ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

未分類

オーダースーツの生地の違いは?見分け方のポイントまで徹底紹介!

2019/07/26

  • スーツTips(豆知識)

 

オーダースーツをつくる際に、悩みとして多いのが生地選びに関することです。オーダースーツの生地は、産地や素材などによって違いがあります。価格もさまざまなので、どのような基準で価格が決まっているのか気になる人もいるでしょう。そこでこの記事では、オーダースーツを選ぶ際に参考になる生地の違いや、選び方のポイントなどについて紹介します。

 

オーダースーツの生地の産地は大きく分けて3つ

一般的に、オーダースーツの生地としてよく比較されるのは、「イタリア」「イギリス」「日本」の3カ国が産地となるものです。まず、イタリアの生地として代表的なのは、イタリアの中で唯一軟水の恵みがあるビエラ地区のものです。スーツは横方向の糸と縦方向の糸の組み合わせによってつくられていますが、この地域の生地には、横糸として1本の糸が使われているという特徴があります。ビエラ産の生地は柔らかく、発色がいいというメリットがありますが、その一方で、ほかの生地に比べて強度がやや劣る傾向があります。
続いて、イギリスの代表的な生地は、イギリスの生地の聖地ともいわれるハダースフィールドのものです。この生地の特徴は、2本の糸をよってつくられた双糸を使用しているところです。そのため、生地にハリやコシがあって、丈夫であるというメリットがあります。寒さの厳しいイギリスでは、防寒効果もあるとして愛されています。最後に日本の生地についてですが、実は日本の生地のルーツはイギリスであるため、イギリスの生地同様、丈夫で長持ちするという特徴があります。代表的な産地は、愛媛県西部にあたる尾州です。

 

オーダースーツの値段の違いは繊維の細さで決まる

スーツの主な原料になるのは、羊の毛であるウールです。この素材は、細くて長く、ちぢれがあるほどに高品質であるとされています。一般的に、その生地の素材となった原毛の太さは、生地タグに記載されているSuper表示で判断できます。たとえば、Super90‘sは19ミクロンを表し、Super100‘sが18.5ミクロンを表すなど、Super表示の単位が10上がるにつれて、原毛が0.5ミクロン細くなるのです。原毛が細いほど、一つの生地を完成させるために必要な原毛が多くなります。したがって、Super表示の数字が大きければ大きいほどに、生地の価格もあがっていくと考えられるでしょう。品質の高いウールは、なんといっても着用感や見た目の良さなどがほかの生地とは異なります。ただし、非常にデリケートであるため、お手入れ方法には注意が必要です。

 

オーダースーツの風合いは織り方でも変わる

オーダースーツの代表的な織り方には、「平織」「綾織」「朱子織(しゅすおり)」の3種類があります。まず、平織というのは、縦糸と横糸を1本ずつ交差させて織りあげる基本的な手法です。丈夫でシワになりにくく、かつ、通気性が良いため夏物のスーツによく用いられています。続いて、綾織は縦糸と横糸を2~3本交差させることで、糸の織り目をあえて斜めにする手法です。平織に比べて光沢感がでるほか、柔らかい感触で伸縮性もあるため、着心地が良くなっています。朱子織では、縦糸あるいは横糸のどちらか一方に5本の糸が用いられます。糸の交差する点が上下左右で隣り合わないように織られていくため、滑らかで光沢感が出るのが特徴です。一方で、シワがつきやすく型崩れしやすいため、頻繁に着用するビジネスシーンよりも、着用頻度が少なく光沢感が求められるフォーマルシーンで着用されるのが一般的です。

 

オーダースーツの生地の良さを見極めるポイント

オーダースーツの生地の良さを見極めるためには、「光沢」「やわらかさ」「ストレッチ性」の3つのポイントに着目しましょう。光沢は素材によって異なります。一般的には、シルクの混合率で光沢感に差が出やすいとされています。たとえば、ビジネスシーンで着用するスーツの場合、シルク20%、ウール80%程度であれば、ビジネスシーンに最適な程よい光沢感が出るでしょう。また、シルクやウールはポリエステル素材に比べて着心地が良く、上質であるため、シルクやウールの混合率が高い素材を選ぶのも良い生地を見分けるポイントの一つです。さらに、実際にスーツをつまんでみると、素材による柔らかさの違いを実感することができます。柔らかいスーツは着用感も良いため、確認してみるといいでしょう。一般的に、上質なウール素材のものはナチュラルストレッチがきいているため、引っ張って確認してみると分かりやすいです。

 

 

オーダースーツの生地にこだわってお気に入りの1着を見つけよう

記事で紹介したように、オーダースーツにはさまざまな原産国や素材があります。組み合わせ次第では、高級なスーツをつくることも可能です。しかしながら、本当に良いスーツは価格だけで決まるものではありません。最も大切なのは、自分の目的や好みに合っているかという視点で生地を選ぶことです。ONLYなら、上質な素材を使用したオーダースーツをリーズナブルな価格で購入することができるため、品質・実用性の両方を叶えることができます。きっと、お気に入りの1着が見つかるはずです。実店舗での購入はもちろん、ECサイトでの購入も可能ですので、気軽に利用してみてください。

オンリーのオーダースーツについてはこちら

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH