ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

カフスの選び方とボタンの付け方をマスターしよう!

2018/05/07

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

ネクタイやシャツとはちがって、カフスボタンは必需品ではありません。その人の個性やセンスを反映させるアクセサリー的な位置づけのアイテムです。使い慣れていないと敷居が高そうに感じますが、基本を押さえれば難しいことはありません。豊富な種類と洗練されたデザインでありながら、手ごろな価格の品が登場しています。ビジネスシーンだけでなくカジュアルな場でも活躍するアイテムが豊富に揃います。つける人の個性を際立たせ、遊び心をさりげなく感じさせてくれます。主張しすぎることなく好みのものを装着できるので大人のおしゃれに最適です。まだ誰もが身に付けているわけではありません。だからこそ、ぐっと周りに差を付けられるのがカフスボタンです。まずは、カフスボタンの選び方とつけ方の基本を学んでいきましょう。

 

 

簡単!カフスボタンの付け方

初めてならば戸惑ってしまうかもしれませんが、恐れることはありません。カフスボタンの使い方はいたってシンプルです。シャツの袖(カフス)のボタンを外します。通常であれば生地を重ねてボタンをはめるところですが、生地の裏同士を合わせるようにします。そこへカフスボタンの留め具を、2枚の生地を貫くように差し込みます。あとは、カフスのタイプによって異なりますが、主流のスウィヴル式の場合出た留め具を倒して出来上がりです。ただし、シャツの種類やボタンの有無によって入れにくかったり、慣れが必要になったりするタイプもあります。
カフスボタン自体の留め具もつけやすさに影響します。まっすぐな場合は戸惑うことはありません。手こずるのは留め具が弧を描いているタイプでしょう。曲線が手首に沿うような向きで装着します。また、ラップアラウンドカフスボタンではちょっとしたコツが必要です。まずカフスボタンの留め具を縦にして外し、留め具をシャツの袖に差し込みます。次に、カフスボタン本体を折り返し、留め具を縦にして固定します。

 

 

要注意!カフスボタンの間違った付け方

初めてカフスボタンをつける人にありがちな失敗が、普通のボタンと同じように袖口を上下に重ねて装着してしまうことです。こんな風につけてしまえば、手首に金具が当たってしまうので違和感があります。もちろん、袖口の形状も崩れてしまいおしゃれどころではなく野暮ったいものになってしまいます。誰かが指摘してくれればよいのですが、そのまま外を歩くのは避けたいところです。つけ方さえ間違えなければ、カフスボタンで大きく失敗することはありません。
シャツのサイズ感も装着後のイメージを左右します。袖口のサイズは余裕のあり過ぎるものにしないことです。タイトめにすることがシルエットを美しく見せてくれます。そして、カフスボタンの向きを上下逆につけてしまうのもありがちなミスです。袖口の形状から考えれば、手首に沿うようなアーチ型になるのが正しいつけ方です。

 

 

カフスボタンが付けられるカフスの種類

 

カフスボタンをあしらうためには、カフスボタンを留められるシャツを用意する必要があります。基本的にカフスボタンを合わせるシャツはドレスシャツという認識でした。ですが、カフスボタン専用のドレスシャツを用意して合わせるというよりは、カフスボタンを留められる普段用のシャツに装着するのが今風です。ただし、何にでも装着できるわけではありません。ボタンが付いている側にも穴が空けられていなければ留め具が通せません。カフスボタンを装着することが想定されているシャツについてご説明します。
まず、フレンチカフスとも呼ばれる「ダブルカフス」です。袖を折り返して二重にしカフスボタンで留めます。最初からボタンが付いていないカフスボタン専用につくられたシャツです。それだけに、カフスボタンとの相性も申し分ありません。テニスカフスは、片側にボタンホールがあり、もう一方にも同じくボタンホールが開いている袖口のシャツです。カフスボタンがはえる正式なシャツです。既製品ではあまり出回らないので、オーダーなどが向いています。
コンバーチブルカフスは、ボタン穴がそれぞれにあります。そのためボタンとカフスボタンで両用が可能です。ボタンが2つつけられ、その間にボタンホールが施されているデザインも多くなっています。フレンチカフスではフォーマルに寄り過ぎてしまうときにも、手軽なコンバーチブルカフスのシャツならば大げさすぎません。使い勝手の良さからも選ばれています。

 

 

カフスボタンがつかないカフスがある!

もちろん、カフスボタンがつけられないタイプのカフスのシャツもあります。真っ先に思い浮かぶのは、シングルカフスです。世の中で販売されているシャツの多くをこのタイプが占めています、ボタンが付いている側にカフスホールは開いていません。そうなるとカフスボタンの留め具を通す場所がないのでつけることは叶いません。ボタンのみで使うことを想定してつくられているためです。ダブルカフスのように折り返すターンナップカフスも一見カフスボタンが使えそうですが、ボタンのみで留める仕様になっています。何としてもこのようなシャツにカフスボタンを装着したいとなれば、付属のボタンを取り去りその場所にボタンホールを新たにつくってしまうという方法もあります。ただし、きれいに仕上がる保証もありません。素直に専用のシャツを選ぶ方が得策でしょう。

 

 

おしゃれさんにはカフスボタンがおすすめ

カフスボタンは、男性がフォーマルでもカジュアルでも取り入れやすい数少ないアクセサリーです。素材やデザインも幅広く、ネクタイほど流行に左右されることもないので少しずつお眼鏡にかなうものを集めていけます。高級なブランド物でなくても、着こなしや季節に合わせたアイテムを数多く持っている方がセンスの良さをアピールできます。高級感のあるゴールドやシルバーのものや、ネクタイピンとセットのものは貫禄がついてからでもいいでしょう。若い世代ならば、遊び心を感じさせる大ぶりなものや個性的なモチーフで冒険してみませんか。
シャツとカフスの色合わせの基本をふまえていれば悪目立ちすることはありません。無地のカラーシャツを着るならば、同系色ではなくコントラストの映える色がアクセントとなります。ストライプのシャツならば、ストライプの色から同系色をもってきましょう。カフスボタンを自由に使いこなしている男性はまだまだ少数派です。さりげなくのぞくカフスはおしゃれ上級者の証です。とくに女性は必ず見ているものです。周りの男性から一歩リードしたいのならば、カフスボタンをワードローブに取り入れてみてください。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH