ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

未分類

蝶ネクタイの種類は何がある?素材・デザインやコーディネートを解説

2019/11/18

  • スーツTips(豆知識)

 

蝶ネクタイは着用する機会が少なく、種類や色、柄などのマナーを学びにくいネクタイだといえます。これから結婚式や二次会、ビジネスの場で試したいと考えている人は、早めに蝶ネクタイ着用のマナーを身に付けておくとよいでしょう。今回は、蝶ネクタイの種類や素材・デザインに関する基礎知識、そしておしゃれに見せるためのコーディネートを紹介していきます。

 

1.これだけは知っておきたい!蝶ネクタイの基礎知識

蝶ネクタイといえば、披露宴や二次会、パーティーなどのドレスコードがフォーマルなシチュエーションでの着用が一般的なアイテムです。結婚式で着用する場合は、白やシルバー、黒、淡いパステルカラーなど、目立ちすぎない無難な色のものを選ぶのがマナーとされています。そして、80年代からのボウタイ、すなわち蝶ネクタイのブームによって、カジュアルなシーンでも広く使われるようになりました。着崩したものや可愛らしさを演出するものなど、カジュアルな蝶ネクタイスタイルが人気を集めています。ビジネスシーンで着用しても問題はありませんが、フォーマルな場でないのであればエナメル素材ではなくニット系やフェルト系の素材のものを選ぶのがよいでしょう。

 

2.人気かつ定番!蝶ネクタイの形状は4種類

蝶ネクタイの形状には主に、バタフライ、セミバタフライ、ストレートエンド(バットウィング)、ポインテッドの4種類があります。この段落では、それぞれの形状の特徴について順番に紹介していきます。

 

2-1.バタフライ

バタフライは、リボン先端の縦幅が7.6~8.9cmと大型になっている形状の蝶ネクタイです。羽を広げた蝶のように見えることからこの名前が付けられました。最も伝統的かつフォーマル、そしてオーソドックスな形状とされており、格式の高い会場での結婚式などには最適なタイプです。

 

2-2.セミバタフライ

セミバタフライはバタフライとほとんど同じ形状になっていますが、リボン先端の縦幅は5.7~7cmと小さめです。バタフライのように目立ちすぎることがなく、服と合わせやすいサイズなので、最も人気が高いタイプでもあります。着用することで、コーディネート全体にスマートでスタイリッシュな印象を与えることができるでしょう。

 

2-3.ストレートエンド(バットウィング)

ストレートエンドでは、リボン先端の縦幅が3.8~5.1cmと小さめに絞られています。バットウィングとも呼ばれていますが、形がコウモリに似ていることがその呼び名の由来となっています。4種類の形状の中ではフォルムが最もほっそりとしていて、カジュアルな印象を与えるタイプの蝶ネクタイです。

 

2-4.ポインテッド

ポインテッドは、リボンの両端が山なりにとがっている、特徴的な形状の蝶ネクタイです。個性を強く押し出すことのできる形状なので、カジュアルな場で遊び心を出したいといった場合に適したタイプだといえるでしょう。

 

3.蝶ネクタイの人気素材は3種類

蝶ネクタイに使われる素材で人気を集めているのは、シルク、ウール、コットンの3種類です。この段落では、それぞれの特徴を順番に紹介していきます。

 

3-1.シルク

シルクは生地自体に自然な光沢感があるため、高級感を演出することができる素材です。結婚式やパーティーで、タキシードやブラックスーツなどのフォーマルなスタイルに合わせるには最適なタイプだといえます。さまざまな色や柄のものを選べるので、シーンに適したデザインの蝶ネクタイを選ぶことが大切です。

 

3-2.ウール

ウールとは羊毛の天然繊維のことで、季節感が演出しやすいという特徴のある素材です。春夏に寒色系のものを選べば清涼感がある印象に、秋冬に暖色系のものを選べば暖かみのある印象にすることができます。長所は通気性・撥水性に優れていて汚れにくいということですが、洗濯で縮んで型崩れしやすいので扱いには注意が必要です。

 

3-3.コットン

コットン、つまり綿は身近な服にもよく使われているので、親しみやすい素材だといえます。染色しやすく、さまざまな色や柄が出せるという特徴があり、3種類の中では最もカジュアルファッションに適しています。

 

4.蝶ネクタイをおしゃれに着用するためのコーディネートとは?

蝶ネクタイとベストは相性が良く、お互いに合わせやすいアイテムです。首のワンポイントになる蝶ネクタイは一般的なネクタイに比べると胸元が寂しくなってしまいがちですが、ベストと合わせればカバーすることができます。また、蝶ネクタイとポケットチーフの色を合わせることで、統一感を出しておしゃれな雰囲気を演出する方法も効果的です。結婚式の場合、フォーマルなスーツと合わせることになるので、シルクの無地といったような高級感あるデザインのものが定番となっています。
反対に、カジュアルな服装のときは蝶ネクタイだけが浮いてしまう恐れがありますが、コットンやウールのものにすると違和感が出にくいでしょう。オーダースーツのONLYでは、シンプルな無地のものやビビッドカラー、ポイント柄のものなど、種類豊富な蝶ネクタイを用意しています。多様なデザインの蝶ネクタイをそろえて、さまざまなシチュエーションでおしゃれを演出してみるとよいでしょう。

 

 

シチュエーションごとに蝶ネクタイをおしゃれに着こなそう

蝶ネクタイは、フォーマルだけではなくカジュアルなシチュエーションにも対応してくれる万能型のアイテムです。豊富なバリエーションの中から、それぞれのシチュエーションに適した蝶ネクタイを選んでおしゃれに着こなしましょう。蝶ネクタイを探すときは、柄や色、形などの種類が豊富でおしゃれな商品を取り扱っているONLYに足を運んでみてはいかがでしょうか。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH