「インナーは何を着たら良いのか悩む」という男性は多いでしょう。一般的にスーツならワイシャツにネクタイという組み合わせであるため、特に悩む必要もありません。ただし、男性のビジネスカジュアルの場合は、ノーネクタイであることが多い傾向にあります。ビジネスカジュアルでノーネクタイのコーデを取り入れるなら、シャツの選び方もポイントとなります。たとえば、ボタンダウンシャツであれば、ネクタイがなくても襟の形が崩れる心配はありません。また、シャツ1枚だけでも様になるストライプやチェック柄のクレリックシャツなども、ビジネスカジュアルではおすすめです。シャツを購入するときには、バリエーションを豊富に取りそろえるように意識すると良いでしょう。シャツの色や柄、デザインなどのバリエーションが増えると、それだけコーデの幅も広がります。加えて、ビジネスシーンでは特に清潔感が求められますから、汚れたりシワがついていたりするようなシャツを着続けることだけは避けるべきです。シャツは一度着たら洗濯をする必要があるため、清潔なシャツを複数そろえておくことが大切です。

 

夏はポロシャツもOK!ジャストフィットがおすすめ

官公庁や公共機関などで働いている男性の場合、暑さの厳しい夏はクールビズを実践しているという人も多いでしょう。夏のビジネスカジュアルカジュアルとして、ポロシャツの着用もOKとしている職場は増えつつあります。しかし、ポロシャツの着用については職場によって見解が異なる可能性があるため、事前に職場のルールを確認しておくことが大切です。 一般的に、ポロシャツは完全にカジュアルなアイテムとして認識されているためです。ビジネスカジュアルとして着用が認められている職場であれば、何着かそろえておくと良いでしょう。ポロシャツを選ぶときのポイントとしては、「身体のサイズに合ったものかどうか」という点をしっかりと見極めることが重要です。サイズが大き過ぎるポロシャツを着用している場合には、どうしてもだらしがない印象となってしまいます。また、体格に合ったポロシャツを着用しているときには、テーラードジャケットやチノパンとも組み合わせるコーデも可能です。

 

慣れればビジネスカジュアルは簡単かも!

 

ビジネスカジュアルの程度や定義は職場によっても異なるため、まずは職場に合った服装を心がけることが大切です。ビジネスカジュアル・コーデで悩んだときは、先輩社員のファッションを参考にしてみても良いでしょう。これまで職場でスーツのみで過ごしていた男性がビジネスカジュアルを取り入れようとした場合、最初のうちは「どのような着こなしをしたら良いのか」ということ自体に悩むものです。しかし、毎日ビジネスカジュアルで過ごしているうちに、少しずつ慣れてくるという人がほとんどです。ビジネスカジュアルを続けていけば、コーディネートの幅やそろえておきたいアイテムも充実してくるため、コーデそのものが楽しくなってくるでしょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH