ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

スーツの着こなしは靴が命!シューズをいかしたコーデのポイントは?

2019/06/12

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

スーツの着こなしは靴が重要なポイントです。スーツをおしゃれに着こなすためには、どのようなシューズを合わせたらいいのでしょうか。シューズはデザインによってフォーマルかカジュアルかが限定されるアイテムなので、シーンに合わせて選ぶことが大切です。この記事では、スーツに合う定番のデザインと、シューズをいかしたコーデのポイントを説明します。

 

スーツに合うシューズの定番デザイン

シューズを選ぶときのポイントは次の3つです。

  • ・つま先のデザイン
  • ・甲の部分(靴ひもをとめる部分)のデザイン
  • ・シューズの色

 

フォーマルに向いているのか、カジュアルに向いているのか、この3点で印象が変わってきます。
まずはつま先のデザインについて。つま先のデザインには下記の種類があります。

  • ・ストレートチップ
  • ・プレーントゥ
  • ・ウィングチップ
  • ・Uチップ/Vチップ

このうち、スーツに合う定番デザインといえば、ストレートチップと、プレーントゥの2つです。ストレートチップは、つま先に横線が1本入っているデザインです。冠婚葬祭などのフォーマルな席や、食事会などの気軽でカジュアルな場面のどちらにも対応できます。最もフォーマルと言われ、ビジネスシーンにも最適です。
プレーントゥは、つま先に切り替えや、つなぎ目がないシンプルなデザインです。飾り気がないのでフォーマルな印象があり、ビジネスシーンでもよく履かれています。ストレートチップに比べると、プレーントゥのほうがややカジュアルな感じを与えます。
ウィングチップは、つま先部分にW型の切り替えがあり、お洒落感が高いデザインです。Uチップ/Vチップは、つま先にU字型、または、V字型の縫い目があるタイプ。いずれもカジュアルな印象が強いデザインです。

 

「内羽根式」と「外羽根式」の違いは?

次に甲の部分のデザインについて。ストレートチップやプレーントゥなどのつま先のデザインに加え、靴ひもをとめる部分(羽根)のデザインによっても雰囲気が大きく変わります。甲の部分のデザインは下記の種類があります。

  • ・内羽根式
  • ・外羽根式
  • ・モンクストラップ(ベルト式)
  • ・スリッポン(ひも、ベルト無し)

靴ひもでとめるのか、ベルトでとめるのか、ひももベルトもないものかの違いです。スーツに合わせるときは、靴ひもでとめる内羽根式か、外羽根式が定番です。
内羽根式は別名オックスフォードと呼ばれ、靴の甲よりも内側に靴ひもをとめる部分が潜り込む構造になっています。つま先から甲の部分が一体化しているように見えるのが特徴です。スマートなフォルムで上品な印象を与えるので、フォーマルな場面に適しています。
外羽根式は別名ダービーと呼ばれ、靴の甲の外側に靴ひもをとめる部分がついています。甲の部分の上に羽根がかぶさっているように見えるのが特徴です。羽根の部分が開きやすく、履いたり脱いだりがしやすいので、内羽根式に比べると、カジュアルな印象が強くなります。
甲の部分のデザインは他にも、モンクストラップと呼ばれるベルト式のものや、スリッポンと呼ばれるヒモもベルトも無いものがありますが、カジュアルな印象が強いので、フォーマルなシーンには向きません。

 

シューズを生かしたスーツのコーデ例

最後にシューズの色について。シューズの色は、フォーマルか、カジュアルかの印象が、それで決まってしまうほどの重要なポイントになります。フォーマルなシーンでは黒、カジュアルなシーンではブラウン系というのが一般的ですね。黒には、厳粛さや高級感があるのでフォーマルな印象に、ブラウンにはナチュラルなイメージがあるのでカジュアルな印象が強くなります。また、ブラウン系でも、濃いめのブラウンはフォーマルに近く、明るめのブラウンは、よりジュアルな印象を与えます。
ここからは、シューズの色に合わせたスーツのコーデを紹介します。黒いシューズには、グレー、ネイビー、ブラック、どの色のスーツをあわせても問題ありません。黒いスーツに黒いシューズを合わせれば、引き締まったスタイリッシュな印象になります。ブラウン系のシューズには、グレーのスーツを合わせると、程よくおしゃれなビジネスマンらしいコーデになります。濃いめのブラウンでも、明るめのブランでも相性がいいです。濃いめのブラウン系シューズなら、ネイビーのスーツがよく似合います。ファッションの本場イタリアではアズーロ・エ・マローネという言葉があり、青と茶色の組み合わせが、流行に左右されず、美しい配色とされています。ただし、明るめのブラウン系のシューズだと浮いてしまう場合もあります。
コーデに困った場合は、黒を基調にしてみましょう。シューズは、ストレートチップで内羽根式の黒いシューズが王道です。それに黒いスーツを合わせれば、スマートでスタイリッシュな印象を演出できます。ビジネスシーンでもフォーマルなシーンでも大丈夫。冠婚葬祭や就職活動でも問題ありません。

 

 

シーンに合わせたシューズでコーデを楽しんで!

スーツのコーデを考えるときは、シューズが重要なポイントとなります。フォーマルなのかカジュアルなのか、お洒落なのか野暮なのか、合わせるシューズで印象が変わったしまうからです。シューズのデザインと特徴をしっかりと把握して、シーンに合わせたシューズを選んでください。ONLYではスーツに合わせやすいシューズも豊富に扱っております。シーンに合わせたシューズでスーツのコーデを楽しんでください。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH