ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

結婚式に着用すべきワイシャツは?カフスボタンでドレスアップ

2019/01/07

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

新郎新婦の門出を祝う華やかな結婚式。式の参列者は、そんな華やかな場にふさわしい格好をする必要があります。男性の場合はスーツにワイシャツ、ネクタイなどの正装がほとんどですが、合わせるシャツやアイテムなどで印象をガラッと変えることが可能です。また、これらを選ぶときにはいくつか気をつけておきたいポイントもあります。あくまで主役は新郎新婦なので、あまりにも派手なアイテムを使用するのは避けたいものです。ここでは、結婚式や2次会に合うワイシャツや、カフスボタンやネクタイなどのアイテムの選び方などについて紹介します。

 

結婚式に合ったアイテムを選びたい!ワイシャツを選ぶポイント

結婚式で男性が着用するワイシャツは、無地で白のものが基本とされます。白であれば、ダークカラーのスーツを引き立ててくれるので、スタイリッシュな印象に仕上げることができるでしょう。また、淡い青色のサックスブルーもおすすめです。爽やかで清潔感がある色なので、一着持っておくと結婚式などのフォーマルな場で活躍してくれるはずです。他にも、淡いパステルカラーは良しとされる風潮があり、特に若い人がパステルカラーのシャツを着こなしている姿はよく目にします。シャツの色以外で気をつけたいのが襟の形です。結婚式にふさわしいとされるのは、基本的にレギュラーカラーと呼ばれるタイプとなります。襟の長さや開き具合が標準的なタイプなので、いろいろなシーンで使い回しができる優れものです。レギュラーカラーよりも若干長さがあり広めのつくりなのがワイドカラーです。ワイドカラーはネクタイの結び目をきれいに見せることができるというメリットがあり、華やかな印象を与えることができます。また、一般的にワイシャツは無地が良しとされますが、糸の織り方でうっすらと柄がつく織り柄でも問題ありません。角度によって模様が見えるので、おしゃれ感を演出することが可能です。一方、原色などの派手な色のシャツや、柄が大きく目立つようなものは避けるようにしましょう。あくまで主役は新郎新婦なので、あまりにも目立つ格好は好ましくありません。また、ボタンダウンやショートポイントカラーのシャツはカジュアルすぎるイメージがあるので、結婚式にはふさわしくないでしょう。さらに、結婚式ではシャツの袖口はダブルが良く、シャツとジャケットのサイズが合っているかどうかもきちんとチェックしましょう。シャツの種類や色だけにこだわるのではなく、結婚式においては清潔感がとても大切です。

 

ワイシャツをドレスアップしたい!カフスボタンの効果とは

シャツの袖口を留めるためのアクセサリー「カフスボタン」は、結婚式などの華やかな席においてドレスアップのポイントとなります。ジャケットからチラッと覗くカフスボタンは、おしゃれ上級者という印象を与えることができるでしょう。スーツスタイルを簡単にドレスアップすることができるので、ぜひとも取り入れてみたいものです。結婚式では、シルバーもしくはゴールドのベーシックなカフスボタンに、ワンポイントの石が埋め込まれているタイプのものがおすすめです。真珠や白蝶貝などの石がついているものだと、より華やかさが増すでしょう。男性は結婚式にダークスーツで出席する人も多いので、カフスボタンのデザインや色などは比較的どんなものでも合わせやすいのが特徴です。親族の結婚式など、落ち着いた雰囲気の式の場合はシンプルなものを、カジュアルな式や2次会などの場合は個性的なものを選んで楽しむのもおすすめです。

 

結婚式の2次会に参加する!選ぶべきワイシャツは?

結婚式や披露宴などでは、無地の白や淡いカラーシャツが一般的ですが、2次会では多少カジュアルでも問題ありません。パステルカラーはもちろん、薄めのカラーシャツでも良く、よりおしゃれ感を出すことができるでしょう。2次会では柄もののシャツを着用する人も多く、特にチェックやストライプなどの細かい柄はおすすめです。ただし、シャツがあまりにも派手すぎるのは結婚式同様避けたほうが良く、またスーツと合っているかも重要なポイントです。カジュアルな2次会ではノーネクタイでも良しとされるので、その場合は襟で個性を出すことができます。中でもおすすめなのがホリゾンタルカラーです。ホリゾンタルカラーは襟の開きがほぼ水平になっており、ノーネクタイでも襟がきれいに開くのが特徴です。また、太めのネクタイとも相性がいいので、個性的な着こなしができるでしょう。ワイドカラーやホリゾンタルカラーのシャツは、結び目が大きめのネクタイとも合わせやすくなります。他には、襟の先が丸いラウンドカラーだと、クラシカルな雰囲気を出すことができ、柔らかい印象を与えます。

 

 

ワイシャツに合わせるアイテムにもこだわろう!

スーツとワイシャツが決まったら、より華やかな雰囲気を演出するアイテムを選びましょう。結婚式でつけるネクタイは、基本的に光沢感のあるシルバーの無地が良しとされますが、ワイシャツやスーツに合っていればシンプルな柄物でも大丈夫です。色も淡いブルーやベージュなどのあまり主張しすぎないものを選ぶと間違いありません。カジュアルな式や2次会などでは蝶ネクタイなどの個性的なタイを選ぶ男性も多く、ノーネクタイでもOKとする会もあります。ただし、黒のネクタイは要注意です。スーツが黒でネクタイまで黒だと、まるでお葬式のようなコーディネートになってしまうため、お祝いの席ではなるべく避けたい着こなしです。靴も全体のコーディネートを印象付ける大切なアイテムとなります。もっとも一般的なのはブラックのストレートチップで、紐付きの革靴が定番となります。2次会などではよりカジュアルに、ブラウンや紐なしの革靴でもOKですが、あまりにもカジュアルすぎるデッキシューズやペニーローファーなどは避けたほうが無難です。

 

結婚式のスタイルは悩む!いつものワイシャツをドレスアップ

華やかなお祝いの席である結婚式には、いつもとは異なるドレスアップした着こなしで参加しましょう。人とは異なるおしゃれな着こなしをしたいという人には、小物で差をつけるのがおすすめです。シンプルなスーツやシャツも、ちょっとしたアイテムを使うことで華やかな印象を与えることができます。ネクタイや靴、カフスボタンなどを意識したコーディネートをしてみてはいかがでしょうか。せっかくのお祝いの席なので、普段はあまりしないような着こなしにもぜひ挑戦してみましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH