ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

カジュアルなジャケットを着たい!選び方や着こなし方を教えて!

2018/08/29

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

私服としてジャケットを着こなしたいと考える男性は多いと思います。ジャケットスタイルと一言でいっても、その種類は実にさまざまです。定番のテーラードジャケットから、見た目が似ているイタリアンカラージャケット、カジュアルに特化したデニムジャケットまで多くの種類があり、どんなものを選べばよいか悩んでしまいます。買ってはみたものの着こなしが難しく、クローゼットに眠ったままという人もいるのではないでしょうか。今回は、好印象に着こなせるカジュアルなジャケットの選び方や、おしゃれな着こなし方について詳しく紹介します。

 

おしゃれなジャケットにはどんなものがある?

 

ジャケットには、さまざまな種類があります。もっとも一般的なジャケットが「テーラードジャケット」です。スーツのような形のジャケットを総称したのが「テーラードジャケット」で、「テーラー」とは「仕立屋」という意味を持ちます。シャツだけでなくカットソーやニットとの相性もよく、あらゆるジャケットのベースとなっています。かっちりした印象のテーラードジャケットは、どんなアイテムと合わせても、きれいめな印象を与えることができます。「ショールカラージャケット」も根強い人気があります。
「カラー」は英語で「襟」のことで、ショールカラーとは「ヘチマ襟」を指します。ヘチマ状に細長く折り返って曲線的に作られた一枚襟で、ショールをかけたような形の襟であることから呼称されています。時代に左右されないベーシックなスタイルで、エレガントな雰囲気と洗練されたクラシックなイメージを醸し出します。タキシードでよく見られるのが、このヘチマ襟です。「イタリアンカラージャケット」は、立たせた襟と胸元のVゾーンに特徴があります。イタリアンカラーとは別名「ワンピースカラー」とも呼ばれ、台襟(襟の土台となる帯状の部分)がなく第一ボタンから襟先にかけて立ち上がったスタンド襟のことです。エレガントな印象で、首元にボリュームが出るので小顔効果も期待できます。「スタンドカラージャケット」は、その名のとおり襟が立っているデザインのジャケットです。男らしさをアピールできるほか、さりげなくラフな雰囲気を演出することもできます。スタンドカラーはビジネスコートでは定番の襟型です。今やカジュアルの定番として欠かせないのが「デニムジャケット」です。どんなアイテムにも合わせやすいデニム素材のジャケットは、アウターとしてもインナーとしても使えるため、一年を通して着回せる便利なアイテムといえます。初めてデニムジャケットを購入する場合は、合わせやすいインディゴを選びましょう。

 

ビジネスシーンのスーツとの違いって?

スーツ向きのジャケットと、カジュアル向きのジャケットはどう違うのでしょうか。一般的に、ビジネスシーンで着用されるジャケットの場合、肩パッドが入っていたり、生地に艶があったりします。着丈が長めに作られていることも特徴です。一方、カジュアル向きのジャケットの場合、肩パッドがないかあるいは薄めです。艶のない生地で、着丈は短めに作られています。

 

カジュアルなジャケット選びのポイント

カジュアルなジャケットを選ぶ際のポイントとしては、まずサイズが合ったものを選びましょう。これはジャケットだけでなく、どのアイテムにもいえることです。特に、フォーマルな印象の強いジャケットは、サイズが合っていないと野暮ったくだらしない印象になってしまいます。きれいなシルエットを出すためには、自身のサイズに合ったジャケットを選ぶことが大切です。つぎに、着こなしやすい色や柄を選びましょう。無地の紺やグレー、黒が定番です。これらの色や柄が無地のジャケットはどんなアイテムとも合わせやすく、コーディネートもしやすいですから、初心者の人でも安心です。少し難易度は高くなりますが、大きく柄の入ったものを着こなすという方法もあります。デザイン性の高いウィンドウペンチェックは、上品なうえにタウン向きのカジュアルさをあわせ持った柄です。このようなジャケットには、スタンダードな清潔感のあるシャツや、シンプルなボトムスを組み合わせるとコーディネートが引き締まります。さらに、季節に合った生地を選ぶことも大切です。春夏はコットンやリネン、秋冬はウールやツイードといったように季節感のある生地を選びましょう。麻混のざっくりした風合いのジャケットは暑い季節に特化した素材感で、見た目も涼しげです。ジャケットは、ファッションアイテムのなかでも目立つアイテムなので、色や柄だけでなく、生地の種類によっても印象が大きく変わります。

 

カジュアルなジャケットを着こなすポイント

ジャケットを着こなすポイントは、まず、全身のシルエットを意識することです。ジャケット単体ではなく、全身のシルエットとバランスが重要になります。「Iラインシルエット」と「Aラインシルエット」、この2つのシルエットを押さえることが、おしゃれなコーディネートの基本です。サイズの合ったテーラードジャケット×細身のパンツの組み合わせが「Iラインシルエット」です。スーツのようなスマートな印象で、女性からも好印象な着こなしです。スタイルをよく見せたり、大人っぽく見せたりしたいときはIラインシルエットを意識しましょう。一方、細身に整えた上半身×ゆったりしたボトムスで下半身にボリュームを出すのが「Aラインシルエット」で、アルファベットのAに似ています。ジャケットのAラインコーデは、男性らしさや大人の雰囲気を醸し出します。ワイドパンツなどでコーディネートするので、脚の太さが気になる人にもおすすめのシルエットです。つぎに、色のポイントとして「全身をモノトーン」あるいは「モノトーンと有彩色1つ」でまとめます。この色使いのルールを押さえれば、ぐっとおしゃれなコーディネートを楽しむことができます。
全身をモノトーンにする場合は、白・黒・グレーの色のみでまとめたモノトーンコーデがおすすめです。きれいめになりすぎないように、トップスにTシャツを合わせるなどしましょう。有彩色とは、白・黒・グレー以外の色を指します。モノトーンと有彩色1つでまとめる場合は、白・黒のモノトーンに有彩色であるベージュを取り入れてみましょう。有彩色でも落ち着いた色味のアイテムを合わせることで、大人の雰囲気をキープできます。さらに、パーカーやTシャツ、スニーカーなどカジュアルなアイテムを取り入れると、こなれ感が出ます。スーツが原型であるテーラードジャケットは、きちんとしたフォーマル感が強いアウターです。カジュアルアイテムを合わせれば、タウンでおしゃれに着こなすことも可能です。

 

ジャケットをかっこよく着こなそう!

定番で人気のテーラードジャケットをはじめ、スタイリッシュで個性的な襟のジャケットは、メンズのおしゃれに欠かせないアイテムです。女性からの好感度も高いので、着こなすポイントを参考にしつつ、自分なりにかっこよく着こなしてみましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH