ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

ネクタイの結び方はたくさんある!?種類を徹底解説

2018/08/29

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

ネクタイは、スーツスタイルの必需品ともいえるアイテムです。そして、ネクタイの見た目は、スーツと同様に周囲に与える印象にも大きく影響します。そんなネクタイの結び方は、結び目が逆三角形のような形になるプレーンノットが一般的です。しかし、ネクタイの結び方にはほかにもさまざまな種類があり、それぞれに特徴が異なります。そのため、結び方の種類をしっかり把握しておけば、周囲に与える印象をよりコントロールしやすくなります。また、シーンに応じて結び方を使い分けることで、効果的におしゃれ感を演出することも可能です。そこでこの記事では、ネクタイの結び方の種類について詳しく解説していきます。

 

ネクタイは結び方が豊富!種類によって何が変わる?

ネクタイの結び方には、簡単なものから特殊なものまで、豊富な種類があります。そして、結び方を効果的に使い分けることで、主に2つのメリットを得ることができます。1つ目のメリットは、周囲に与える印象を変化させられるという点です。ネクタイの結び目は顔のすぐ下にあるので、自然と対面した相手の視界に入りやすくなります。ですから、ネクタイの結び方を変えると、周囲の人間の視覚情報に変化を与えることが可能です。その結果、周囲に与える印象も変化し、ネクタイを着用する人自身のイメージをコントロールすることにつながります。特に、メイクによる印象の変化が難しい男性にとって、ネクタイの結び方は重要なおしゃれポイントとなります。2つ目のメリットは、シーンに適した結び方を使い分けられるという点です。ネクタイの結び方には、ビジネス向きのものもあれば、フォーマル向きやカジュアル向きのものもあります。それぞれのシーンに合ったものを選択することで、コーディネートの統一感を生み出すことができます。また、身だしなみを整えるというマナーの観点からも、適切な結び方を選ぶのがおすすめです。注意したいのは、ネクタイの結び方は種類によって、難易度が違うことです。まずは簡単なものから試していって、慣れてきたら徐々に難しい結び方に挑戦するようにしましょう。

 

ビジネス向きの結び方5選

ネクタイの結び方のうち、ビジネス向きのものは主に「プレーンノット」「ダブルノット」「ウィンザーノット」「ハーフウィンザーノット」「スモールノット」の5つです。「プレーンノット」は、ネクタイの結び方のなかでベーシックな結び方となります。結び目は固く小さくなるのが特徴で、一般的なレギュラーカラーのシャツとよく合います。また、どんなスタイルにも合わせやすいのもメリットです。結び方が簡単なので、ネクタイ初心者はまずプレーンノットから始めてみましょう。基本的な結び方ながら手抜きに見えるわけではないので、仕事や就職活動などでも問題なく使えます。ディンプルと呼ばれるえくぼを作ることを意識すると、立体的に仕上げることが可能です。結び目がゆるかったりシャツのボタンを開けて結んだりすると、だらしなく見えるので気をつけましょう。
「ダブルノット」は、プレーンノットと同じく定番の結び方です。結ぶ工程自体もプレーンノットとよく似ており、いろいろなスタイルに合わせやすいので初心者でも挑戦できます。プレーンノットよりも一回り大きな見た目となり、結び目が縦に長くなるのが特徴です。二重に巻いて結ぶので横から見た際の厚みが生まれ、シルエットそのものにも重厚感が生まれます。結び目の安定度が増すのも、ダブルノットの魅力です。「ウィンザーノット」は、結び目が正三角形に近く、かなり大きいのが特徴です。難易度の高い結び方ですが、紳士的な雰囲気を演出できるというメリットを持ちます。襟が大きめのシャツや、襟開きの角度が広いワイドカラーに適しています。顔や体型が小さい人は、結び目とのバランスを取りづらいことがあるので注意しましょう。「ハーフウィンザーノット」は、ウィンザーノットのふくらみを抑えた結び方です。ウィンザーノットと同様、結び目は正三角形に近い形になります。ふくらみを抑えられるぶん、厚手のネクタイで結ぶのに適しています。さまざまなシャツの襟に合わせることが可能で、とりわけワイドカラーにぴったり合います。ネクタイに存在感が出るので、インパクトを強める効果が期待できます。「スモールノット」は、その名のとおり、結び目が小さく仕上がる結び方です。王道の結び方のひとつで、難易度もそれほど高くありません。レギュラーカラーやウィンザーカラーと相性がよく、背が高い人や首が太い人、大きな結び目が苦手な人などにおすすめです。全体的なボリュームが抑えられるため、生地の厚いネクタイと合います。

 

上級者向きの結び方5選

上級者向けの結び方には、「クロスノット」「ニッキーノット」「エルドリッジノット」「トリニティノット」「メロビジアンノット」などがあります。「クロスノット」は、結び目部分に斜めのラインが入るおしゃれな結び方です。大人のちょっとした遊び心を表現したような結び方で、インパクトを強めることができます。カジュアル寄りのシーンに適しており、個性的なおしゃれ感を演出したい人におすすめです。無地などのシンプルなネクタイを使用することで、インパクトのある結び目をより際立たせることができます。「ニッキーノット」は、エレガントな見た目が魅力です。結び目の大きさはプレーンノットとハーフウィンザーノットの中間ぐらいで、周囲に与える印象を少し強くしたい場合に適しています。通常の結び方と違い、裏向きにしてシャツの襟に通していくのが特徴です。結婚式・葬式・就職活動・学校生活など、幅広いシーンで使うことができます。
「エルドリッジノット」は、個性的で高級感のある結び方です。結ぶというより織り上げるといったイメージに近く、難易度も高めとなっています。折り返しの数が多く複雑でもあるので、きつめに結んでいくのがコツです。強い印象を持つシルエットに特徴があることから、なるべくシンプルなネクタイを選ぶのが基本です。パーティーなどの華やかな場で注目を集めやすくなります。「トリニティノット」は、三位一体を意味する名前にふさわしく、3つの面が折り重なった結び目が特徴となっています。複雑なシルエットでありながら広く太めに仕上がるため、柄物のネクタイにも合います。おしゃれでエレガントな雰囲気を演出するのにうってつけです。「メロビジアンノット」は、映画「マトリックス」に登場するメロビジアンにインスパイアされ、生み出されたとされる結び方です。通常の結び方とは異なり、ネクタイの小剣が大剣よりも前に来るので、個性的で存在感のある仕上がりになります。一見奇抜ですが、上品な印象を演出できるのも魅力です。柄物はもちろん光沢感のあるネクタイにも合うため、パーティーシーンなどで使ってみましょう。

 

自分好みのネクタイの結び方をマスターしよう!

 

ネクタイの結び方にはたくさんの種類があり、最低限のマナーさえ守れば、自分好みに選択することができます。最初はシンプルで難易度の低いものから試してみましょう。そして、少しずつ個性的な結び方に手を伸ばしていくのがおすすめです。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH