ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

結婚式で手ぶらはあり!?持っていくべきアイテムとは?

2018/11/13

  • スーツのシーン別マナー

 

結婚式に出席する際に、手ぶらで行っていいものか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。新郎新婦や親族にとって大切な日だからこそ、マナーを守って出席したいものです。結婚式はフォーマルな場ですが、手ぶらがマナーとなる場合もあります。とはいえ、持っていくべきアイテムもあるので失敗しないためにも知識を深めておきましょう。男女共通の持ち物もあれば女性に限ったアイテムもあります。自分にとって何が必要であるか確認しておけば、慌てずに結婚式に出席することができるでしょう。ここでは、結婚式に出席するときの持ち物に関するマナーについて紹介していきます。

 

結婚式に出席するなら手ぶらがマナー!

結婚式に招かれた場合、服装や持ち物についてあれこれと悩んでしまう人も少なくありません。服装についてはインターネットでリサーチできたものの、持ち物についての情報が少なすぎて困っている人もいることでしょう。結婚式に出席する場合、男性は基本的に手ぶらで行くのがマナーとされています。また、女性であれば小さなパーティーバッグのみがマナーです。男性はバッグや鞄を持たずに行くことに不安を感じるかもしれません。式場に着くまでは不安かもしれませんが、出席している人の持ち物を見れば身軽な姿に安堵することでしょう。服装や持ち物に関してタブーが多い結婚式だからこそ、マナー違反に当たらないように持ち物についてはしっかり調べておきましょう。男女共に身軽ではありますが、全く手ぶらというわけではありません。男性の場合、手ぶらとはあくまでバッグを持たないという意味で、持ち物がないわけではないので注意しましょう。新郎新婦の門出を祝う席で恥ずかしい思いをすることがないように、結婚式に持っていくべきアイテムやしまっておく場所などをしっかりリサーチしておくことが大切です。

 

男性必見!結婚式に持っていくべきアイテム

男性が親戚や友人などの結婚式に出席する場合、手ぶらで行くのがマナーです。しかし、持っていくべきアイテムもいくつかあるのでチェックしておきましょう。まず、ご祝儀をふくさに包んで準備します。ご祝儀袋の書き方や金額にもマナーがあるので、失礼に当たらないように気を付けましょう。また、結婚式の招待状を持参しておくと案内や受付時にもスムーズです。荷物になる場合は、写真を撮って画像として持っていくという方法もあります。ほかにも、持っていくべきアイテムとして、財布・スマートフォン・ティッシュ・ハンカチなども挙げられます。二次会への出席や万が一の備えとして、ある程度の現金も必要です。持ち物に関しては、ご祝儀さえ準備してあれば結婚式の場でマナー違反になることはないでしょう。男性は手ぶらで行くので、これらのアイテムはスーツの内ポケットに入れておくことになります。財布などかさばるものは、スタイリッシュな格好にするためにも薄いものに変えたほうがいいでしょう。色々なものを内ポケットに詰め込んでしまうと、せっかくのコーディネートも台無しです。結婚式の写真を撮りたいときには、スマートフォンのカメラで撮影すれば持ち物を減らすことができます。

 

女性必見!結婚式に持っていくべきアイテム

女性が結婚式に持っていくべきアイテムは、男性の持ち物とほとんど一緒です。結婚式に出席する場合に必須となるご祝儀は、ふくさに包んで持参します。表書きや渡す際のマナーについても事前にリサーチしておきましょう。ほかには、男性と同様に財布・スマート・ティッシュ・ハンカチなどが必要です。財布は普段から使っているものだとかさばってしまうので、小さめの財布に必要最小限のお金やカードだけを入れておくと良いでしょう。また、招待状は持参するか写真を撮って画像として持っていくのがおすすめです。
これらのアイテムは、パーティーバッグに入れて持ち歩きます。男性はスーツの内ポケットに入れますが、女性の服装にはポケットがないのでパーティーバッグが必需品です。ただし、持ち物が多くなると荷物が入りきらなくなったりバッグが膨らんだりしてしまうので、最小限のアイテムを入れるようにしましょう。せっかく華やかな装いをしているのに、バッグがパンパンでは印象も大きく変わってしまいます。最小限にしたつもりでも荷物が多くなってしまう場合は、クロークに預けることもできるので上手に活用しましょう。その場合、事前にクロークを利用できるかどうか注意事項を確認しておくことがポイントです。

 

あると便利!持っていくと役立つアイテム

身軽なほうがスマートな印象を与えますが、持っていると便利なアイテムもいくつかあります。しまっておくスペースがあれば持参するのも良いでしょう。たとえば、結婚式の思い出を残すためのデジカメやエチケットケアに役立つマウスケアアイテムなどがあります。また、いざというときに困らないためにも、充電器や常備薬も必要に応じて準備しておくと安心です。女性であれば披露宴の途中や二次会の前後でメイク直しをすることもあるでしょう。ファンデーションやリップグロスなどの必要なメイクアイテムを持参していれば、気軽にメイクを直すことができます。小さな子どもを連れて結婚式に出席する場合は、どうしても荷物が多くなりがちです。タオルや音が鳴らないおもちゃなどの会場に持ち込むものと、オムツや着替えなどクロークに預けるものに分けておくと、慌てることなく出席することができるでしょう。持ち物が多い場合や小さなお子さんを連れて出席することが不安な際は、快適に出席できるように新郎新婦や結婚式場のスタッフに相談してみるのもひとつの方法です。あると便利なアイテムはたくさんありますが、持ち物が多くなりすぎないように厳選して最小限にまとめておきましょう。

 

手ぶらでもマナーは大切!

 

冠婚葬祭にはいろいろなルールがあるので、マナー違反になっていないか心配になるのも無理はありません。結婚式に出席するときには、男性は手ぶらで女性は小さめのパーティーバッグを持参するのが一般的です。フォーマルな雰囲気に合わせて服装を選んだりそれに合う小物や靴を選んだりと頭を悩ませる人も多いことでしょう。しかし、結婚式のスタイルは一度覚えてしまえば大きく変わることはありません。持っていくべきアイテムをしっかりとそろえて気持ち良く結婚式に出席できるように、マナーについて知識を深めておきましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH