ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

シチュエーションで変える!おすすめのメンズベルト

2019/02/12

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

スーツを選ぶ際には熟慮を重ねる人でも、ベルト選びは安易に考えてしまいがちです。その結果、スーツはばっちり決まっているのにベルトのせいで全体がアンバランスになってしまう場合が出てくるのです。スーツを着こなすにはベルトにもこだわり、全体的なバランスに気を配る必要があります。ところが、実際にベルトをちゃんと選ぼうとすると、これがなかなか難しいという事実に気付かされます。なぜなら、「サイズはどの程度のものがよいのか」「色は何が合うのか」「バックルはどういったものを選ぶべきなのか」といった具合に、考慮しなければならないポイントが多々あるからです。そこで、ベルト選びの参考になるように、シチュエーション別のおすすめを紹介していきます。

 

自分に合ったベルトの選び方とは?

ベルトを選ぶ際に最も重要なポイントとなるのが長さです。最適な長さのものを選ばなければ、それがどんなベルトだったにしろオシャレに着こなすことはできません。長すぎると無駄な部分ができてしまってだらしがない印象を与えてしまいますし、短すぎるとウエストが苦しそうに見えてしまいます。まずはウエストのサイズを把握して、長すぎず短すぎないものを選ぶことが大切です。ただし、オシャレの観点からあえて長いベルトを選択する場合もありますが、そういったケースはひとまず除外しておきます。
ちなみに、革のベルトの場合は長さが調整できるように穴が5つあるものがおすすめです。実際に巻いた際に3番目の穴で留められるものがちょうどよい長さということになります。それに対して、ベルトの穴が1つしか残らないのは短いということなので注意が必要です。逆に、気に入ったベルトなのに長いサイズしかないといったケースもあります。その場合はバックルを外してカットできるタイプもあるため、まずはそれが可能かを確認してみましょう。長さの次に重要なのが色です。ベルトの色は靴やネクタイ、コートなどといった手持ちのアイテムと色を合わせるのが基本となります。そうすることで全体に統一感をもたらし、洗練された印象を与えることができます。

 

ビジネスやフォーマルでおすすめのベルト

ある程度かしこまった場では、ハイブランドの革のベルトを着用するのが基本です。また、色に関しては黒や紺といった落ち着いたものがよいでしょう。一方、ベルトの幅はスーツや好みによって太めのものや細身のものなどを選んでいくことになります。ただし、あまり太すぎるものはおすすめできません。なぜなら、幅の広いベルトは一般的にカジュアルなイメージがあるため、それをビジネスやフォーマル用のスーツと合わせるとアンバランスな印象になってしまうからです。さらに、ベルト選びの際にはバックルも重要な要素になります。たとえば、バックルにブランドロゴなどのアクセントがついているとさりげないオシャレを演出することが可能です。その反面、バックルの主張が強すぎると、悪目立ちしてビジネスやフォーマルなシーンには不向きなものになってしまいます。派手なデザインやブランドロゴが目立つものは避け、シンプルでスマートな印象のものを選ぶようにしましょう。

 

カジュアルファッションにおすすめのベルト

カジュアルなシーンの場合はベルトの選択肢も増えてきます。その中でも代表例といえるのが、革のメッシュベルトやステッチがしてあるベルトなどです。まず、革のメッシュは高級感があってスタイリッシュな印象を際立たせてくれます。一方、ステッチがあるベルトはカジュアルな場で使用すると、オシャレ感を強調することができます。いずれも、ラフなファッションに合わせやすく、それでいて大人っぽく着こなすことができるのが魅力です。もちろん、こういったベルトはビジネスシーンでは避けるべきですが、例外は存在します。たとえば、クールビズを取り入れている会社であれば、ビジネスシーンで身につけても不自然ではありません。次に色の選択ですが、たとえカジュアルなシーンであっても、ベルトの色が全体のそれとかけ離れていると、散漫な印象になってしまいます。逆に、ベルトの色を服のどれかに合わせれば、見た目に統一感を持たせることができます。その場合、できるだけ同系色の色合いでまとめるのがコツです。

 

ベルトはどれくらい持っているといい?

ベルトの本数に決まりのようなものはありません。ただ、シチュエーションに合わせて使い分けるなら、最低でもカジュアル、ビジネス、フォーマルな服装に合うベルトを持っていた方がよいでしょう。ちなみに、スーツ用のベルトとしては、黒やダークブラウンといった暗めの色を押さえておくのが無難です。ただし、靴の色が複数ある場合は、それに合わせてベルトの色も複数用意する必要があります。たとえば、ビジネススーツを着用する際に黒の靴と茶色の靴を履き分けているのなら、ビジネス用のベルトも黒と茶の2種類そろえたいところです。その他にも、どのような服やアイテムを持っているかによって必要なベルトの本数は変わってきます。

 

ベルトは服に合わせてそろえておくと便利

使用するベルトはフォーマル、ビジネス、カジュアルの3種類にカテゴライズすることができます。したがって、それぞれのカテゴリーごとに必要なベルトをそろえておくと便利です。まずは手持ちの服をカテゴリーごとに整理し、それぞれに合ったものを選んでいきましょう。ちなみに、ONLYを利用すれば、いつでも高品質なビジネス用ベルトを手に入れることができます。ベルトを購入する際にはぜひご利用をご検討ください。

 

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH