ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

コートは自宅でも洗濯できる?洗濯方法と種類別の注意点

2019/02/12

  • スーツTips(豆知識)

 

寒いシーズンに大活躍するコートは、外出時に冷たい空気や風から身体を守ってくれる、冬の必須アイテムです。寒い季節の数カ月間にわたって重宝するコートは大事に扱う必要があり、手入れもしっかりと行わなくてはいけません。コートをきれいにする場合、無難なのがクリーニングに出すことですが、実は自宅でもお手入れが可能なコートもあります。コートは大事にしたい、しかし、クリーニングに出さずにお金は節約したいという人にとって、自宅でのお手入れはおすすめの方法なのです。今回は、コートを自宅で洗濯する方法、その注意点などについて詳しく解説します。

 

まずはここをチェック!自宅で洗濯できる?

衣類はすべての種類が自分で洗濯できるわけではありません。それはコートでも同じことで、洗濯してはいけないコートを自宅やコインランドリーの洗濯機にかけてしまうと、コートの生地が色あせたり縮んだりします。そのため、自分で洗濯をしようと思ったら、所有しているコートの洗濯は可能かどうかを見極めなければいけません。洗濯ができるかどうかを確かめる方法は、コートの裏についている洗濯表示を確認することです。洗濯が可能なコートには、洗濯表示に洗濯機マーク、あるいは、手洗いマークがプリントされています。このマークがついていれば自宅での洗濯が可能です。洗濯表示に「洗面器の上にバツ印」がプリントされている場合は、自宅での洗濯をしてはいけません。
コートに限らず自分で洗濯をしてはいけない素材は、レーヨン、シルク、キュプラ、毛皮、革製品などです。これらの素材を使用したコートをきれいにしたい場合は、自分で洗濯するのではなくクリーニングに出しましょう。コートの種類には、毛足の長く洗いにくいもの、毛皮や革製品など高価な素材のもがあります。毛皮や革製品などを自分で洗ってしまうと素材が傷んでしまい、台無しになってしまいます。また、飾りの多いものは自分で洗うのが難しく、飾りを傷つけるケースもあるので、無理をせずクリーニングに出すことが無難です。

 

コートの基本的な洗濯方法と手順

コートの基本的な洗い方を紹介します。洗濯する前にコート生地に適した洗剤を選びましょう。コート洗いで使用する洗剤は普段使用しているものではなく、中性洗剤である「おしゃれ着用の洗剤」です。通常の洗剤は弱アルカリ性ですが、この成分だとコートの素材によっては生地にダメージを与える可能性があります。洗濯前に、実際に洗濯するコートの素材に合っているか確認することが大事といえるでしょう。コートの洗濯で最初に行うのは、襟や袖口などの部分洗いです。この部分は洗濯機で洗うと落ちにくく、汚れが残る場合があります。襟や袖口の汚れている部分に、おしゃれ着用の洗剤をつけて使用済み歯ブラシで軽くポンポンとたたきましょう。力を入れてゴシゴシとこすると生地を傷つけてしまうので、優しくポンポンとたたくのがポイントです。襟などの汚れがきれいになったら、次はコート全体の洗濯をします。コート全体の洗濯は手洗いと洗濯機どちらでも良いですが、できれば手洗いのほうが確実に汚れを落とすことが可能です。
手洗いの場合、大きめのバケツや洗面台を利用します。それに30度ほどのぬるま湯を張っておしゃれ着用の洗剤をとかし、20回ほど押し洗いをしましょう。洗濯機の場合は、コートのチャックやボタンは閉じて半分に折りたたみ、必ずネットに入れてから洗濯するのが重要です。折りたたむ際は、シワにならないようにきれいにたたみましょう。手洗い・水洗いともに洗い終わったあとは、30〜1分ほど脱水して、そのあとにタオルで水気を吸い取りシワにならないように干します。コートの干し方は平干しが基本です。平干しができて日陰の場所を選んで干しましょう。平干し用のネットなどを用意するのもポイントです。

 

洗濯する際の種類ごとの注意点

コートの洗濯は種類によってそれぞれ注意点があるので、洗濯する前にしっかりと把握しておくことが大事です。ピーコートやダッフルコートは、主にウール生地が使用されています。ウール生地は自宅での洗濯は難しいため、できればクリーニングに出すことが適しているといえるでしょう。それでも、自分で洗濯したい場合は手洗いで優しく洗うのが向いています。これらのコートは他の素材が混じっていることもあるので、素材を確かめることが大事です。他のコートより薄手のものが多いトレンチコートは、綿やポリエステルなどの化学繊維が多く使用されています。自宅での洗濯が可能ですが型崩れしやすいため、形を整えてシワにならないように風通しの良い日陰で干すようにしましょう。完全に乾いたら、アイロンを低温スチームに設定してシワを伸ばすことが大事です。モッズコートも、トレンチ同様にポリエステル、またはコットン素材が多いコートです。この種類のコートでファーが付いている場合は、注意が必要です。ファーは自宅での洗濯をするのが難しいので、洗濯の際はファーを取り外すか、自宅での洗濯を諦めてクリーニングに出すようにしましょう。

 

 

コートに合わせたお手入れ方法が大切

コートはさまざまな種類があるため、自宅で洗濯する場合は洗ってもいい素材であるか確認することが大切です。コートの自宅洗いは、種類に合わせたお手入れ方法を選んで実践しなければいけません。もし、所有するコートはすべて自分で洗いたいと考えている場合は、オンリーで洗える素材のコートを探してみてはいかがでしょうか?オンリーでは、自分好みで、なおかつ自宅洗いも可能なコートが見つかるはずです。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH