ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

ベルト選びのコツとは?人気ランキング上位のベルトもチェックしよう

2019/05/31

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

仕事で毎日着る人が多いスーツ。そんなスーツスタイルをおしゃれに見せるためには、小物にもこだわる必要があります。そこで今回ピックアップするのがベルトです。ベルトにこだわることで、いつものスーツスタイルがぐっとおしゃれに見えるのです。この記事では、自分に似合うベルトを選ぶ際のコツと、人気ランキング上位のベルトを紹介します。

 

自分に似合うベルト選びのコツ

ベルトにはさまざまな色・デザインがあるので、自分に似合うものを選ぶのは難しいと思われがちです。そこでおすすめしたいのが、スーツを着用するときに履く靴の色をベースに選ぶ方法です。たとえば、黒い革靴を履くときには黒いベルトを、茶色の革靴を履くときには同じ茶色のベルトを身につけます。ジャケットの前のボタンを閉めているときにはあまりベルトは目立ちませんが、靴の色とベルトの色をリンクさせることで、前のボタンを開けているときやジャケットを脱いでいるときにおしゃれに見えます。ベルトの購入時には手持ちの靴の色を思い出してみてください。
また、スーツの着こなしやTPOに合わせてベルトを選ぶことも重要です。結婚式などのフォーマルシーンでは基本的に黒のスーツを着用します。その際には、ベルトも同じく黒で全体を統一させると良いでしょう。また、普段のビジネスシーンにおいてはスーツの色を基本に選ぶのがおすすめです。しかし、スーツの色をベルトの色と一致させる必要はありません。たとえば、紺色のスーツの場合、黒のベルトか茶色のベルトが合います。黒のベルトを選べば上品な印象に、茶色のベルトを選べばおしゃれな印象になります。また、グレーのスーツの場合は茶色のベルトがおすすめ。全体的に落ち着いた大人の雰囲気になります。

 

 

さらに、ベルトは穴の位置にも気を配る必要があります。ベルトの穴の数は一般的に3つ・5つ・7つと奇数であることが多く、そのなかでも穴が5つあるタイプが基本です。ベルトの機能面を考えれば、どの穴で留めても問題ありません。しかし、スーツの着こなしの面から見ると、中央の3つ目の穴に留めた場合が最もバランスよく見えます。1つ目の穴で留めているとパツパツな印象になり、反対に5つ目の穴で留めているとベルトが長すぎるように見えます。
スマートな見た目になるためには、ベルトで締めなくてもずり落ちることのない、ちょうど良いサイズのスラックスを選ぶこと、中央の穴で留めたときにちょうど良い長さのベルトを選ぶことが大切です。フリーサイズのベルトを選べば、自分のウエストに合わせて長さを調整することができます。調整してくれるお店もありますが、バックルを外せば自分で簡単にカットできます。ベルトの中央以外の穴は、あくまでも一時的に体型が変化した場合のみ使うと考えておきましょう。
また、ベルトの太さは3~3.5cmのものを選ぶと良いとされています。これは一般的なスーツスタイルのときバランスの取りやすい太さで、4cmを超えるとベルトのインパクトが強く、カジュアル寄りになります。このような太いベルトは、ビジネスシーンでの利用は避けたほうが無難です。ベルトの太さに迷う場合は3.5cmが最も使いやすいでしょう。3cmは少し細めですっきりして見えるので、フォーマルシーンでの利用や、クラシックスタイルが好きな人におすすめです。

 

スーツスタイルはベルトのデザインにもこだわろう

スーツの着こなしはジャケットやスラックスだけでなく、ネクタイや靴、ベルトなどの小物によっても左右されます。全身をスマートにまとめたい人は、ベルトのデザインや品質にもこだわってみましょう。ONLYでは、オーダースーツだけでなくベルトなどの小物類も販売しています。種類やデザインが豊富なので、ベルトにもこだわりたい人はぜひ来店してみてください。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH