ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

いつものフォーマルから脱却!結婚式のスーツはおしゃれに着たい!

2018/05/07

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

結婚式に呼ばれた時、スーツ選びに困ったことはありませんか?定番の黒色、ビジネスでも使えるデザイン、そうしたスーツを選んでも良いですが、なんだかシンプルすぎる印象を与えてしまうかもしれません。昔は黒のダブルスーツが一般的でしたが、徐々にカジュアルなスーツが広がり、変わったスーツの色や形でもオシャレに着こなしている人が増えています。
スーツは色や形によって、自分に似合うかどうか違いもあります。自分に似合う色合いや形、サイズや小物などもしっかりと選び、上手にスーツを着こなしてみましょう。今回は結婚式のスーツをオシャレに着こなす方法を解説します。

 

 

スリーピースのスーツでキメる

結婚式といったフォーマルな場では、「スリーピース」のスーツがおすすめです。スリーピーススーツとは、ジャケット、ベスト、パンツがセットになっているスーツです。日本では「三つ揃え(みつぞろえ)」とも呼ばれており、昔から伝統的で正統派な印象を与える着こなしができます。スリーピースは基本的に3つとも同じ生地でできています。そのため、ベストだけ違う素材や違う色で売られているといったスーツは、スリーピースと言いません。あくまで3つを同じ生地でそろえることにより、品格が出てスマートな印象を出すことができます。
スリーピーススーツはフォーマル要素が強く、とてもエレガントに見えます。ベストを着ることで姿勢を良くし、上半身を立体的に見せる効果があるでしょう。これにより上半身に奥行きが出て、エレガントな雰囲気が出せるのです。ただ、3着を着ることにより、やや動きにくさはあるかもしれません。しかし、ネクタイを外してもある程度の品格が保たれるのがスリーピースのメリットです。そのため、挙式や披露宴はしっかりとネクタイを着用し、二次会といった場ではネクタイを外し、ややラフな印象を出しても良いでしょう。スリーピースは、無地の白シャツを合わせることが基本です。どのスーツを選べば良いか分からない、初めて結婚式に出席するといった初心者の方にもおすすめできるスーツです。

 

 

黒のスーツをおしゃれに着こなすには?

昔も今も、結婚式におけるスーツは「黒」が定番です。黒いスーツは白い衣装の新郎新婦を引き立てることもできるので、フォーマルな場においてはスタンダートな色でしょう。しかし、黒いスーツに白いネクタイといったコーディネートだと、なんだか無難すぎる印象になってしまうでしょう。親族席で高齢の男性が同じようなスーツを着ていることも多く、やや野暮ったいイメージになるかもしれません。そんなときは「ネクタイ」に工夫を入れてみましょう。まず色は「シルバー」や「ゴールド」といった色合いがおすすめです。シルバーはグレーを基調としたものなら、あまり浮かずに程よい主張ができます。
また、ゴールドもブラウン系の落ち着いた色合いを選ぶことにより、黒いスーツと相性が良く、パーティーシーンでもセンス良く決めることができるでしょう。「シルバーと白のストライプ」「黒と淡い白のドット柄」といった、遊び心のあるネクタイもおすすめです。遠目から見てハッキリとストライプやドットが分かるものではなく、程よいモードテイストのある柄を選びましょう。同じ柄、もしくは白のポケットチーフを差し込むことにより、オシャレ度はグッとアップします。

 

 

おしゃれなスーツはサイズ感が大事

どれだけ高級なスーツに身を包んでいても、そのスーツのサイズが身体に合っていなければ、見た目の印象はとてもおかしくなってしまいます。まず、一番避けたいのが「大きくてダボダボ」としたスーツです。丈の長さがおかしかったり、肩幅やウエストが合わず、全体的にダボダボしたりするスーツは、とても野暮ったい印象を与えてしまいます。通常スーツを選ぶときはある程度身体のサイズに合わせて作るので、ダボダボなスーツにはならないはずです。しかし、ダイエットなどで痩せた後に、数年前のスーツを着る場合は要注意です。自分が思っている以上に「スーツに着られている感じ」が出てしまうので、サイズダウンした場合はしっかりと調整を行いましょう。
そして「タイトすぎる」スーツもフォーマルには相応しくありません。スーツの中には、あえて体のラインぴったりに合わせたタイトなものもあるでしょう。見た目はスマートに見える効果もあるのですが、タイトすぎるとカジュアルな印象になってしまいます。また、ここ数年で太ってしまった人も要注意です。数年前のスーツがやっと着られるといった状態では、見た目がピチピチで、おかしい印象を与えてしまう事にもなるでしょう。フォーマルな場では、その時の体形に合わせてジャストサイズのスーツを選ぶことが大切です。体に合ったサイズのスーツにするだけで、オシャレ感をかなり上げることができるでしょう。

 

 

結婚式にはネイビースーツがクール

ネイビースーツは、ビジネスシーンはもちろん、パーティーやイベントなどにおいて活躍できる1着です。ブラックやダークグレーに比べると見た目の印象は華やかであり、カラーバリエーションも豊富であることから季節を問わず楽しむことができるでしょう。明るい色あいでありながら、スーツとしての落ち着きはあるので、挙式から二次会までクールに着こなすことができます。ネイビースーツは、ジャケットとパンツだけだとややカジュアルな印象になることもあります。そこでおススメなのが「スリーピース」スーツです。ベストを着用することでフォーマルな印象がアップし、ジャケットから覗くベストが男らしいセクシーさをアピールすることもできるでしょう。
ネイビースーツは、多種多様なネクタイとの相性が良いのも特徴です。無地一色のネクタイと合わせればクールな印象になり、ストライプやドットといった柄入りのネクタイを選べば、遊び心のあるオシャレ感をアピールすることができるでしょう。中でもおすすめなのは、「スーツと同じネイビーに細かい白の水玉やストライプ」といったネクタイ柄です。ドットやストライプの柄が大きいとカジュアルになってしまいますが、小さいとクラシカルな印象になり、パーティーシーンでも活用することができるでしょう。

 

 

結婚式はおしゃれなスーツで新郎新婦を祝福!

 

結婚式の主役は、何と言っても新郎新婦です。そこに呼ばれた客人として、どのようなスーツが適しているのか迷ってしまうかもしれません。結婚式といったパーティーシーンは多くの人が集まる場所です。特に独身の男性にとっては多くの女性と出会えるチャンスでもあり、スーツを上手に着こなしているかいないかで、見た目の印象はだいぶ変わってしまうでしょう。
ブランド品やオーダーメイドといったものでなくても、スーツは着こなし方で、見た目のカッコよさを上げることは十分可能です。ある程度自分に合う形や色を選び、その時の体形に合ったスーツを選ぶようにしましょう。オシャレの方向性を間違えなければ、スーツで華やかな結婚式にピッタリのオシャレを楽しむことができるでしょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH