ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

結婚式はジャケットできめる!選び方のコツとは?

2018/11/13

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

結婚式にお呼ばれをして出席するなら、おめでたい華やかな席にふさわしく、すてきにドレスアップしたいものですよね。結婚式にはいくつか服装に関してのマナーがあり、特にお昼の挙式では肩など大きく肌を出すことはタブーとされています。そのため、ドレスの上に1枚羽織るものを着用しましょう。ボレロやストールなどが結婚式のコーディネートでよく見られるアイテムですが、今回おすすめしたいのはズバリ、ジャケットです。ジャケットは年齢を選びませんので、誰でも簡単におしゃれに魅せることができるのです。そこで、結婚式の装いでのジャケットについて、詳しく解説します。

 

結婚式でジャケットを選ぶメリット

ジャケットは、羽織るだけできちんとした印象になります。結婚式は、あなたが着飾って目立てば良いわけではなくて、招待してくれた新郎・新婦のお祝いをするための場です。ですから、雰囲気を損ねたり失礼に当たったりすることのないよう、身なりに気を付けることが大切です。ジャケットは、その点でとても優秀なのです。たとえ、色や形が少々派手なドレスだったとしても、ジャケットがあればドレスの雰囲気を落ち着かせることができるからです。「気に入ったドレスを着たいけれど、結婚式には少し個性的かも…」と悩むようなときは、迷わずジャケットを合わせてしまいましょう。上半身の一部や背中は隠れて見えなくなってしまいますし、ジャケット効果で意外と結婚式にも問題のないコーディネートになったりするものです。ぜひお試しください。また、ボレロやストールには色やデザインがかわいいものも多く、年齢によっては自分に合ったものを見つけるのが困難ということもあるでしょう。
しかし、ジャケットならば基本的に年齢を選ばないデザインですから、どんな方でも気に入ったものを見つけやすいという利点があります。
また、ドレスだと二の腕が気になるという人も多いのではないでしょうか。薄く透ける素材のものでは、上に羽織っていてもほぼ丸見えになってしまいますし、何より人の視線を気にしていてはせっかくの結婚式を楽しむことができなくなってしまいますよね。こんな悩みも、ジャケットならすんなりと解決してくれます。しっかりとした生地のジャケットで二の腕をカバーして、写真撮影も食事も存分に楽しみましょう。さらに、結婚式用のボレロや、いわゆる羽衣ストールと呼ばれるオーガンジー素材のストールは、ほかで着る機会はなかなかないものですが、ジャケットであれば着回しができる可能性がある点も大きな魅力です。気に入って買ったものの出番が結婚式だけでは、少し寂しいですよね。ぜひ、ほかのコーディネートも楽しんでください。

 

 

ジャケットの選び方のコツ【形】

ドレスに合わせるジャケットは丈と袖の短いものを選ぶと良いでしょう。結婚式のコーディネートは、上半身が重たくなりすぎないようにするのがポイントです。着丈は腰より短く、七分袖くらいものを選ぶとドレスとのバランスも良くすっきりと見えます。袖が長めのものであっても、折り返すことができるように袖にスリットが入っているとベストです。結婚式は天気の良い時期に行われることが多いですから、ジャケットが厚すぎても困ります。ノーカラーのものは定番で、ドレスにも合わせやすい形です。男性のタキシードのような形の光沢のある襟が付いているジャケットは、ちょっとかっこよくセクシーな雰囲気にもなりますので、かわいい路線を目指さない方におすすめです。また、テーラードジャケットなら、きちんと感がより増しますね。

 

ジャケットの選び方のコツ【色】

ジャケットの色としてよく選ばれる3大カラーは、ベージュ系、グレー系、ブラックやネイビー系です。これらはニュートラルカラーやオフニュートラルカラーとも呼ばれ、どのような色にでも合わせることができる、とても使い勝手の良い色です。ジャケットの色は、ドレスとのバランスで選ぶと美しいコーディネートになります。ドレスが濃い色ならば明るい色のジャケット、ドレスが明るい色ならばジャケットは濃い色、といった具合です。また、ジャケットがドレスと同系色ならば優しい印象になり、ドレスと反対色ならばメリハリのある印象になります。3大カラーは選びやすいですが、そのほかの色ならとてもおしゃれでファッション上級者に見えますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

避けておきたいジャケットとは?

結婚式では避けたいジャケットもありますので、色や素材・柄には注意が必要です。まず色に関しては、結婚式ですから黒のドレスを着る際は黒のジャケットを合わせるのは避けましょう。全身黒っぽいコーディネートだと、まるでお葬式のようになってしまいます。お祝いの場での黒ドレスには、明るい色のジャケットを合わせるのが正解です。ゲストがカラフルなアイテムを身に付けていたほうが華やかで結婚式らしく、花嫁にも喜ばれます。また、真っ白のジャケットも避けるべきです。結婚式では白は花嫁の色のため、ゲストは白以外を着るというマナーがあるからです。ただし、完全に白でなければ良いので、白っぽくてもクリーム色や薄いピンク、ベージュなどの色なら構いません。
ファー・革製品・アニマル柄などのパーティーではおなじみのものも、殺生を連想させてしまうため結婚式ではふさわしくありません。わかっているつもりでも、意外と靴やバッグなどの小物に使われていることが多く、見落としてしまいがちです。ラビットファー・ワニ皮・ヘビ皮・ヒョウ柄・ゼブラ柄などには気を付けましょう。そして、奇抜すぎるものやカジュアルすぎるものも避けるべきです。当然のことながら、デニム生地はデザインにかかわらず、デニム生地というだけでカジュアルな印象になってしまいますので、やめておくのが賢明です。

 

マナーを守って自分らしいジャケットを見つけよう

二の腕などの隠したい部分はばっちりカバーしつつ、きちんと感も出せるジャケットは、結婚式にふさわしいと言えます。エレガントにもクールにもキマってしまうジャケットは、ドレス姿をより魅力的にしてくれるのです。ジャケット選びに関して、いくつか注意しなければならない点はありますが、そんなに難しくはありません。これまで結婚式でボレロやストールしか着用したことがないという方は、ぴったりの1着を見つけて自分らしいドレス+ジャケットのコーディネートに挑戦してみてください。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH