ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

結婚式の受付を任された!どんな服装をすればいいの?

2018/09/27

  • スーツのシーン別マナー

 

結婚式は新郎新婦にとって、一生の思い出に残る特別なイベントにほかなりません。だからこそ、結婚式に参加するゲストは、おめでたい場にふさわしい身だしなみを心がけるのが肝心です。なかでも、身だしなみに気をつけたいのが「受付を任された人」です。受付は結婚式にとって重要なポジションであり、その大事な役割を依頼されるのは、信頼の証拠とも言えます。新郎新婦の期待に応えて受付をスマートにこなせるように、服装選びのマナーを確認しておきましょう。ここでは、結婚式の受付という大役を任された場合、どのような服装をすれば良いのかについて解説します。

 

受付はゲスト?それとも身内?

受付を任されることになったときに、疑問を持つ人も多いのが「立場」の問題です。受付はゲストという立場になるのか、それとも新郎新婦の身内のような立場になるのか、気になる人もいるのではないでしょうか。基本的に、結婚式の受付を任された人は、友人でも「新郎新婦の身内のような立場」になります。受付は両家を代表して招待客を迎えるという立場になるため、きちんとその自覚を持つのが肝心です。

 

受付の男性にふさわしい服装は?

男性が受付を担当する際は、以下のポイントをおさえて服装選びをするのが大切です。男性の場合は「黒やダークカラーのスーツ」を着用するのが、基本的なポイントとして挙げられます。色は黒・ネイビー・グレーなどから選ぶと無難でしょう。また、濃いストライプのような柄物のスーツは避けて、フォーマル感のあるものを選ぶのが大切です。シャツは白色で、無地もしくは織り柄の入ったものを選びます。カジュアルな結婚式では色や柄が入ったシャツでも問題ない場合もありますが、基本的には避けるようにするのが無難です。スーツやシャツはシワ・汚れがついていないかきちんと確認しておき、清潔感のある着こなしを意識しましょう。
ネクタイは弔事を連想させる黒色を避けて、派手になりすぎない淡い色や落ち着いた色を選びます。光沢感のあるシルバーやピンク、サックスブルーなどのパステルカラーを選ぶと、華やかな雰囲気になるのでおすすめです。柄は無地か、派手な印象にならないものを選びます。同系色でまとまったストライプ柄や、ピンドット柄などを選ぶのも一案です。それから、注意したいのが足元です。靴は人目に触れやすいため、きちんと気を配る必要があります。靴下は黒色を選び、靴は「黒色の紐付き革靴」にするのが基本です。つま先に一文字のラインが入っている、ストレートチップと呼ばれるタイプを選ぶと、フォーマルな印象が強まります。

 

 

女性が受付を任された場合は?

女性が受付を担当する際は、以下のポイントに注意を向けて服装選びをするのが大切です。女性の場合は、「単色のワンピースやドレス」など、フォーマル感のある服装が望ましいとされています。ワンピースやドレスは明るい色を選ぶと会場が華やぎますが、派手になりすぎないように注意するのが肝心です。なお、花嫁の色である白は選ばないようにしましょう。それに加えて、光沢のない黒一色で固めたコーディネートにも注意が必要です。黒は喪服を連想させる色であるため、光沢のある素材を選んだり、明るい色の羽織ものを取り入れたりするなどの工夫をする必要があります。さらに、ワンピースやドレスは「露出しすぎない」ものを選ぶのが肝心です。肌の露出が多すぎると、品がない印象を与えてしまう可能性があります。特に受付はお辞儀をしたときに、胸元が露出してしまうおそれがあるため要注意です。スカートの丈・胸元・腕などの部分が露出しすぎないように、充分気をつけましょう。それから、靴はヒールのあるものを選ぶのがマナーです。スニーカーやオープントゥの靴は避けて、ヒールの高すぎないパンプスを選びます。フォーマルな装いになるよう、肌色のストッキングを着用するのもポイントです。

 

女性なら和装で受付も可

着物のタイプはさまざまであり、TPOに合わせた「格」があります。式の格式に合う着物を選べるのであれば、和装で受付をすることも可能です。着物は花嫁の色である白を避けて、派手ではない上品な色味を選ぶのがポイントです。訪問着または付け下げであれば、既婚・未婚を問わず着ることができます。もしも、未婚であれば振袖を着用しても問題ありません。色無地の場合、フォーマルな席で着用できるのは、家紋が入っているケースのみなので注意しましょう。既婚者は色留袖でも良いですが、友人の場合は三つ紋以下のものを着用します。五つ紋のものは親族が着るため、友人が受付をする場合は避けるのがマナーです。

 

身だしなみにも気をつけて

受付の身だしなみは、式の印象を大きく左右する重要な要素です。なかでも、受付は手元に視線が集まりやすいため、男女ともに指先を美しく整えておくのがマナーと言えます。爪は長すぎないようにカットし、汚れがない状態にしておきましょう。また、女性でネイルをする場合、派手な装飾は避けたほうが無難です。ビビッドな色やデコラティブやネイルは、結婚式の場にそぐわない場合があります。ベージュのように肌なじみが良いカラーを選んだり、フレンチネイルなどのシンプルなデザインにしたりすると、上品な印象を与えられます。それから、男女ともに注意したいのが「ヘアスタイル」です。男性はワックスなどで髪を整えて、清潔感を意識しましょう。女性の場合は、髪が長いとお辞儀をするとき、顔にかかるおそれがあります。髪が顔にかからないよう、アップスタイルにしてまとめておくのが大切です。なお、ヘアアクセサリーを使用する場合は、生け花を用いたものやファー素材、アニマル柄などを避けるのがマナーです。さらに、男性の場合は「髭の手入れ」に気を配る必要があります。髭は場合によっては、フォーマルな場にふさわしくない印象を与えてしまうおそれがあるため、要注意です。可能であれば髭を剃ったり、清潔感のある状態に整えたりしておくのが大切です。女性の場合は「メイク」が上品なものに仕上がるように意識しましょう。ワンピースやドレスに合うように、目元や唇に華やかなポイントメイクを施すのも良い手です。受付係としてふさわしい身だしなみになるように、男女ともに細部にまで気を配りましょう。気持ちを込めてドレスアップすると、新郎新婦とともに、よりすてきな結婚式を作り上げることができます。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH