ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

冬の結婚式のコートはどうする?守るべきルールとは

2018/10/09

  • スーツのシーン別マナー

 

大切な人から結婚式の招待状が届くと、うれしい気持ちになるものです。ただ、いざ結婚式に参加するとなると、服装選びの問題で頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。特に、冬の結婚式では、防寒のためのコートが必要です。着用するコートは何でも良いというわけではなく、細かいルールがあります。結婚式は新郎新婦にとって大切なイベントだからこそ、その場の雰囲気を壊さないように、きちんとルールを守った服装を心がけるのが肝心です。どのようなコートを選ぶべきなのか、きちんとポイントを押さえておきましょう。ここでは、結婚式でコートを着るときの、守るべき服装マナーについて解説します。

 

フォーマルシーンはコートにもこだわる

結婚式はフォーマルな場なので、着用するコートにもドレスコードがあります。コートは会場に着いたらすぐに脱ぎ、クロークに預けるのが一般的です。そのため、「どんなコートを着ていても問題ない」と考える人もいるでしょう。しかし、すぐにコートを脱いでしまうとはいえ、会場へ入るまでにほかのゲストや、親族の目に触れる可能性もあります。このような理由から、結婚式で着用するコートはドレスやスーツに合う、フォーマルな印象のアイテムを選ぶのが大切なのです。また、コートをクロークに預けるとき、「会場に入った段階であらかじめ腕にかけておく」とスマートです。クロークの前であわててコートを脱ぐと、預けるまでに時間がかかったり、落ち着きのない印象を与えたりする原因につながります。ほかのゲストが同じ時間帯にクロークへ集中する可能性もあるため、クロークの前でばたばたとするのは避けたいものです。会場でスマートに行動するためにも、コートは会場に入ったら脱いでおくと良いでしょう。

 

男性のコートマナー

男性がコートを選ぶ際に注意すべきポイントは、以下の3つが挙げられます。1つ目は「デザイン」の選び方です。結婚式に着ていくコートは、「ステンカラーコート」「チェスターコート」「トレンチコート」など、フォーマルなデザインを選ぶのがおすすめです。ステンカラーコートは後ろのえりが立ち上がり、前に低く折り返すような形になっているのが特徴です。スタイリッシュなイメージが強く、すっきりとした見た目が品のある印象を与えてくれます。チェスターコートは丈が長く、コンパクトなシルエットが特徴です。カジュアルスタイルからビジネススタイルまで幅広いアイテムとの相性が良く、万能性の高さが魅力といえます。トレンチコートはダブル仕立てで、ウエストをベルトで締めるデザインが特徴です。都会的な印象が強く、洗練されたイメージを演出できます。
2つ目のポイントはコートの「色」についてです。色は「黒」「グレー」「ネイビー」など、落ち着いたものを選ぶと良いでしょう。なかでも、黒は慶事と弔事の両方に対応できるため、クローゼットにあると重宝します。3つ目には「素材」がポイントとして挙げられます。コートの素材にはさまざまな種類があり、結婚式のようなフォーマルな場では「カシミア」「ウール」など、きちんと感があるものを選ぶのが大切です。しっかりとした素材のコートを選ぶと、グンと品のあるコーディネートに近づけます。

 

女性のコートマナー

女性がコートを選ぶ際は、以下の3つのポイントを意識するのが大切です。1つ目は「デザイン」です。おすすめなのはフォーマル感のある「ロングコート」で、大人っぽくエレガントな印象を与えられます。ロングコートは冠婚葬祭に対応できるため、1着持っておくと便利です。2つ目は「色」の選び方がポイントといえます。色は「黒」「ベージュ」「グレー」などの、落ち着いた色味がおすすめです。結婚式の主役はあくまでも新郎新婦であり、ゲストではありません。万が一、コートを着たまま新郎新婦と並ぶシーンが訪れても問題ないように、コートの色は派手すぎず、主張が激しくない色味を選ぶように心がけましょう。黒はシンプルで、年齢や合わせるアイテムを選ばない万能性が魅力といえます。黒いコートだと地味な印象になってしまう場合は、明るい色味のストールやブローチを合わせるのも良いでしょう。明るい色味の小物を合わせると、パッとコーディネートが華やかになります。ベージュのコートならやわらかくフェミニンな印象に、グレーのコートなら大人っぽく洗練された印象を与えられます。自分がなりたいイメージやドレスとのバランスを考えて、コートの色を選ぶと良いでしょう。
3つ目には「素材」が挙げられます。結婚式には「ウール」「カシミア」のように、高級感のある素材のコートを選ぶのがおすすめです。これらの素材は保温性が高く、寒い季節の結婚式で活躍してくれます。

 

 

結婚式で着てはいけないコートとは

結婚式にふさわしいコートもあれば、反対に避けるべきコートもあります。結婚式で着てはいけないとされるコートをしっかりと把握し、マナーを守ったおしゃれを楽しみましょう。まず、結婚式で避けるべきものには、「毛皮」「ファー素材」「革素材」を使用したコートが挙げられます。これらの素材は高級感がありますが、殺生をイメージさせるため、おめでたい席では着用を控えるべきだとされているのです。同じ理由から、ゼブラ柄やヒョウ柄などのコートも避けたほうが無難です。次に、「カジュアル」なコートも避けたほうが良いとされています。具体的には、ダウンコート・ダッフルコート・モッズコートなどです。ニット素材のコートも、カジュアルな印象が強いため避けたほうが良いでしょう。フォーマルなドレスにカジュアルなコートを合わせてしまうと、コーディネートのバランスが悪くなる原因につながります。結婚式のコートはフォーマル感のあるデザインを選ぶように意識しましょう。それから、「真っ白なコート」も避ける必要があります。白は花嫁の色であり、ゲストは避けるのが無難です。主役である花嫁と被らないように、コートは色選びまで気を配りましょう。

 

アウターも気を抜かずに

冬の結婚式はスーツやドレスのほかに、アウター選びにも気を抜かないのが肝心です。会場に入るまで羽織るコートは、意外と人目につきやすい傾向にあります。スーツやドレスに合わせて、フォーマルな場にふさわしい素材やデザインのコートを着用するのが大切です。ルールを守った装いを心がけ、おめでとうの気持ちをドレスアップで表現してみてはいかがでしょうか。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH