ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

ビジネスカジュアルをかっこよくきめる!ジャケット選びのポイント

2019/07/26

  • スーツTips(豆知識)

 

ビジネスシーンで着用する服装のうちカジュアルなスタイルをビジネスカジュアルといいますが、具体的にどのような服装をしていいかわかりにくいものですよね。ビジネスカジュアルは、基本のルールさえきちんと守ってさえいれば、着用する人それぞれの個性を表現することが可能です。そこで、マナーを守りながら自分らしく着こなすために知っておきたい、ビジネスカジュアルにおけるスーツ選びのポイントを紹介します。

 

ビジネスカジュアルとはどんなスタイル?

そもそもビジネスカジュアルとは、カジュアルでありながら、ビジネスで着用するのにもふさわしいとされる服装をさします。スーツほどかしこまった服装ではないものの、プライベートで着るような普段着ほどはリラックスしていないスタイルです。ビジネスカジュアルについてこのようなスタイルでなければいけないという細かなルールは特にありません。
ただし、一般的には、企業へ訪問する場合でも相手に失礼がないようなレベルのカジュアルさを持ったスタイルをビジネスカジュアルと呼びます。対して、同じカジュアルな感じのビジネススタイルでも、社内で来客対応ができるようなレベルのスタイルはオフィスカジュアルと呼ばれることが通常です。

 

ジャケット選びのポイント1:素材

ビジネスカジュアルの基本の着こなしが、ジャケットとパンツの組み合わせです。特に、ジャケットは目に入りやすく、印象を左右します。ジャケット選びの際に押さえておきたいポイントの1つが素材です。どのような素材を選ぶかによって、コーディネート全体の印象が変わってしまうこともあるため注意が必要となります。ビジネスカジュアルにふさわしいジャケットの素材は、ウールや綿です。ウールはスーツの定番の素材で、保温性や吸湿性に優れているという特徴があります。きっちりとした印象を与え、高級感を覚えさせるため、カジュアルな服装に合わせてもきちんと感を出すことが可能です。
一方、綿は洋服などにも多く使用される素材で、熱に強く肌触りが良いという特徴があります。柔らかい印象があるため、かしこまったスタイルをカジュアルダウンしたいときなどにも適した素材です。また、ウールだと暑苦しく感じてしまうような春や秋にも重宝します。そのほかには、伸縮性に優れているストレッチも活躍できる素材です。着用していても動きやすいので、アクティブに動く予定がある日に便利に使えます。

 

ジャケット選びのポイント2:色

目にした瞬間に印象を与えやすい色選びも、ジャケット選びでは重要です。ジャケットの色の選択肢には複数ありますが、無難に着こなしたいのであれば、一般的に多く選ばれている濃い色が安心できます。濃い色は、どのようなコーディネートにも合わせやすいからです。なかでも、チャコールグレーやネイビーは定番のカラーとなっています。取り入れると着こなしが全体的にもまとまりやすい点が多くの人に選ばれやすい理由です。また、落ち着いた雰囲気を与えるため、誠実さや信頼感を持った雰囲気を演出することもできます。
一方、ライトグレーなどの明るい色でも、上手に取り入れれば、ビジネスシーンにも適応できるコーディネートが可能です。ビジネスシーンで着用するジャケットは硬い印象を与えやすいため、やわらかい印象に変えることができる明るい色のジャケットも人気となっています。

 

 

ジャケット選びのポイント3:柄

ビジネスカジュアルにふさわしい素材や色を選んでも、柄の選び方1つでカジュアルさが一気に増してしまうこともあるため気を付けなければいけません。派手な柄だとカジュアルすぎる印象を与えます。対して、シンプルな柄は落ち着いた雰囲気を持っているためビジネスシーンでも安心です。多種ある柄のなかでもスタンダードなスタイルは無地ですが、色使いやデザインにさえ気を付けておけば柄があっても問題はありません。柄があることで、こなれた印象を与えることもできます。
さまざまな柄のなかでも安定した人気を誇るのがチェックやストライプなどです。ただし、チェックは格子の大きさによって印象が変わるため注意が必要となります。格子が大きくなるほどカジュアルさが増し、小さくなるほどフォーマルな印象を与えることが通常です。また、ストライプも間隔の広さで印象が変化します。落ち着いた雰囲気を出したいならストライプの幅が広いものを選ぶことがポイントです。

 

ジャケットは自分に合ったサイズを選ぼう!

ジャケットのサイズを選ぶ際には、動きやすいようにと、ジャストサイズよりもやや大きめのものを着る人は少なくありません。しかし、ジャケットのサイズは、自分に合ったもののほうがよりおしゃれに見せることができます。本来のスタイルよりも大きなサイズを着ると、ダボっとした部分が出てしまって野暮ったい印象を与えることがあるからです。きちんとジャストサイズのジャケットを着ることにより、スマートで大人らしく、すっきりとした印象を与えることができます。
ただし、既製品だと自分に合ったサイズのジャケットを見つけることは難しいものですよね。そのような場合には、オーダーすると便利です。オーダーなら、自分にジャストフィットするサイズのジャケットを手に入れることができます。作っておけば、ビジネスカジュアルでも活躍可能です。ONLYならば、無駄を省いた合理的な生産・販売方式によって価格が抑えられていますので、リーズナブルかつシンプルな価格で、クオリティの高いジャストサイズのジャケットやスーツを作ることができます。

 

自分らしいジャケットでコーディネートしよう!

ビジネスカジュアルは、通常のビジネススタイルよりもカジュアルダウンすることにより、さらに、さまざまな着こなしをすることが可能となります。ビジネスシーンでもふさわしいジャケット選びのポイントをきちんと押さえながら、自分らしいジャケットでほかの人とは違う個性あるコーディネートを楽しみましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH