ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

披露宴での服装の悩み!ゲストにふさわしいのは?

2018/06/07

  • スーツのシーン別マナー

 

披露宴に招待されたときに多くの人が悩みがちなのが服装です。新郎新婦を祝福するために出席する以上、マナー違反にならないように気をつけなければなりません。ドレスやスーツにはさまざまな種類がありますが、着て行って良いものは限られています。オンリーでは着て行けるスーツを用意していますが、披露宴のスタイルなども考慮したうえで、適切なものを選んでほしいと思っています。もちろんネクタイやシャツ、靴なども、ふさわしいものを選択することが大切です。そこで今回は、披露宴の正しい服装のマナーや注意点について解説します。また、おすすめの服装に関しても男女別にまとめました。

 

女性ゲストの服装マナーは?

女性が披露宴に出席するときは、フォーマルウエアを着用するのがマナーです。フォーマルウエアというと正礼装であるアフタヌーンドレスやイブニングドレスが代表的ですが、準礼装であるセミアフタヌーンドレスなども失礼にはあたりません。披露宴のスタイルによっては、むしろ正礼装でないほうが良い場合もあります。たとえば、レストランのようなカジュアルな会場で行われる場合、格が高すぎる服装は場違いになってしまうからです。そのような会場では準礼装で問題はありませんし、インフォーマルウエアと呼ばれる略礼装でも大丈夫です。色に関しては、白以外を選ぶ必要があります。新婦のウエディングドレスより目立つと失礼にあたるからです。また、ファー素材が使われているものも避けなければなりません。殺生をイメージさせるので、2人の門出を祝福する場にはふさわしくないと考えられています。夫婦で出席する場合は、服装の格をそろえるのが望ましいです。たとえば、夫がタキシードなら妻はイブニングドレスを選びましょう。同系統の色を選んだり、小物もそろえたりすると、さらに格が同じように見えるのでおすすめです。

 

男性ゲストの服装マナーは?

男性の場合は、ディレクタースーツやブラックスーツに白いネクタイなどを合わせた洋装で出席しましょう。オンリーではそのようなスーツも多く扱っています。これらは一般的に礼服と呼ばれており、披露宴に着て行くのにふさわしい服装です。会場が格式のあるホテルであったりスピーチを頼まれていたりする場合は、特に格の高いタキシードを着て行く人もいます。どこで開催されるときでも、基本的にはビジネススーツは避けたほうが良いです。
ビジネススーツの人も見受けられますが、あくまでも礼服を用意できない場合の代用品として考えておきましょう。礼服が真っ黒であるのに対して、ビジネススーツは黒であっても少し灰色を帯びた色合いになっています。そう言われると、シャツも真っ黒のほうが良いと思うのではないでしょうか。しかし、暗いイメージになってしまうのでお祝いの席には向いていません。黒いシャツはNGだと覚えておいてください。一方で、靴下に関しては白いものは好ましくなく、黒いソックスを合わせるのがマナーとされています。このように、色に配慮することも重要なポイントなので、ややこしいと思いますが間違えないように注意しましょう。

 

おすすめの服装!女性の場合

昼の披露宴に出席する女性は、上品に見えることを重視しましょう。光沢のないシンプルなアフタヌーンドレスを着ると、そのように感じてもらいやすいです。個性を出したいなら、流行を取り入れられるセミアフタヌーンドレスをおすすめします。夜間の場合は、イブニングドレスで艶やかな大人の女性らしさを演出すると良いです。和装もフォーマルな服装なので、披露宴に着て行っても構いません。ただし、目立ちすぎないように控えめな色のものを選択してください。また、女性の場合は年代によっても、おすすめの服装が変わります。20代なら会場に華を添えられる服装を選びましょう。淡いピンク系のトップスをコーディネートすると華やかな印象になります。30代の女性は、華やかさだけでなく品があることも重視されるので注意が必要です。ベージュを基調とするドレスは、品があって肌も明るく見えます。40代の場合は、新郎新婦との間柄や開催の時間帯を考慮した服装を選ぶことが大事です。たとえば親族なら、アフタヌーンドレスや留袖といった上品なものがおすすめです。夜間に行われる友人の披露宴には、黒系のアシンメトリードレスなどが適しています。

 

おすすめの服装!男性の場合

ディレクタースーツやブラックスーツは堅苦しすぎない準礼装であるため、会場のスタイルに関わらず着用できるというメリットがあります。オンリーでも、どのスタイルにも合う汎用性の高いものが多いです。どれであっても、カラフルなシャツは避けて、白で無地のものを選ぶのが基本になります。ただし、カジュアルな会場であれば、薄いカラーシャツ程度なら大丈夫です。ネクタイも目立つ色ではなく、基本的には白のものを選びましょう。シルバーも白系としてフォーマルな色であり、うまく合わせるとおしゃれに見えるのでおすすめです。履物に関しても、ただ黒い革靴を選べば良いというものではありません。選択のポイントになるのは爪先のデザインです。縫い目が横一文字の形状になっているタイプはストレートチップと呼ばれ、フォーマルな場にふさわしいとされています。また、爪先のデザインがシンプルで装飾のないタイプも披露宴に履いて行けます。呼称はプレーントゥであり、ストレートチップより与える印象は少しカジュアルです。自分が主賓でないなら、こちらを選んでも特に支障はありません。どれだけスーツやシャツに気を使っても、足元のマナーが正しくなければ台無しになるので気を抜かないでください。

 

迷いがちな披露宴の服装!マナーを守って選べば安心

披露宴に招かれる頻度は人によって異なります。ほとんど出席した経験がないという人もいるでしょう。そのような人は何を着て行けば良いのか迷いやすいです。逆に、招待される機会が多い場合も悩みやすいのではないでしょうか。共通のゲストの目が気になるので、同じものを着て行くのに抵抗があるからです。どちらにせよ迷ったときに重要なのは、マナー違反にならないように気をつけて選ぶことです。言い換えると、マナーを知っていると自分が着るべき服装が分かりやすくなります。安心して選択できるようになるうえに、失礼にあたらない範囲でアレンジを加えて個性を出すことも可能です。オンリーのスーツは、そのようなアレンジも加えやすくなっています。今回紹介したポイントを押さえておけば、急に招かれたときでも慌てずに済みます。ぜひ披露宴に着て行く服装のマナーについて把握しておいてください。

 

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH