ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

結婚式の2次会に出席!理想的な男性の服装は?

2018/09/27

  • スーツのシーン別マナー

 

結婚式の2次会に招待され、嬉しい反面、頭を悩ませるのは「どんな服装で行ったらいいか」ではないでしょうか。男性のスーツを大きく分けると、フォーマルスーツとビジネススーツがあります。さらに、フォーマルスーツのなかでも、場や時間に応じてランク付けがされており、さまざまな種類があります。2次会だからといってカジュアル過ぎてもいけませんし、かといって格式ばった恰好できちんとし過ぎても浮いてしまいそうです。マナーを守って失礼のない格好で行くことはもちろんですが、おしゃれもしたいですよね。ここでは、結婚式の2次会に出席する際の男性の理想の服装について紹介します。

 

結婚式の2次会に出席!理想的な男性の服装は?

結婚式の2次会に招待され、嬉しい反面、頭を悩ませるのは「どんな服装で行ったらいいか」ではないでしょうか。男性のスーツを大きく分けると、フォーマルスーツとビジネススーツがあります。さらに、フォーマルスーツのなかでも、場や時間に応じてランク付けがされており、さまざまな種類があります。2次会だからといってカジュアル過ぎてもいけませんし、かといって格式ばった恰好できちんとし過ぎても浮いてしまいそうです。マナーを守って失礼のない格好で行くことはもちろんですが、おしゃれもしたいですよね。ここでは、結婚式の2次会に出席する際の男性の理想の服装について紹介します。

 

 

よくある勘違い!平服はカジュアルという意味ではない!

2次会の結婚式の招待状に記載されている「平服でお越しください」の文言。見たことがある人もいるのではないでしょうか。1.5次会や2次会はドレスコードが「平服」の式が多いようです。平服という言葉を辞書で調べてみると「日常の衣服。ふだんぎ」とあります。そのため、普段着やカジュアルな服装でいいのかなと勘違いしてしまう人がとても多いようです。しかし、結婚式においての平服は、普段着という意味合いではないので注意してください。正装でなくても構わないという意味で、男性の場合、スーツを着ていくことは基本です。改まった場所でも恥ずかしくない服装を意識しましょう。

 

ドレスコードは会場や出席者によっても違う?!

2次会の会場や出席するメンバーによってもドレスコードは変わります。たとえば、2次会といっても親戚や会社の上司などが出席する場合はフォーマルに近い服装が望ましいでしょうし、仲のよい友人だけの会ならカジュアルな服装が許されるケースもあるでしょう。また、結婚式の2次会では、会場の雰囲気に服装を合わせることもポイントです。TPOを意識して服装選びを行いましょう。たとえば、ホテルや高級レストランでの2次会では、2次会とはいえ、格式の高いフォーマルな服装が求められます。ブラックやーダークグレーのスーツに白のシャツが基本ですが、お祝いの席ですから、光沢のあるスーツにしたり、淡いブルーやピンクのシャツにしたりして華やかさを演出しましょう。
フォーマルスタイルは個性を出すことが難しいですが、ネクタイやポケットチーフを上手に活用すると、お洒落さが増します。レストランやバーで行われる二次会の場合は、正装より少しカジュアルダウンしても大丈夫です。スーツはダークカラーにこだわる必要はなく、むしろ、グレーやネイビーなどの明るい色のものをおすすめします。シャツに関しても、白や無地ではなく、色物やストライプなどの柄ものを合わせてもよいでしょう。ネクタイの有無はどちらでも問題ありませんが、ノーネクタイはきちんとした場には不向きですので、誤解を招かないためにもしていくほうが無難かもしれません。居酒屋やカラオケといった場所での2次会の場合は、フォーマルすぎる格好では浮いてしまうことも。ジャケットにパンツを合わせたきれいな格好をおすすめします。ここで難しいのは、カジュアルダウンしすぎないということです。蝶ネクタイなどの小物できちんと感を出すことが大切です。どんな服装にも言えることですが、主役は新郎と新婦なので、主役よりも目立つ格好だけはしないよう気をつけてください。

 

2次会でもジャケット着用は基本

ドレスコードが平服の場合でも、スーツの着用が望ましいことがわかりました。しかし、居酒屋やカラオケなど比較的カジュアルなお店での2次会でジャケットは着用するのは抵抗感がある人もいるかもしれません。ただ、ジャケットを着用するときちんとした雰囲気が出ますので、お祝いの席ではジャケットの着用をおすすめします。カジュアルな席ではチェック柄のものや、ツイード素材のものを選ぶのもすてきですね。なお、ジャケットの着用と同時に、襟付きのシャツであることも基準になりますので守るようにしましょう。

 

靴や小物にもマナーがある

結婚式の靴は茶色ではなく、黒の革靴を履いていきましょう。そのなかでも、紐がついている靴がおすすめです。紐靴にも、格式の高い順に、爪先に飾りのないシンプルな「プレーントゥ」、爪先の切り替えが一文字になっている「ストレートチップ」、そして、爪先の切り替えが翼のようなW型になっている「ウィングチップ」という3つの種類があります。フォーマルの席では「プレーントゥ」と「ストレートチップ」が望ましく、ビジネスシューズやデザインがカジュアルなものは避けたほうが無難です。2次会といっても、お祝いの席ですので、カジュアルを指定されていない限りは崩しすぎないように気をつけてください。
また、せっかく格式の高い靴を履いていても、汚れていては仕方ありません。磨いていくのをお忘れなく。スーツスタイルの決め手となるネクタイは結婚式ではシルバーが基本です。しかし、カジュアルダウンすることができる2次会では、ピンクや水色などの明るい色のネクタイも定番となっています。さらに、柄物のネクタイや蝶ネクタイの人気があり、コーディネートに華やかさをプラスしてくれます。ただし「不幸」を連想させる黒や「殺生」を連想させるヒョウ柄やライオンのモチーフなど動物の柄物は避けましょう。そして、コーディネートにアクセントを加え、印象を変えられるポケットチーフも2次会のおすすめアイテムです。会場の雰囲気に合わせて、格式の高い印象を与えるリネン(麻)素材のものと、華やかな印象のシルクを使い分けましょう。基本は白ですが、2次会では遊び心をプラスして、さまざまな色のチーフを使用することができます。ポケットチーフとネクタイの色と合わせるのがポイントです。

 

ドレスコードは事前に確認しておくと安心

2次会では会場の雰囲気に合わせた服装で行くことがベストですが、どんな雰囲気なのかがわからないと服装選びも難航してしまいますね。もし可能であれば、2次会の主催者にどのような雰囲気の会にする予定なのかを確認しておくとよいでしょう。会場がどんな雰囲気の場所なのか、ネットで調べてみるのもおすすめです。ほかにも、一緒に出席予定の友人や知人がいれば、どんな服装で出席する予定か聞いてみてドレスコードを揃えておくと安心です。いざ、2次会会場に行ってみたら、自分だけカジュアルすぎて浮いてしまったなんて思いをせずに済みますよ。結婚式は新郎新婦にとって、人生で大切な晴れ舞台です。お祝いの席でのマナー違反は、せっかく招待してくれた新郎新婦に失礼であるうえに、二人の顔に泥を塗ってしまうことになりかねません。ゲストとして、きちんとした服装を意識し、結婚式に出席したいものですね。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH