ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

結婚式での白ジャケットはマナー違反?ドレスとの合わせ方を知ろう!

2019/07/26

  • スーツのシーン別マナー

 

結婚式において参列者が白のドレスを着用することはマナー違反だと言われています。では、ジャケットなどの羽織ものを白にすることもいけないのでしょうか。そこで、結婚式に参列する場合に白のジャケットを着用してもいいのかどうかを解説します。あわせて、ドレスとジャケットの最適なコーディネート方法も紹介していきます。

 

結婚式で白がマナー違反となる理由

結婚式において白のドレスを着用することができるのは、主役の花嫁だけです。参列者は白のドレスを着用してはいけません。その理由は主役である花嫁よりも目立ってしまうのを防ぐためです。しかし、若い人や結婚式に初めて参列する人の中には、マナー違反であることを知らない人もいます。知らずに白のドレスを着用して結婚式に出席すると、主役である花嫁の晴れの舞台に水をさすことになるので、気をつけるようにしましょう。
花嫁よりも目立ってはいけないからと言って、地味な服装で参列するのもせっかくのお祝いの席にはふさわしくはありません。参列者は基本的にはカラフルな色のドレスを着用するのがいいでしょう。なぜならば、花嫁の白のドレスを引き立たせることができ、また結婚式場を華やかな雰囲気にしてくれるからです。

 

ジャケットなどの羽織ものも白はマナー違反?

参列者が全身白一色のドレスを着用することはマナー違反になります。また、上半身だけとはいえ、ジャケットなどの羽織ものも白を選択することは避けたほうがいいとされています。なぜならば、結婚式では参列者は椅子に座った状態でいることが多いからです。記念撮影も全身ではなく、上半身だけという場合が多いのです。上半身しか見えていない状態で、白のジャケットを着ていると、他の参列者から全身白の服装をしていると勘違いされてしまいます。また、白のドレス姿の花嫁を引き立たせることもできません。
とはいえ、カラフルなジャケットを着用するのは色味が不安な場合もあるでしょう。その場合、白っぽいジャケットをおすすめします。一昔前は白だけでなく白っぽい色は避けるほうが良いとされていました。しかし、近頃ではアイボリーやベージュやシルバー、シャンパンカラーのジャケットであれば、着用してもマナー違反にはならずに済むのです。

 

マナー違反となるジャケットを知っておこう!

結婚式に参列する際の服装には、白のドレスを着用しないこと以外にもさまざまなマナーがあります。まずマナー違反の服装としては、デニムやニットなどの素材を使ったジャケットが挙げられます。なぜならば、カジュアルな装いをしているように見えてしまうからです。友人の結婚式で身内だけの参列であったとしても、結婚式はフォーマルな場です。きっちりとした感じのジャケットを着用して参列しないと、マナーを知らないとみなされてしまいます。たとえば、光沢のあるサテンやシャンタンの素材を使ったジャレットであれば、華やかでありながら、フォーマルな場にふさわしい装いと言えます。
次に、毛皮や皮などの素材を使ったジャケットもマナー違反です。なぜならば、素材から殺生を連想してしまうからです。そのため、昔から結婚式というおめでたい場には避けたほうが良いとされてきました。この他にも、派手すぎる色やデザインのジャケットも避けたほうがいいでしょう。場合によっては周りから浮いてしまい、主役である花嫁よりも目立ってしまうからです。

 

 

ドレスとジャケットの合わせ方を紹介!

ドレスに合うジャケットの選び方には、ポイントがあります。まず、ジャケットのデザインです。せっかくのドレスの装飾を隠してしまうようでは意味がありません。ドレスを引き立たせてくれるようなデザインのジャケットを着用するようにしましょう。たとえば、ドレスがかわいらしいデザインのものだとしたら、襟つきのジャケットがよいでしょう。なぜならば、かわいらしさの中にもきっちりとした大人っぽい印象を醸し出すことができるからです。
逆に、大人っぽいシンプルなドレスの場合は、襟なしのジャケットをおすすめします。襟つきのジャケットを着用すると、どうしてもビジネススタイルのように見えてしまうからです。その点、襟なしのジャケットであれば、ドレスがシンプルでも女性らしい優しい印象を与えることができます。
また、ドレスがピンクベージュやパステルブルーなどのかわいい色の場合は、黒のジャケットが最適です。黒がドレス全体を引き締めて、大人っぽい落ち着いたイメージを演出してくれるからです。注意したいのが、黒のドレスに黒いジャケットを着用してしまうことです。なんとなく喪服をイメージさせてしまうため、結婚式の場では縁起が悪いとされています。全身黒になってしまう組み合わせは、避けたほうがいいでしょう。

 

マナーを尊重してジャケットを選ぼう!

フォーマルな場である結婚式では、マナーをしっかりと守った服装で参列することが重要になります。ONLYでは、結婚式で活躍できるジャケットを豊富に取り揃えております。マナーを守りながらも、オシャレも楽しめるようなお気に入りの一着を見つけるために、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH