ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

さまざまなシーンで出番の多い「ジャケット」の正しい選び方とは!?

2019/08/30

  • スーツのシーン別マナー

 

スーツ以外のジャケットを、カジュアルかつおしゃれに着こなすためには、ジャケット選びがなによりも重要です。インナーやボトムスとの組み合わせを考えるのは後回しにして、まずは自分に合ったジャケット選びを成功させましょう。ここでは、初めてのジャケット選びを成功させるためのポイントを詳しく紹介していきます。

 

1.ジャケットはどういうシーンで着るもの?

メンズジャケットとなるとフォーマルな場でしか着られないというイメージを持つ人も多いでしょう。高級レストランなどのドレスコードがある場所ではジャケット着用が基本とされるため、そういったイメージが定着するのも無理のないことかもしれません。しかし、実は、ジャケットはフォーマルな着こなししかできないとのイメージはまったくの間違いといえます。なぜなら、ジャケットは、それ以外のさまざまなシーンでも活用できる有能なアウターだからです。
たとえば、ビジネスの場におけるオフィスカジュアルにもジャケットが重宝されます。オフィスカジュアルが認められていても、社外の人に会うシーンなどでは、会社の印象を良くするためにも清潔感、きちんと感を心がけたいものです。そんなときにジャケットを1枚羽織るだけで、あっという間に全方位に好感度高めの崩しすぎないビジネススタイルが完成します。目上の人との会食といったシーンでも、ジャケットがあれば服装面の失礼にはあたりません。カジュアルなパーティーでジャケットを着用すれば、さりげないフォーマル感を演出することもできます。
また、リッチな大人デートにもジャケットは不可欠です。ジャケットがあればレストランでもドレスコードに気が引けることなくデートを満喫できます。さらに、合コンや婚活パーティーといった出会いの場においてもジャケットスタイルは好感度が高いです。服装が初対面の第一印象を左右する部分もあるので、バランスの良いジャケットスタイルで好印象をゲットしましょう。

 

2.メンズジャケットはスーツのジャケットとどう違うのか

単品で売られているメンズジャケットと、スーツのジャケットは用途もデザインも別物です。ここでは、それぞれの違いを具体的に説明していきます。第1の違いはシルエットです。スーツのジャケットは肩パッドが入っており、着丈は長めで、カッチリして見えるつくりになっています。それに対して、単品のジャケットはウエスト部分がわずかにシェイプされたデザインのものが多く、ファッション性が高いといえます。着丈も短めで、お尻はかくれない長さが主流です。
素材にも違いがあります。単品売りのメンズジャケットは、麻などカジュアルに見える素材が使われているものもありますが、スーツのジャケットはウールなどフォーマル感のある素材が一般的です。

 

3.1枚目におすすめなジャケットの選び方

はじめてジャケットを選ぶなら、定番のタイプがおすすめです。定番のジャケットなら失敗するリスクが少なく、着回しもしやすいため、1枚目のジャケットとしてはベストといえます。

 

3-1.定番のネイビーは1枚は持っていたい

定番タイプのジャケットなら、カラーはネイビーがおすすめです。ネイビーは無難すぎて面白くないと思う人もいるかもしれません。しかし、無難とは多くの人の支持を得ているということでもあります。納得できる理由があるからこそ、定番カラーとして人気なのです。
ネイビーが定番カラーとして人気である大きな理由は、手持ちのアイテムと合わせやすいからです。ネイビーは組み合わせる色をほとんど選ばない落ち着いた色なので、はじめてのジャケットに選ぶにはうってつけでしょう。また、同じネイビーでも色の濃淡によって雰囲気が違ってきます。濃紺はスーツに使われやすい色なので、カジュアルシーンでも活躍するジャケットを選ぶなら青みがかった明るいネイビーがおすすめです。チノパンや白コットンパンツ、デニムなどのボトムスにもぴったりで、おしゃれにまとめることができます。
ちなみに、黒色も無難と思われがちですが、定番ジャケットとしては使いにくい色です。中間色とも調和しやすいネイビーとは違い、黒色はコントラストが強すぎるため、ボトムスやインナーの色によってはジャケットだけが不自然に浮いてしまいます。
ネイビーの定番ジャケットを選ぶ場合にはにも気を配りたいところです。ストライプやチェックは定番とは言いにくく、初めての1着にはふさわしくありません。インナーやボトムスにも合わせやすい、無地がベストです。また、ジャケットの生地も重要です。定番のジャケットとして着まわすなら、できるだけ光沢感がない生地をチョイスしましょう。光沢感があると、スーツのジャケットらしくみえてしまい、メンズカジュアルには合わせにくくなってしまいます。

 

 

3-2.正しく試着してサイズ感の合ったものを

ジャケットをきれいめカジュアルに着こなすために重要なのはサイズ感です。サイズ選びに失敗すると、どんな高級ブランドのジャケットでもイマイチになってしまします。スタイルを良くみせたいなら、肩幅と身幅がちょうど良い細身のジャケットがおすすめです。肩幅が大きいと袖が不自然に長くなってだらしなく見えますし、借り物を着ているかのような印象を与えます。また、身幅が太いジャケットは着ぶくれて見えますし、全体的に老けた印象に仕上がります。
ジャケットの丈も重要です。ベルト下から足の付け根の中間の着丈になるジャケットを選びましょう。着丈がお尻よりも下になると、スーツ感が出てしまいます。また、長すぎる着丈のジャケットはバランスが難しく、一歩間違えると胴長短足に見えてしまいがちです。
男らしい逆三角形のボディラインをさりげなく強調するなら、ウエストラインがゆるやかにシェイプされたデザインのジャケットを選びましょう。ウエストがシェイプされていれば腕とウエストの隙間ができるため、自然なスタイルアップがかないます。

 

定番のジャケットは上質の素材で長く大切に

着回し力の高い定番ジャケットは、丈夫で質の良い素材で仕立てられたものを選ぶのが、型崩れを防いで長持ちさせるためのポイントです。品の良いデザインと生地の質、両方を兼ね備えたONLYのジャケットならフォーマル、セミフォーマル、カジュアルとシーンを選ばず活躍します。豊富な種類のジャケットがそろっているので、自分だけのベストな一着を見つけるならONLY以上の選択肢はないでしょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH