ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

結婚式にハンカチは必須?気になる選び方のポイントとは

2018/10/09

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

社会人として働くようになると、結婚式に出席する機会も多くなります。結婚式で持参するアイテムのうち、大活躍するのがハンカチ。バッグの中やポケットに忍ばせておいて、必要な時にはサッと取り出せるようにしたいものです。ただ、普段使いのハンカチではフォーマルな場にそぐわないとされることもあります。マナーを意識することも、大人のたしなみといえるでしょう。そこで、ここでは結婚式にふさわしいハンカチの選び方と、男女別におすすめのハンカチを紹介します。色や素材、柄などの選び方や、用途別の使い方を知り、晴れの日のアイテムとして役立ててください。

 

結婚式にはハンカチがあると便利

結婚式に出席する際、男女問わずハンカチは必須アイテムです。晴れの席では、新郎新婦の入場や、花嫁の手紙など、感動して思わず涙がこぼれてしまうこともあります。そんな時にさりげなく涙を拭うのがハンカチです。時には涙を流している人にそっと差し出すという場面もあります。食べ物や飲み物をこぼしてしまった時には、ハンカチをサッと取り出して拭けばスマートです。暑かったり、緊張したりして汗をかいてしまった時、ハンカチがあると重宝します。このように、結婚式でハンカチを使う場面は、手を拭く以外にもさまざまなパターンが想定されます。こぼした物を拭いたハンカチで涙を拭くなどということのないように、ハンカチは何枚か予備として用意しておくと何かと役に立ちます。いずれにしても、ハンカチは他人の目につきやすいものです。結婚式にそぐわないようなハンカチは避けるようにしましょう。

 

結婚式にふさわしいハンカチとは

フォーマルな場である結婚式ですから、服装はきちんとしている人が多い印象です。しかし、ドレスアップした服装にそぐわないハンカチを持っているのは、マナーを守っているとはいえません。結婚式にふさわしいとされるハンカチのマナーを知っておきましょう。通常、結婚式に参列する際の服装は、白い色を避けるべきとされています。それは、新婦が着用するウェディングドレスの色とかぶらないようにとの配慮からです。しかし、ハンカチの場合はむしろ白無地がベストだといえます。清潔感や上品さを感じさせる白は、フォーマルな場所にふさわしく、どんな服装にも合わせることができるからです。逆に、黒や派手な色味は避けましょう。特に晴れの席で黒を使用するのは、あまり良い印象を受けない人も多いです。青や赤などの原色は、若干ビジネス的な印象も受けます。色物を選ぶなら、淡いピンクなど、上品なパステルカラーをおすすめします。
柄は、できれば無地のものが良いでしょう。もちろん柄付きが全てNGというわけではありません。ワンポイントなど、できるだけシンプルな柄を選べば大丈夫です。目立ちすぎる柄やキャラクター柄などはカジュアル感が強まってしまうので、あまりおすすめできません。また、日常使いでは便利なタオル地のハンカチも、やはりカジュアルな雰囲気になってしまいます。結婚式では避けるようにしましょう。おすすめの素材は綿です。綿素材は、吸水性が良いのが特徴で、清潔感もあります。ただし、新品を使用する場合は、吸水が悪いので、使う前に一度洗濯をしておきましょう。シワや使い古したようなヨレヨレのハンカチは当然マナー違反です。スーツやシャツなどと同様に、ピシッとアイロンをかけ、だらしない印象を与えないようにしましょう。さりげなく目にとまるものだからこそ、いつ誰に見られているかわからないものです。当日になって慌てないように、できれば前日に準備しておくことをおすすめします。

 

男性におすすめのハンカチは?

男性の場合、ハンカチは白、または淡い色でシンプルなタイプがおすすめです。基本的には綿素材で、吸水が良いものを選びましょう。ワンポイントで、さりげなくイニシャルの刺繍が施されているものも素敵です。普段から汗をかきやすい人は、フォーマル用に作られたタオル地のハンカチはいかがでしょうか。通常、結婚式ではタオル地のハンカチはNGですが、このタイプであればしっかり汗も拭きとれるうえ、フォーマルにも対応しているので周囲に不快な思いをさせずに済みます。ちなみに、男性は胸にポケットチーフを挿すことがありますが、ハンカチとは意味合いが異なります。ハンカチは汗や涙を拭くといった、実用的な用途を持ちます。そのため、吸水性のある素材が選ばれる傾向です。一方、ポケットチーフは、ファッションコーディネートのアイテムとして使われています。素材もおしゃれ感のある絹や麻などが主に使われています。手持ちのハンカチで、絹や麻などの素材のものがあれば、ポケットチーフとして使用することは可能です。いずれにしても、ポケットチーフをコーディネートに取り入れるのであれば、ハンカチとポケットチーフを別に用意しておきましょう。

 

女性におすすめのハンカチは?

女性の場合、ハンカチは白のほか、淡いピンクなど、薄くて明るめの色が好印象を与えます。レースや刺繍が施された、フォーマル向けのものは、特に女性におすすめ。上品なイメージが女性の美しさを引き立てます。素材はフォーマルに対応したタオル生地や、綿、絹などさまざまあります。汗をかきやすい人なら綿かフォーマル仕様のタオル素材が向いています。絹素材は見た目の光沢が美しく、女性が手にしていると優雅な印象を与えます。それぞれに良さがあるので、何枚か用意しておいて、使い分けするのもおすすめです。結婚式用のハンカチを持っていないという人や、これから用意する予定の人は、白いフォーマルハンカチを購入してみてはいかがでしょうか。白は、結婚式だけでなく、葬儀など弔事の場面でも使え、何かと役に立ちます。いざというときにも慌てず対処できるのが、大人の女性というものです。

 

 

ハンカチにもこだわり、大人のたしなみを

汗や涙を拭いたり、ちょっとした汚れを拭きとったりと、ハンカチは実用的なアイテムです。結婚式には必ず持参すべきですが、フォーマルな場面にふさわしいハンカチを用意しなくてはなりません。派手な色使いのものや、使い古したものはNGです。普段使いのハンカチとは分けて考えましょう。まだフォーマル用のハンカチを持っていないという人は、冠婚葬祭全般で使える白や、淡い色を選ぶのがおすすめです。この機会に準備しておいてはどうでしょうか。せっかくの結婚式でマナー違反にならないためにも、素敵なハンカチを選んでください。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH