ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

おしゃれなシューズを履きたい!流行りを取り入れた選び方のポイントとは?

2019/07/26

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

足元はコーディネートのキモとなる部分なので、油断せずにおしゃれに気を遣わなければなりません。特に、ビジネスシーンなどではスーツに合わせて革靴を選ぶため、デザインやカラーに関する知識が必要です。この記事では、シューズの流行りを加味しつつ、革靴選びのポイント(シューズの種類やスーツに合わせるなど)について紹介します。

 

シューズの流行りをチェック!

スーツに合わせる革靴には、スニーカーやブーツなどのシューズのような流行りはありあません。流行りを意識する場合は、スーツも含めた全体的なコーディネートに合わせられるかどうかを考えましょう。革靴とは違い、スーツには流行りがあります。そのため、スーツに合わせた革靴を選ぶことは重要です。また、いくら流行りのスーツを着ていたとしても、革靴が汚れているとおしゃれなコーディネートが台無しになってしまいます。革靴はソールの張替えや定期的なお手入れなどメンテナンスを怠らないようにしましょう。

 

シューズの種類で選ぶ

革靴には大きく分けて4つの種類があります。1つ目は、内羽式です。このタイプは紐を通す甲の部分と革が一体化しています。履いているとクラシカルでスタンダードな印象を与えられる革靴です。大切なビジネスの場にも履いていくことができます。2つ目は、カジュアルな印象を与えられる外羽式です。甲の部分の皮が独立しており、紐によって足の締め付け方を調節できます。自分の足にフィットするよう調節できるため、歩いても疲れにくいことが特徴です。外出の多いビジネスマン向けの革靴となっています。
3つ目は、モンクストラップです。外羽式の一種で、外側にベルトとバックルがついています。このベルトとバックルで甲の高さを調節可能です。シングルとダブルがあり、ベルト・バックルの数がそれぞれ違います。華やかな印象になりますが、フォーマルなシーンでは使えないので注意しましょう。4つ目はホールカットです。これは革靴全体が1枚の革でできており、無駄な造形が一切ありません。装飾などがない分、シンプルな革靴です。派手なコーディネートが苦手な人に向いています。

 

スーツの色で選ぶ

革靴はスーツの色に合わせることで、コーディネート全体に統一感を持たせることができます。まず、黒のスーツに合わせる場合、同色の黒でも問題ありませんが、ブラウンやバーガンディ、ワインレッドなどもおしゃれに仕上がります。ただし、正装を求められるシーンでは、黒を合わせた方が無難です。グレーのスーツは、着ていけるシーンが豊富(ビジネスやパーティなど)なので、革靴の色でスーツの表情が決まります。色によって見た目の印象が異なるので、革靴は慎重に選びましょう。シーンに応じて革靴を選ぶことが大切です。

 

シューズのデザインで選ぶ

シューズには5つの種類があり、それぞれ見た目の特徴が異なります。プレーントゥはつま先部分に装飾が施されていません。シンプルなデザインなので、スーツを引き立たせる効果があります。ストレートチップは、つま先部分が横一直線で切り替えられているのが特徴となっており、クラシカルな印象を与えます。落ち着いた大人のコーディネートに適している革靴です。Uチップはつま先部分にU時のステッチが施されています。クラシカルでカジュアルな印象を与えるのでおしゃれを楽しみたい人向きです。
ウィングチップはつま先が鳥の翼のようなデザインとなっています。このデザインは歴史が長いため、クラシカルな風合いを演出できます。メダリオンはつま先部分に穴飾りがあるのが特徴です。ドレッシーな印象になるため、ドレスアップが必要なシーンに活用できます。

 

 

着用シーンで選ぶ

革靴はデザインやカラーごとに適切なシーンが決まっています。シーン別に合わせて選ぶことも大切です。まず、就職活動で履く場合は、内羽式のストレートチップが基本です。色は黒を選ぶことで、落ち着いた印象になります。ビジネスシーンでは、内羽式のストレートチップか、プレーントゥが一般的です。ある程度自由な服装も許されている職場の場合、モンクストラップやメダリオンなども許されるケースがあります。冠婚葬祭の場合は黒の内羽式ストレートチップ、結婚式ではモンクストラップやホールカットなどカジュアルな靴でも問題ありません。

 

足元にこそこだわろう!

革靴は選び方次第でスーツはもちろん、相手に与える印象も異なります。そのため、シーンごとやスーツのデザインなどに合わせて、こだわりの革靴を選びましょう。また、革靴にこだわるのであれば、ONLYで自分らしさを表現できるスーツにもこだわってみてはいかがでしょうか。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH