ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

未分類

結婚式のネクタイってどう選べばいい?守るべき鉄板マナーとは

2018/10/09

  • スーツのシーン別マナー

 

年齢を重ねるにつれて、結婚式に招かれる機会も多くなります。家族や親せき、さらに友人や職場の仲間の結婚式に参列する場合、男性であればネクタイ選びに悩むこともあるでしょう。お祝いの席で新郎新婦や参列者に失礼のないように配慮したり、おしゃれに見せたり、ネクタイの選び方によって周囲に与える印象は大きく変わります。結婚式のスーツに合わせるネクタイ選びのマナーやコツさえ押さえておけば、自分らしさをプラスした装いで参列することができるでしょう。そこで今回は、結婚式向きのネクタイ選びのポイントやルールについて詳しく紹介していきます。

 

立場や会場の雰囲気によってネクタイを選ぼう!

結婚式に招待されたら、まずは会場の雰囲気や自分の立場を考えてネクタイを選びましょう。結婚式といっても、ホテルの結婚式場や格式高い場所もあればレストランやオープンスペースを貸切ったカジュアルな会場などさまざまです。新郎新婦が自分たちらしさを演出した結婚式のスタイルも増えているため、会場の雰囲気に合わせて服装を選びましょう。従来の結婚式場などで行われるフォーマルな結婚式であれば、ブラックスーツまたはネイビーやダークグレーのスーツが一般的です。リクルートスーツや仕事でも着用しているビジネススーツで出席する人もいますが、くたびれた印象や場違いな印象を与えてしまうため結婚式には相応しくありません。シャツを選ぶ際は、白無地のワイシャツに白もしくはシルバーのネクタイを合わせるスタイルであれば、失礼に当たらない服装といえます。そして、結婚式のネクタイ選びで忘れてはいけないのが新郎新婦との関係についてです。親族として参列するのか友人として参列するのかによって、ネクタイ選びのルールが変わってきます。親族としての参列ならフォーマルな着こなしを心がけましょう。一方で、友人としての参列であれば親族としての場合よりも自由にネクタイを選ぶことができます。

 

色や柄はスーツの色に合わせるべし!

ネクタイは色や柄によって、周囲の人に与える印象が大きく変わるのが特徴です。例えば、結婚式で着用するネクタイの定番といえば白ですが、シルバーにするだけで華やかな印象を与えることができます。おめでたい席だからこそ、華やかで明るいネクタイを選ぶのもおすすめです。基本は白やシルバーですが、友人であればスーツの色に合わせてパステルカラーを選んでも良いでしょう。ブルーや淡いピンク色ならスーツにも合わせやすく、優しい雰囲気を醸し出すことができます。どうしてもブラックスーツやダークスーツは暗くなりがちですが、明るめのネクタイなら爽やかな印象にまとめることができます。ストライプやドッド柄のネクタイは、ビジネスマンのような服装になりかねないので無地や小紋柄が望ましいでしょう。また、明るめのスーツを着用する際に白やパステルカラーのネクタイを合わせてしまうと、新郎よりも目立つ可能性があるので注意が必要です。あくまで主役は新郎新婦であることを頭に入れておきましょう。ネクタイ選びに悩んでしまうときには、フォーマル用のものを選んでおけば失敗することはありません。

 

ネクタイ選びで個性をプラスしよう!

ネクタイは普段身につけるようなレギュラータイ以外にも、蝶ネクタイ・アスコットタイ・クロスタイのようにいろいろな形があります。レギュラータイはもちろんフォーマル向きのデザインであれば結婚式に着用しても問題ありません。とはいえ、蝶ネクタイは燕尾服やタキシードに合わせるのが一般的なので新郎が身につけるイメージを強く持たれがちです。そのため、日中の結婚式というよりは夕方や夜のパーティー向きといえるでしょう。一方で、アスコットタイはモーニングスタイルに合わせるアイテムなので昼向きのネクタイといえます。ただし、アスコットタイはウィングカラーシャツに合わせるものなので、シャツも合わせてコーディネートするようにしましょう。
クロスタイもアスコットタイと同様に普段身につける機会が少ないアイテムといえます。襟元で帯状になった布を交差させてピンでとめる略礼装スタイルです。おしゃれで個性的なコーディネートをしたい人は、挑戦してみてはいかがでしょうか。レギュラーシャツやウィングカラーシャツにもマッチするので、手持ちのシャツにも合わせやすいのが魅力です。結婚式はお祝いの席なので、失礼にならなければ自分の好みでネクタイやシャツを選ぶことができます。さまざまなスタイルでおしゃれを楽しみつつ結婚式に華やかさをプラスしましょう。

 

結婚式には不適切!選んではいけないネクタイとは?

 

失礼にならないと思ってネクタイを選んだつもりが、実は結婚式には不適切だったという経験をした人も少なくありません。ネクタイには、フォーマルな印象を与えることと華やかさをプラスするという役割があります。ネクタイ選びで失敗しないためにも、結婚式で選んではいけないネクタイについて正しい知識を身につけておきましょう。華やかさをプラスするためとはいえ、派手な色柄を選ぶのは場違いな印象を与えてしまいます。派手な色かつ大柄や迷彩柄などのネクタイは奇抜すぎるので避けたほうが無難です。さらに、ゼブラ柄やヒョウ柄といったアニマル柄は殺生をイメージすることから結婚式には不適切であると考えられています。靴やバッグなどにアニマル柄が入っていたり毛皮やクロコダイルが使用されていたりする場合も、同じ理由でネガティブな印象を与えるため注意が必要です。外国ではブラックタイをフォーマルとしてみなす場合もありますが、日本では黒色のネクタイは弔辞用となっています。喪服を連想して縁起が悪いだけでなくマナー違反になってしまうので十分に気を付けましょう。また、ニットタイのようにカジュアルすぎるデザインのネクタイも結婚式の場では浮いてしまいます。

 

ネクタイマナーを守っておしゃれに着こなそう!

フォーマルな場ではおしゃれも大切ですが、マナーを守ることも忘れてはいけません。結婚式は新郎新婦や親族にとって大切な門出です。お祝いの席に水を差すことがないように、マナーを守りつつ、おしゃれな装いを心がけましょう。ONLYなら結婚式にぴったりのオーダースーツやネクタイを選ぶことができます。結婚式での服装選びのコツを押さえつつ、自分にぴったりのスーツやアイテムを手に入れてみてはいかがでしょうか。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH