ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

結婚式でストライプのスーツはあり?男性の服装マナーとは

2018/10/09

  • スーツのシーン別マナー

 

ストライプスーツは、無地のスーツよりも華やかで、おしゃれな印象があります。ストライプが知的で品性も感じられるので、普段のビジネスシーンではよく着用しているかもしれません。縦にラインが入っているので、スタイルも良く見せてくれます。そんなストライプスーツは、結婚式に着て行くことができるのでしょうか。今回は、結婚式にお呼ばれしたときに失敗してしまわないように、スーツの色や柄の選び方や、ストライプスーツが適しているシチュエーションについて説明します。結婚式のマナーをよく知って、お祝いの場にふさわしいスーツを選んで着こなしましょう。

 

結婚式のスーツ選びの基本

結婚式の招待を受けたときの服装は、「準礼装」または「略礼装」になることが多いです。最も格式が高い「正礼装」は、新郎や新郎新婦の父親が着用するスタイルです。「準礼装」は、最も格式が高い正礼装の次に格式の高いスタイルとなります。結婚式の主賓や職場の上司であるなら、この準礼装で装うのがふさわしいでしょう。準礼装のスタイルは、昼であればディレクターズスーツ、夜であればタキシードです。ディレクターズスーツとは、黒いジャケットと、黒とグレーのストライプのコールズボンを組み合わせた礼服のことです。タキシードは、ジャケットの襟がシルク素材で、ジャケットの後ろにベントと呼ばれる切り込みがありません。招待客の中で立場の高い人は、ブラックスーツよりも格式の高いディレクターズスーツやタキシードでフォーマルに装います。準礼装ほどは格式が高くない「略礼装」スタイルがふさわしいのは、一般招待客です。略礼装とは、招待状に「平服でお越しください」と記載されているときに着る服装で、ブラックスーツまたはダークスーツです。新郎新婦の友人や同僚であるなら、昼か夜かに関わりなくブラックスーツやダークスーツを着用しましょう。結婚式の基本はフォーマルなブラックスーツですが、ネイビーやダークグレーなどのダークスーツを選んでも問題ありません。ダークスーツなら、きちんとしたイメージがありながらも堅苦しくなってしまうことはなく、おしゃれな印象に仕上がります。普段のビジネスシーンで使っているスーツを着て行くこともできます。

 

結婚式のスーツでストライプを選んでもいい?

スーツの柄は、基本的には無地を選びます。同じ色のスーツでも無地のほうがきちんとした印象になるので、フォーマルな場にはふさわしいでしょう。結婚式にストライプスーツを着てはいけないというわけではありません。ストライプと言っても、さまざまな柄があります。角度によって柄が浮き出るシャドーストライプなら、ストライプが目立ちすぎず上品です。同じように、色のコントラストが強すぎないストライプや、幅の狭いピンストライプなら、きちんとした印象を残すことができるでしょう。ただ、会場によってはストライプスーツを避けたほうが無難なケースもあります。格式高いホテルや教会などで行われる結婚式なら、ストライプスーツよりも無地のスーツを選んだ方が良いでしょう。一方、カジュアルな結婚式なら、ストライプのスーツでも許されることが多いです。レストランウェディングやガーデンウェディングなどカジュアルで開放感のある雰囲気の結婚式なら、おしゃれなストライプスーツはその場の雰囲気によく合います。場にふさわしく華やかに装うことで、服装でもお祝いの意を表明できるでしょう。

 

ストライプのスーツに合わせるネクタイは?

ストライプのスーツに合わせるネクタイは、無地を選ぶのがおすすめです。ストライプスーツはスーツ自体に柄が入っているので、それだけでデザイン性があります。それにさらに柄の入ったネクタイを合わせるのは難しく、上級者向きです。一歩間違えると、主張が強すぎてインパクトのあるコーディネートになってしまう恐れがあります。無地のネクタイならストライプスーツとも相性が良く、すっきりとまとまります。ネクタイの色は、結婚式では白かシルバーが基本です。シルバーのネクタイはフォーマル感がありながらも、スタイルにおしゃれな表情を添えてくれます。派手な印象にならないよう、落ち着いた印象のカラーを選ぶのが無難です。ネクタイを選ぶときは、結婚式のマナーを考えながらも、スーツとのトータルコーディネートを考えながら選ぶことが大切です。スーツと同系色のネクタイなら失敗が少なく、おしゃれに見えます。全身がうまくまとまったスタイルなら、周りにも好印象を残すことができるでしょう。

 

中に着るワイシャツはどうする?

結婚式に着るワイシャツの色は、白を選ぶのがスタンダードです。清潔感のある白シャツはフォーマルな印象が強く、親戚や上司、友人などどんな人の結婚式に参加するときでも着用することができます。ワイシャツの柄も、無地を選ぶのが基本です。柄入りのワイシャツは無地よりもカジュアルになってしまうだけでなく、スーツのストライプと合わせるのは難しいかもしれません。白で無地のワイシャツならフォーマル度が高く、きちんとした印象になるので結婚式にはぴったりです。ワイシャツの襟は、レギュラーカラーもしくはセミワイドカラーを選びます。レギュラーカラーとは襟の長さや開き方がもっとも標準的なもので、結婚式では基本のスタイルです。襟の開きの角度がやや広いセミワイドカラーでも問題ありません。
結婚式で着用できないワイシャツは、ボタンダウンシャツなどカジュアルな印象のものです。ボタンダウンシャツはもともと競馬競技にルーツがあるため、スポーティでアクティブな印象を与えます。カジュアルな雰囲気があり堅苦しくならないため、クールビズやノージャケットのシーンではよく選ばれています。クラシカルできちんとした装いが求められる結婚式の場にはそぐわないため、結婚式にボタンダウンシャツを着ていくのは避けましょう。

 

会場の雰囲気に合わせてみて

 

カジュアルな会場で行われる結婚式や二次会に出席するなら、ストライプスーツでもマナー違反にはなりません。華やかでおしゃれな雰囲気なので、カジュアルなお祝いの場には向いています。一方、格式高い会場での結婚式なら、ストライプスーツよりも無地のスーツのほうがふさわしいでしょう。会場の雰囲気や出席者の顔ぶれなどを考慮して、それに合わせて着ていくスーツの色や柄を検討しましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH