ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

ビジネスから普段使いまで!快適でおしゃれなバックとは?

2019/02/12

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

ビジネスでもプライベートでも、バッグは毎日のように使うアイテムです。そのため、用途に合わせたデザインやサイズ、使い勝手の良さなども、バッグ選びの重要なポイントになります。たとえば、ビジネスシーンでカジュアルな色や素材のバッグを持っていたら、フォーマルな服装にマッチしません。逆に、デートに行くときやレジャーに出かけるときは、コーディネートの一環としてデザイン性を重視したバッグを選ぶこともあるでしょう。そこで、オシャレなバッグを探している人のために、ビジネスシーンから普段使いまで活躍するバッグの選び方を解説します。

 

オシャレで使いやすいバックとは?

新しいバッグを買うなら一目でどこのブランドか分かるバッグよりも、誰とも被らない個性的なバッグを選びたいという人もいるでしょう。しかし、デザインが凝っているバッグは使い勝手が悪かったり、ビジネスシーンに適していなかったりする場合もあります。バッグを選ぶときは、デザイン性だけではなく使いやすさも重視しましょう。バッグ専門のメーカーやハイブランドのバッグには、オシャレな見た目と使いやすさを両立したバッグが数多く販売されています。ただし、オシャレと感じるか、使いやすいと感じるかは個人差が大きく、一概には言えません。自分の普段のコーディネートやバッグの用途に合わせて、使いやすいバッグを選びましょう。

 

オシャレで使いやすいバック「男性編」

男性のなかにはバッグを持たない人もいますが、ショルダーバッグやボディバッグ、トートバッグなど、メンズバッグにはさまざまな種類があります。普段のコーディネートにプラスするだけで、雰囲気が大きく変わる重要なアイテムです。どんなバッグだとメンズファッションと相性が良いのでしょうか。まず、定番ともいえるのがトートバッグです。シンプルな台形のバッグで実用性が高く、様々なシーンで活躍します。また、トートバッグは男女ともに人気が高く、デザインが豊富なのも特徴です。大きさがあるぶん目を引きやすいアイテムなので、アウターやパンツの色に合わせて選ぶと良いでしょう。カジュアルなファッションに合わせるなら、キャンバス素材やナイロン素材のバッグだとこなれ感が出ます。ビジネスシーンと兼用したいのであれば、スムースレザーなどの素材を選べば、フォーマルファッションともマッチするでしょう。
ボディバッグやリュックサック、サコッシュなどは両手があくため、アウトドアやレジャーなどのシーンで活躍するバッグです。ただし、容量が小さいため、スマートフォンや財布など、携帯する荷物が少ないときに使いましょう。デザインはもちろん、素材によって印象が大きく変わるため、シーンに合わせて使い分けるのがポイントです。カジュアルなファッションやスポーツウェアにはナイロン素材、キレイめのファッションや大人っぽいコーディネートにはレザー素材がよく似合います。ビジネスバッグはその名の通り、ビジネスシーンに取り入れやすいバッグです。パソコンや書類を収納できて、耐久性にも優れているため、ビジネスマンには欠かせません。容量や素材など、ビジネスバッグにも様々な種類があります。ナイロンなら軽くて水や汚れに強く、お手入れしやすいのが特徴です。革製はこまめなケアが必要ですが高級感があり、大人っぽい雰囲気を引き立たせてくれます。スーツの色やデザイン、職種に合わせるのが、オシャレなバッグを選ぶポイントです。

 

オシャレで使いやすいバック「女性編」

女性は1つのバッグを使い回すよりも、シチュエーションや年齢に合わせてバッグを使い分ける傾向が見られます。ビジネスシーンやデートはもちろん、パーティーに参加するときや子どもと一緒に出かけるときなど、男性よりもバッグが活躍するシーンが多いです。大きさや形も豊富なので、使う場面やコーディネートを想定しながら選びましょう。ビジネスシーンや普段使いのバッグなら、トートバッグが使いやすいです。オンオフを問わないので人気が高く、多くのブランドで作られています。スーツなどのフォーマルなファッションに合わせるのであれば、レザーなどの高級感のある素材が良いでしょう。合皮なら雨や汚れにも強く、本革よりもお手入れが簡単です。ナイロン生地や帆布などを用いた布製のトートバッグは、比較的安価で手に入るものもあります。コーディネートに合わせて色や素材が違うバッグを持つのも楽しいでしょう。
ショルダーバッグも、プライベートで活躍するバッグの1つです。2WAYバッグならショルダーバッグにもハンドバッグにもなります。用途やコーディネートに合わせて形を変えられるので重宝するでしょう。ショルダーバッグなら両手があくので、買い物や家族でレジャーへ行くときに便利です。一方、ハンドバッグはシルエットがコンパクトなぶん、上品な印象になります。友達同士で会うときやデートに行くときなど、コーディネートを引き立たせるための小物として使いたいときにぴったりです。

 

長く愛用できる上質なバックを買う

人によってはリーズナブルな価格のバッグをいくつかそろえ、シーンやファッションに合わせて使い分けることもあるでしょう。しかし、上質な素材を用いたバッグや、ハイブランドの定番バッグを長く愛用するのも1つの方法です。ブランドによっては修理などのアフターケアを行っている場合もあるので、長く使えます。色やデザインに飽きたときや、年齢に合わないと感じたときには、カスタマイズが可能です。革製品なら染め直して、カラーを変えることができます。金具を変更するだけでも、雰囲気が大きく変わるでしょう。ただし、普段使いのバッグまで全て高価なものを選ぶことはしなくても、冠婚葬祭などの大事な場面で上質なバッグを持つようにすれば、大人の品格を演出できます。

 

 

同じショップで購入すると統一しやすい

オシャレなコーディネートに仕上げるには、洋服からバッグまでトータルな相性を考慮するのがポイントです。同じブランドやショップでアイテムをそろえれば、統一感が出てコーディネートがしやすくなります。スーツとバッグをどのように組み合わせればいいのか悩んでいる人は、オンリーで一緒に購入してみましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH