ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

スーツのパンツは家で洗濯できる?洗い方や注意点を解説

2019/06/12

  • スーツTips(豆知識)

 

スーツは仕事でもプライベートも特別なアイテムのひとつです。そのため、いつも清潔にしておきたいですよね。しかし、クリーニングはお金がかかることから、なかなか出せないという人も多くみられます。スーツのパンツの洗濯は家でもできるのでしょうか。スーツのパンツは、種類によっては家でも洗えます。しかし、注意点もありますので念頭に置いておくのがいいでしょう。今回は、スーツのパンツの洗濯法と注意点を解説します。

 

スーツのパンツは家で洗濯できる?

冒頭で紹介した通り、スーツのパンツは家でも洗濯できます。しかし、どのスーツでも洗えるというわけではありません。スーツには家で洗うことを前提に作られたウォッシャブルスーツというタイプがあります。この場合には、問題なく洗えるでしょう。それ以外のスーツの場合には、洗濯表示を確認すると洗えるかどうかがわかります。洗濯機で洗えるマークや手洗いができるマークがついている場合には、家での洗濯が可能です。
水洗い不可のマークがある場合には家での洗濯ができません。そのため、クリーニングに出しましょう。洗濯不可のマークがついているスーツの多くには、シルクやカシミヤといったデリケートな素材が使用されています。これらのデリケートな素材は自宅で洗うと傷んでしまうことがあるのです。ウールは家でも洗濯が可能ですが、縮みやすい素材のため注意しましょう。スーツは基本的に家で洗うことを前提として作られてはいません。洗濯機で洗うと見た目が悪くなることもありますので洗濯時には十分に気を付けてください。

 

パンツをきれいに洗濯する方法

パンツは、泥はねや食べこぼしなどで汚れやすいといえるでしょう。しかし、洗濯機に入れる前のひと手間できれいに洗濯ができます。まず、汚れがひどい部分には、洗剤の原液を直接つけておきましょう。その後、型崩れを防ぐために一度パンツをたたみ、洗濯ネットに入れることが大切です。洗濯ネットに入れたパンツを洗濯機に入れ、洗剤を入れると弱水流コースを選び、スタートを押します。弱水流コースは、メーカーによって呼び名が異なり、ドライコースやソフト洗いコース、手洗いコースなどと呼ばれることもあるでしょう。
洗濯が終了すると、パンツの折り線で折って干してください。きちんと折り線のついたスーツはスタイルよく決まります。また、乾燥時の型崩れも防ぎますので、しっかりとシワをのばし、形を整えて干しましょう。この時に便利なのが、クリップのついたパンツ用のハンガーです。パンツの重みでシワが伸びやすいため、おすすめのアイテムです。乾燥後にシワが残ってしまった場合には、アイロンの蒸気を軽く当てるとシワが伸びます。シワが気になるときは試してみましょう。

 

パンツを家で洗濯するときの注意点

スーツのパンツを家で洗濯する際には、いくつかの注意点があります。まず、洗濯することでシワがつくことや、型崩れしてしまう可能性があることです。干すときにはシワをしっかりと伸ばし、形を整えやすいしっかりしたハンガーを使う必要があります。また、洗濯時には水につけますので、色落ちや、風合いが損なわれてしまう恐れもあるでしょう。それでも家で洗濯したいというのであれば、洗濯前に目立たない部分に水や洗剤をつけ、試してみるのがいいでしょう。さらに、水洗いの場合には多少の色落ちがあることを知っておく必要があります。パンツだけを頻繁に洗濯していると、上着と色が違ってくることが珍しくありません。

 

パンツを自分で洗濯するのが難しいときは?

 

天気が悪い日が続き、なかなか洗濯ができない場合や、自宅でパンツの洗濯に自信がないという人は、市販のシワとりスプレーや消臭スプレーを使用してみましょう。これらのスプレーを使用すると、パンツについたシワやニオイが軽減できます。何日も洗濯できない日が続いても、シワがないパンツであればシャキッと見せることも可能です。また、ニオイがないことで、汚れも気にならなくなるでしょう。スプレーのほかには、アイロンのスチームの蒸気をあてる方法もおすすめです。ハンガーにかけたパンツにたっぷりと蒸気をあてるだけで、アイロンをかけたような仕上がりになります。蒸気には汗のニオイを取り除く効果も期待できるでしょう。
もし、自宅で洗濯できないパンツがある場合には、クリーニング店に依頼してきれいにしてもらうのがベストです。ただ、汚れがひどい場合には、洗濯をしても汚れが落ちないこともあるでしょう。そういった場合には、新しいパンツを購入するのもひとつの方法です。さらに、1日着たパンツを翌日も履くのではなく、1日以上つり干しにして休ませるのもいいでしょう。休ませることで汗などの湿気が取れ、ニオイも解消します。スーツのパンツなどは2枚以上を用意し、交換しながら着回すのがおすすめです。

 

パンツの洗濯は慎重におこなって!

スーツのパンツは素材によっては家での洗濯が可能です。しかし、色落ちや型崩れ、シワには十分注意することが必要です。また、洗濯しても汚れが落ちない場合には、買い替えを検討する方法もあります。私たちONLYでは良質なスーツをたくさん取り扱っていますので、新しいスーツに買い替えるのもおすすめです。大切なスーツのパンツを傷めてしまわないよう、洗濯は慎重に行いましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH