ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

オーダースーツを納得の1着に!満足を得るためにこだわりたい点とは?

2019/11/26

  • スーツTips(豆知識)

 

オーダースーツの魅力といえば、体にフィットするサイズ感や自分なりのこだわりを形にできる点ですよね。ジャケットやパンツの全体的なシルエットや細かい部分、色や柄が選べることはもちろん、機能性についてもこだわりを持ちたいところです。この記事では、オーダースーツを作るときにこだわりたい点はどこなのかについて解説します。

 

上着のこだわりポイントは?

スーツには、イギリス系やイタリア系、アメリカ系といったモデルの違いがあります。イギリス系は、胴まわりが絞られていてスタイリッシュなものとなっています。アメリカ系はボックス型であり、貫禄のある印象になるため中高年層や社会的立場がある程度上の人に好まれるのが特徴的です。イタリア系は胸元のVラインがシャープであり、ボタンの位置が他のモデルよりも下になります。店によって扱っているモデルが異なるため、基本的にはどのモデルが好みかを考えてオーダーする店を選ぶのがおすすめですよ。
襟の形やボタンの数、ポケットの形など、上着をオーダーするうえでこだわることのできるポイントは多くあります。ビジネスシーンで着用されるスーツの襟の形は、ノッチドラベルが一般的です。ピークドラペルやセミピークドラペルなどの襟の形は、パーティーなどで用いられます。どのようなシーンで着用するスーツがほしいのかによって、襟の形を変えるようにしましょう。ボタンの数は、横に1列のものをシングル、2列のものをダブルと呼びます。ビジネスシーンでの着用ならば、シングルタイプでボタンが1つか2つのものが一般的です。ダブルタイプのスーツはボタンが4つか6つであり、就職活動などのシーンで着用されることが多くなります。ディテールについては、オーダーする店によって選択できるものが異なります。自分がこだわりたい部分はどこなのかをはっきりさせてから、実現可能な店を選ぶようにしましょう。

 

パンツでこだわれるポイントは?

パンツでこだわりを活かせる部分は、タックの数と裾の折り返しです。丈が長いか短いかについては、こだわりというよりも着用シーンに合うか合わないかがポイントになります。足首が見えるような短い丈はプライベートシーンならばよいですが、ビジネスシーンでは用いられないということを頭に入れておきましょう。タックとは、腰まわりの余分な布を引き締めるための折り目です。タックのないパンツをノータックと呼び、美しいシルエットからスリムなスーツとの相性が抜群です。しかし、ノータックよりもタックが入っていたほうが、腰まわりに余裕があって動きやすいという特徴があります。
学生時代にスポーツをやっていた人などは、ヒップに筋肉がついていて細身であってもウエストとヒップの差が大きい場合がありますよね。若いうちはノータックなどと決めつけることなく、自分の体型を一番きれいに見せる形を選ぶのがおすすめですよ。腰まわりに適度なゆとりができるワンタックは、脚を長く見せる効果も期待できます。裾の折り返しは、シングルが基本です。ビジネスシーンやパーティーなど、さまざまなシーンで着用することができます。

 

色や柄についてのこだわりは?

ビジネスシーンを中心として幅広く着用できるのは、無地またはピンストライプのスーツです。ストライプが太くなると、着こなしが難しくなることに注意しましょう。スーツの定番色は、ブラックやネイビー、ダークグレーです。ダーク系の色は、合わせるネクタイやシャツを変えることで着まわしやすいのが利点ですね。持っているスーツの数が少ない人は、定番色から選ぶのがおすすめです。無難な無地やピンストライプでは物足りないと感じるまたは定番色はすでに持っているのであれば、織り柄の入った生地などはいかがでしょうか。織り柄の入った生地は、光の当たり具合で風合いが変わって見えますし、遠くからでは無地のように見えても近づくと柄が見えるので味がありますよ。

 

 

機能性についてもこだわりたい

機能性を持ったオーダースーツを選ぶと、着心地や手入れの面で差が出ます。伸縮性のあるストレッチスーツは、動きやすくてフィット感がよいですよね。通常のスーツよりも軽量に作られているものは、長時間着用していても疲れにくいというメリットがあります。ほとんど毎日スーツを着て過ごすような職種の人には、伸縮性や軽量モデルがおすすめです。
撥水性のある生地で作られたスーツは、突然の雨でも小雨くらいなら弾くことが可能ですし、泥はねなどによる汚れがつきにくくなっています。防シワ加工が施されたスーツは、畳んで持ち歩いてもシワになりにくいため出張や旅行に安心して持っていくことができますよね。ウォッシャブル加工が施されたスーツは家の洗濯機で洗えるため、汗をかきやすい季節でもにおいの心配をすることなく気持ちよく着られます。速乾性や通気性などは夏向けのスーツに多い機能であり、汗が多く出る人には嬉しい機能ですよね。

 

オーダースーツでこだわりを形にしよう

オーダースーツを作るのならば、既製品では実現できないこだわりを取り入れるのがおすすめです。自分の体に合わせたスーツを作ることはもちろん、デザインや機能性にも自分らしさを出したいところですよね。ONLYのオーダースーツで、自分なりのこだわりを形にしてみてはいかがでしょうか。自分に合うモデルがわからない場合やどこにこだわりを出すか悩んでいる場合も、ONLYに相談しましょう。

オンリーのオーダースーツについてはこちら

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH