ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

さらばマンネリ!周囲と差のつくベルトの結び方講座

2018/08/29

  • スーツTips(豆知識)

 

ベルトはコーディネートのアクセントとしても取り入れることができて、とても便利なアイテムです。ベルトを着用する際、どんな結び方をすればよいのか悩んでしまったことはないでしょうか。いつも同じ結び方をしていては変化がなく、マンネリになりがちです。ベルトは結び方によって大きく印象が変わります。同じアイテムでも雰囲気を変えることができるので、さまざまなコーディネートを楽しむことが可能です。また、コートなど変化を与えにくい服装の場合でも、結び方次第で周囲と差がつきます。ここではコートのベルトをはじめ、さまざまなベルトの結び方を紹介します。

 

冬アウターにおしゃれ感をプラス!コートベルトの結び方

ベルト付きのコートはスタイリッシュな雰囲気を出すことができるので、ぜひ取り入れたいアウターです。コートの印象を活かしてきれいに着用するには、ベルトの結び方が重要なポイントになります。そのまま結んでもきちんと着用できますが、結び方を工夫すればワンランク上のおしゃれ感を出すことが可能です。ここでは、メンズとレディースの場合に分けて、ベルトの結び方を紹介します。

 

1.メンズコートでの結び方

メンズコートのベルトはシンプルにまとめて結ぶと、知的でスタイリッシュな雰囲気に仕上げることが可能です。メンズコートでよく利用されるベルトの結び方は、フロントスタイルとバックスタイルに分けられます。フロントスタイルではシンプルノット・ひと結び・ポケットインが代表的な結び方として知られています。シンプルノットは、結び目がシンプルでスマートに見える結び方です。まず、バックルを正面にしてベルトをセットし、余ったベルトを2つ折りにします。輪を作りながら、ベルトの先をウエストに巻いているベルトと輪に通しましょう。固く締め、結び目の形を整えたら完成です。ひと結びは、結び方が非常に簡単といわれています。身体の正面から少しずらした位置でベルトを交差させて一巻きし、きつく締めたら完成です。ポケットインは、ベルトを結ばずに仕上げるスタイルです。左右から垂れるベルトの長さを同じに調整し、ポケットに入れてバランスを整えましょう。バックスタイルでは、ワンテール・ダブルテール・バックフロント結びが代表的です。ワンテールは、ベルトの結び目が後ろに来るシンプルな結び方です。
まず、ベルトを外してから裏返してベルトステイに通します。次に、バックルを表向きにして、輪を作りながら腰のベルトに通しましょう。ベルトの先を腰に回しているベルトの下から通すのがポイントです。そして、ベルトの先を輪の上から通します。ベルトが長い場合は2~3回同じように輪に通して調節しましょう。最後に、形を整えたら完成です。ダブルテールは、蝶結びのように見える結び方です。最初に、ベルトを通した状態でできるだけ右にずらし、バックルの反対側が長くなるように調整します。次に、長い方のベルトを上にして交差させ、腰に回しているベルトの下から2回通します。2回目のとき、ベルトを緩めて輪を作りましょう。ベルトの先を輪に通し、ベルトの先とバックルを引っぱって結びます。最後に形を整えて完成です。バックフロント結びは、ベルトが腰の後ろに一箇所にまとまる結び方です。まず、ベルトを外して裏返してからベルトステイに通します。このとき、バックルが表向きになるように注意しましょう。次に、腰に巻いているベルトの下を通してから、反対側のベルトステイに通します。全体がきれいにまとまるよう、整えられたら完成です。

 

2.レディースコートでの結び方

レディースコートの場合、エレガントに見える結び方に工夫すると上品で可愛い雰囲気に仕上がります。メンズコートと同様、結び方はフロントスタイルとバックスタイルに分けられます。フロントスタイルでは、片リボン結び・リボン結び・ひと結びが代表的です。片リボン結びは、結び目が腰の横に来るシンプルな結び方です。まず、ベルトを身体の正面から少しずらした位置で交差させ、ベルトの端をバックル側のベルトに巻き付けるように結びます。次に、ベルト先で輪を作って交差部分の裏に通し、ベルトの先を2つに折りましょう。作った輪に2つ折りの部分を通し、バックルと一緒に引っ張って結びます。結び目の形がきれいに整えられたら完成です。リボン結びは、華やかな印象が特徴的な結び方です。最初に、身体の正面から少しずらした位置でベルトを交差させ、そのまま1回結びます。次に、バックル側のベルトを2つ折りにし、反対側のベルトを上から巻き付けて結びましょう。そのまま引っ張ってきつく締め、結び目を固定します。最後に、リボンの形を整えて完成です。ひと結びは、ゆるい仕上がりが印象的な結び方です。身体の正面から少しずらした位置でベルトを交差します。そのまま1度結んで結び目を整えたら完成です。バックスタイルでは、ワンテール・バックフロント結び・バックリボン結びが代表的な結び方として知られています。
ワンテールは、シンプルな結び目がスタイリッシュな結び方です。まず、ベルトを外して裏返してからベルトステイに通し、バックルにセットします。次に、輪を作りながら、ベルトの先をウエストに回しているベルトの下から通しましょう。作った輪にベルトの先を上から通し、形を整えたら完成です。ベルトが長い場合は何度も輪に通して長さを調整します。バックフロント結びの場合も、ベルトを外し裏返してからベルトステイに通し、バックルにセットしましょう。ベルトの先をベルトステイに通したらウエストに巻いているベルトの下を通して、反対側のベルトステイに通します。最後に、バックルの位置を中心に来るよう整えられたら完成です。バックリボン結びは、フェミニンな印象を与える結び方です。最初に、ベルトを外して裏返してからベルトステイに通し、バックル側のベルトを上にして交差させます。次に、ウエストに回しているベルトに、バックルを下から通しましょう。バックルとは反対側のベルトを2つ折りにして、逆側のベルトを上から巻き付け、リボン結びをします。最後に、結び目をしっかり作って形を整えられたら完成です。

 

コーデを格上げ!おしゃれ女子にぴったりなベルトアレンジ

女性の場合は普通のベルトでも、アレンジ次第で印象が変わります。細めのベルトはアレンジがしやすいので、ぜひコーディネートに取り入れたいアイテムです。普段のコーディネートに取り入れやすい結び方には、タイ結び・ループ結び・ダブルループなどがあります。タイ結びは、結び方も簡単でおしゃれに見えます。腰に通したあと、ベルトの端を下から上に通し、作られた輪の中に通して完成です。結び方が複雑に見えるので、こなれ感を演出できます。また、ベルトの端を下から上にゆるく通せばループ結び、逆側に通して2回結べばダブルループになります。スカートコーデやパンツコーデなど、どんな服装にも合わせやすいのが特徴です。

 

トレンドアイテムのサッシュベルトを使いこなすには?

幅が広いサッシュベルトは目を引きやすくアクセントとして取り入れやすいアイテムです。結ぶ場所を工夫すれば、ただ巻くだけでないおしゃれな印象になります。サッシュベルトの結び方には、リボン結び・かた結び・横結びがあります。リボン結びをする場合、きれいに仕上げるためのポイントは身体の中心に結び目が来るように調整することです。ベルトの端がウエスト部分におさまり、コンパクトでフェミニンな雰囲気に仕上がります。かた結びは、身体の中心でベルトを2回結ぶ方法です。結び目がシンプルに見えるため、どんなコーディネートにも合わせやすい結び方といえます。横結びは、結び目を身体の横にずらす方法です。ベルトは、リボン結びやかた結びなどの方法で結びます。視線を横にずらすアクセントとなるので、意外性のある着こなしを演出できるのが特徴です。また、きちんとした印象を与えやすいかた結びの場合でも、結び目を横にずらせばラフなコーディネートになります。

 

ベルトの結び方をマスターしておしゃれを楽しもう

ベルトの結び方に変化をつければ、同じアイテムを着用していても大きく雰囲気を変えられます。コートなど服装に変化を取り入れにくいアイテムでは、特に差をつけやすいです。結び方の工夫次第で、周りの人とは異なるおしゃれな印象を与えられます。また、サッシュベルトなどトレンドのアイテムは多くの人がコーディネートに取り入れます。ベルトを着用したものの、なかなか変化をつけられない場合もあるでしょう。しかし、ベルトの結び方を変えればワンランク上のおしゃれを演出できるコーディネートに仕上げられます。さまざまなベルトの結び方をマスターして、さらに垢抜けたおしゃれを楽しみましょう。

 

 

 

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH