ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

大人の魅力満載のテーラードジャケットコーデ!ステキに着こなす5つの技

2018/02/23

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

プライベートでオシャレを取り入れたいならテーラードジャケットがおすすめです。テーラードジャケットはもともとスーツジャケットと同じ意味でしたが、スーツよりもカジュアルなデザインでラフに着こなせるタイプを指す言葉になりました。
テーラードジャケットはさまざまなシーンに応用できるうえ、色のバリエーションも多くコーディネートの幅を広げてくれます。大人の男性なら手に入れておきたいアイテムです。
テーラードジャケットを美しく着こなすにはサイズやシルエットにもこだわりましょう。ここでは、大人の魅力をかもし出せるテーラードジャケットを解説します。

 

ジャケット・コーデの技1.サイズ選び

テーラードジャケットはカジュアルシーンで活躍するアイテムですが、ゆるすぎる着方をすると魅力を引き出せません。最低限のポイントを押さえて自分に合ったテーラードジャケットを選びましょう。
たとえば、サイズ感は美しい着こなしのために重要です。体に合っていないテーラードジャケットは見栄えが悪いので、店舗で試着するなどしてサイズ感を慎重に確認するのがおすすめです。肩幅が大きかったり袖が長かったりするテーラードジャケットは大人の魅力から遠ざかってしまいます。
テーラードジャケットはあまり余裕を持たせて着るタイプの服ではありません。ほどよく体にフィットさせ、細身のシルエットが形作れるようにしましょう。
肩幅より大きいテーラードジャケットは肩のラインが崩れてだらしない印象を与えます。また、着丈も長すぎず短すぎないサイズを意識します。ベルトと股の間くらいの着丈がテーラードジャケットのベストなサイズです。

 

ジャケット・コーデの技2.色選び

テーラードジャケットを着るには色選びの基本も知っておきましょう。テーラードジャケットは圧倒的に黒を選ぶことが多いアイテムです。黒はパーティーシーンにも応用できるうえ、男性の年齢を問わずに似合う色です。
スーツのパンツの上にテーラードジャケットを合わせてもマッチするでしょう。ただし、黒はフォーマルな雰囲気が強くなってしまい、カジュアルな空間では浮いてしまう可能性もあります。黒のテーラードジャケットはマストアイテムとして、他の色もそろえておくとコーディネートの組み合わせが広がります。
たとえば、グレーやネイビーのテーラードジャケットも定番なのでおすすめです。いずれもカジュアルな色合いながら、清潔感を保てるのが魅力です。あたたかい時期はさわやかにネイビーのジャケットを着て、冬場は落ち着いたグレーのジャケットを選ぶなど、季節によってジャケットの色を変えてみるのも大人のコーディネート術といえるでしょう。

 

ジャケット・コーデの技3.シルエット

ジャケットスタイルではシルエットをいかに整えるかが大切ですが、テーラードジャケットも例外ではありません。テーラードジャケットはタイトなシルエットか、体に自然とフィットするシルエットで着こなすようにしましょう。単に細いテーラードジャケットを着ればシルエットも細くなるわけではなく、コーディネート全体のバランスを意識するのが肝心です。
たとえば、ボトムスもタイトにすればIラインと呼ばれるシルエットができあがります。全身がまっすぐに見えるシルエットであり、脚が長く見えるなどのメリットがあります。ゆったりとしたボトムスで演出できるのがAラインです。アルファベットのAのように、下半身から上半身にかけて段々と細くなっていくような形が特徴的です。ジャケットをゆったりめに着てボトムスをタイトにすればYラインが完成します。
テーラードジャケットの初心者はきれいに着こなしやすいIラインから試してみるのがおすすめです。

 

ジャケット・コーデの技4.インナー選び

 

テーラードジャケットを着るときはインナーとの組み合わせも工夫しましょう。インナーの色によってコーディネートの雰囲気はかなり左右されます。たとえば、きれいめのカジュアルスタイルを目指すなら白のTシャツやワイシャツがぴったりです。白のインナーはどんな色のジャケットにも合うメリットも持っています。
ただし、黒やグレーのジャケットと白シャツの組み合わせは生真面目に見えすぎるときもあります。そんなときはパーカーを合わせれば決まりすぎずヌケ感を出せるので試してみましょう。
ジャケットが濃い色なら、インナーには同系色の薄い色を選択すると簡単にコーディネートが完成します。ダークグレーのジャケットにはライトグレーのインナーを合わせるなどの方法でビジュアルの統一感が生まれ、落ち着いた雰囲気になるでしょう。
また、テーラードジャケットに合わせるボトムスはタイトなジーンズやチノパン、スラックスがおすすめです。少し外すならカーゴパンツやアンクルパンツ、ハーフパンツなども効果的です。

 

ジャケット・コーデの技5.小物の使い方

いつものテーラードジャケットに変化をつけるなら、小物を取り入れるのがいいでしょう。コーディネートのバランスを考えた同系色の小物があると、手軽にアクセントがつけられます。
たとえば、ジャケットと同じ色のハットをかぶるなどの組み合わせがおすすめです。テーラードジャケットではスーツジャケットではできないようなラフな着こなしを試せるのも魅力です。袖を少しまくって腕時計を見せるなど、さりげない工夫がアクセントになります。カジュアルモードの中に清潔感のあるセンスをほどよくミックスできるのも、テーラードジャケットならではの楽しみ方です。
ジャケットとパンツをセットアップにして統一感を出しつつ、足元はスニーカーにしてきちんと感も加えるなど、さまざまなコーディネートが可能です。小物や靴の選択で着る人のムードは大きく変わるため、積極的にテーラードジャケットを応用したスタイルを試してみましょう。

 

正しいジャケット選びでいろんなコーデを実現しよう

大人の男性ならジャケットは必需品の一つです。だからこそ、ジャケットには着る人なりのこだわりを反映させて個性を出したいところです。カジュアルでありながら、だらしない印象にはならないテーラードジャケットはオシャレな男性にとって使い勝手のいいアイテムになるでしょう。
テーラードジャケットは色やサイズ選びさえ間違えなければ、簡単にいろんなコーディネートができる優れものです。また、スーツジャケット以上に着こなし方のバリエーションも生まれます。大人の魅力を引き立てるために、テーラードジャケットを1着は持っておきましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH