ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

結婚式のバッグ選びはどうする?守るべきマナーとは

2018/10/09

  • スーツのシーン別マナー

 

結婚式は、人生最大の晴れ舞台ともいわれる大切な日です。新郎新婦の親族や友人だけでなく、勤め先の上司や社長まで、招待客は多岐にわたります。そんなフォーマルな場だからこそ、ゲストとして招待を受けた側にもさまざまなマナーがあります。結婚式に出席する際のアイテムとして、バッグを持って行く人も少なくありません。女性であれば少量のメイク用品を入れたり、男性でも財布や携帯電話などを入れたりという人もいるでしょう。では、結婚式にバッグを持って行くときのマナーや注意点は知っていますか。ここでは、結婚式にふさわしいバッグの選び方を紹介します。

 

結婚式のバッグ選び:男性の場合

男性は、女性に比べると持ち物が少ないというイメージがあるでしょう。実際に、財布・携帯電話・御祝儀があればよいという人も多いため、手ぶらで出席する人も少なくありません。意外だと思われる人もいるでしょうが、男性の場合、結婚式での手ぶら出席はマナー違反になりません。とくに持ち歩きたいものがない人や、スーツのポケットに収まる人は無理にバッグを持って行く必要はないのです。しかし、なかには遠方からの出席者や、ポケットに入れておくのが不安だという人もいます。男性が結婚式にバッグを持って行くのであれば、フォーマルなバッグを用意しましょう。一般的に、柄や飾り気のないシンプルなクラッチバッグが無難です。
クラッチバッグは肩紐がなく、手で掴むようにして持ち運ぶものを指します。大きさ的には小ぶりなものが多いので、必要最低限のものだけを入れましょう。荷物の多い人は別にバッグを用意し、宿泊先に先に置いておいたり、クロークに預けたりすることが可能です。仕事帰りなどでビジネスバッグを持って行く人も、クロークに預かってもらいましょう。必要なもの以外は、式場内には持って行かないようにします。クラッチバッグを選ぶときの注意点は、スーツとのバランスです。デザイン性の高いカラフルなものよりは、落ち着いた色合いのものを選ぶと、スーツとの相性もよいでしょう。また、布地やビニール製の素材は避け、革のものを選択することも忘れてはいけない重要なポイントです。

 

結婚式のバッグ選び:女性の場合

実際のところ、女性が結婚式に持って行くフォーマルバッグには男性よりも細かなルールが多いのです。結婚式がお昼であれば、あまりキラキラと光らないもの、反対に夜であればキラキラ輝くものがフォーマルとされています。大きなバッグを会場には持ち込まないといったマナーは男性と同じです。着替えや余興の準備などで、当日に持ち込む荷物が多い人は別のバッグを用意するでしょう。しかし、クロークに預けるサブバッグにも、カジュアルな布製・紙袋・ビニール製は避けるという指定があります。このような指定を全てクリアするとなると、式場内に持って行くバッグを選ぶのも一苦労でしょう。そこで、どのようなバッグならふさわしいのか細かく解説します。

 

1.大きさやデザインは?

女性向けのフォーマルなバッグは、小さめなものが一般的です。だいたい手首から肘までの大きさで、男性と同じクラッチバッグかハンドバッグにしましょう。チェーンのついているものは、つけたままでも取り外してもOKです。色は、ドレスとの相性で決めると無難です。たとえば、黒いドレスなら靴やバッグをシャンパン系の明るいゴールドなどにすると、落ち着いたなかに華やかさも演出できます。ワインレッドやグリーン・ブルー・グレーなどの差し色になるものを選ぶのもよいでしょう。黒いドレスに、小物も黒というのは少々華やかさに欠けてしまいます。避けるようにしましょう。
反対に、明るいカラードレスのときは、黒やベージュなど少し控えめな色のものを選ぶのをおすすめします。また、基本的に真っ白なものは避けたほうがよいとされています。白は新郎新婦が身につけるカラーなため、小物といえども気にする人も少なくありません。もちろん、白いドレスは大変なマナー違反ですから、十分に気を付けましょう。昼間の挙式であれば、パールやレースなどの光らない飾りがついているバッグにしましょう。夜であれば、ビジューやスワロフスキーなどでキラキラな装飾がされていると、明るい印象になります。

 

 

2.素材は?

女性用のバッグの素材には、サテンやシルクなどのツルッとしたものがフォーマルな場にふさわしいといわれています。華やかかつ上品さもある素材が基本です。夜の結婚式の場合、スパンコールやビーズが全面にあしらわれているものも人気です。サブバッグと同じように、紙やビニール製はもちろんのこと、麻や帆布などのカジュアルな布製は避けましょう。また、ファー素材やアニマル柄は生き物の殺生というイメージがあるため、結婚式にはふさわしくない素材です。冬の結婚式では、ファーの羽織ものを着用する人もいるのですが、これもあまりよくありません。大人数での食事の場では、毛が飛ぶものを避けるというのが暗黙のマナーとしてあります。許容されるようになってはいますが、招待してくれた新郎新婦のことを思えば、避けたほうがよいでしょう。招待客の服装や食事のマナーは、そのまま新郎新婦の評価につながります。常識のない友人と思われないように、最低限のマナーやルールは勉強しておきましょう。

 

上手なバッグ選びはアクセントに

パーティードレスに明るい色を選んだ時には、黒・ベージュなどの小物を取り入れると全体的に引き締まったコーディネートになります。しかし、明るい色が苦手という人は黒いドレスを選びやすく、ベーシックなコーディネートになりがちです。そんなときこそ、アイテムに色を取り入れてトータルバランスを取りましょう。赤やグレーのバッグにするなど、ドレス以外の小物を明るい色でまとめるとよいでしょう。また、シルバーやゴールドはどんな色にも合わせやすく、シンプルなドレスも華やかな印象になります。男性のスーツに合わせやすいクラッチバッグは、飾り気のないシンプルなものが一般的です。一見、地味になってしまうところに、さりげないブランドマークや革使いなどのワンポイントがあると、おしゃれ度がグッと上がるでしょう。バッグ1つで印象はガラッと変わります。ドレスやスーツに合わせた上手な色使いができれば、ワンランク上のアクセントになるのです。マナーを守りながら、オリジナルのコーディネートを楽しみましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH