ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

結婚式にアウターを着ていく!マナーについておさらい

2019/01/07

  • スーツのシーン別マナー

 

結婚式には、マナー違反にならないような服装で参加することが大切です。特に、冬の結婚式ではアウター選びも欠かせません。結婚式にふさわしい服装を選び、マナーを理解しておけば恥をかかずに済みます。また、アウター選びがしっかりできるようになれば、常識をわきまえた人として見られ、魅力もアップするでしょう。そのためには、結婚式向けアウターの選び方とマナーを理解しておくことが必要です。そこで、男性と女性それぞれが選ぶとよい結婚式に適したアウターをご紹介し、アウター選びの注意点やマナーについて解説します。

 

男性がアウターを着る!選ぶべき服とは?

男性のアウターは、スーツなどの上に着るコートになります。男性用コートにはさまざまな種類があるため、結婚式に着ていくアウター選びに迷うこともあるでしょう。スーツまではしっかり選んだにもかかわらず、アウターについては無頓着ということでは、最悪の場合にマナー違反だと思われる選択をしてしまう可能性もあります。そのため、コート選びにも気を使うことが必要です。男性の結婚式向けアウターとして選ぶべきコートは2種類あります。1つは、チェスターコートです。チェスターコートは、丈がひざ上あたりまであります。また、背広襟がありデザインがスーツに似ていることも特徴です。一般的にはスーツの上に着ることになります。チェスターコートといってもさまざまな種類があり、格式高い結婚式だけでなく、カジュアルな結婚式にも合うのがチェスターコートの特徴です。結婚式に参加する場合は、ほとんどの場合スーツを着用します。そのスーツに合わせるという点で、チェスターコートは適していることがポイントです。もう1つは、トレンチコートです。トレンチコートのシルエットは、ゆったりとした丈長なものが多くなっています。カジュアルになりすぎず、トラディショナルな雰囲気を出せるため、結婚式向けコートの1つといえるでしょう。トレンチコートは、スーツにも合います。また、結婚式だけでなく、ビジネス用スーツの上に着るコートとしても使えるため、1着持っていると便利です。

 

女性の場合は何が良いの?選ぶべきアウター

女性がアウターを選ぶ場合は、男性とは少し異なる観点で選ぶことが必要です。女性の場合、冬だけでなく春や夏にもアウターを活用するケースがあります。春や夏の結婚式に使えるアウターは、ショールやボレロです。春や夏は、ノースリーブドレスなどを選択することもあります。そういった場合は、ショールやボレロを使うことで、ドレスの雰囲気を活かしながらアウターでのおしゃれが可能です。冬については、男性同様、コートを着ていくことになります。女性用のコートにもさまざまなものがありますが、結婚式に適しているのはトレンチコートやチェスターコートです。トレンチコートについては、どんな場所で着ていても失礼がないという特徴があります。また、チェスターコートはフォーマルな場だけでなくカジュアルなシーンでも使えることが魅力です。ただし、チェスターコートの種類によっては、カジュアルになりすぎる可能性があるため、結婚式に着用する場合は、ある程度フォーマルな雰囲気のものを選ぶようにしましょう。

 

マナー違反にならないために!NGなアウターもある?

結婚式に着ていくアウター選びにおいては、マナー違反にならないものを選ぶことが重要です。結婚式はおめでたい席であり、服装に関しては一定のフォーマルさが求められます。ふさわしい服装で参加しないと、自分が恥ずかしい思いをするだけでなく、結婚式そのものの雰囲気まで壊してしまうおそれもあります。そのため、いくつかのマナーを理解しておくことが必要です。結婚式でNGとされるアウターのポイントは2つです。1つは、殺生がイメージされるアウターです。たとえば、ファーや毛皮は、殺生のイメージがある素材になります。結婚式の場で殺生をイメージさせることは、当然マナー違反にあたります。そのため、ファーや毛皮素材のアウターを選ぶのは避けるべきです。もう1つのポイントは、カジュアルすぎないことです。結婚式は、結婚する2人の門出を祝うフォーマルな式だということを忘れないようにしましょう。あまりにカジュアルすぎるアウターを選んでしまうと、招待してくれた新郎新婦に対して失礼だと思われる可能性があります。女性の場合は、派手すぎるアウターは避けることがポイントです。男性の場合は、キルティングやダウンコートなどはカジュアルだとみなされることになります。チェスターコートやトレンチコートを選ぶのが無難です。また、カジュアルすぎないものを選びたい場合は、色に注目してアウターを選ぶ方法があります。濃いめの色をしたアウターを選べば、フォーマルな雰囲気をもったアウターの選択につながるでしょう。

 

 

結婚式にアウターを着ていく時は生地や柄に注意!

結婚式に参加する場合、二人で新たな生活を始める新郎新婦を祝ってあげる気持ちが大事です。しかし、気持ちがあれば服装はなんでもよいというわけにはいきません。常識ある大人として見られるような服装選びをすることも大切です。服装選びにあたってはスーツ選びに注意が向きがちになりますが、アウターにも気を配ることも忘れないようにしましょう。アウターは、式場に入るときの第一印象を左右する重要なアイテムです。少なくともマナー違反にならないようなアウターを選ぶことが欠かせません。結婚式への案内状が届いたら、当日着ていく服装をイメージしましょう。ドレスやスーツについては用意してあるケースが多いでしょうが、アウターは適切なものがないというケースもあります。そういった場合は、マナー違反にならないものを早めに選んで揃えておけば安心です。
冬は、男性でも女性でもコートを着用するケースが多くなります。コートは、フォーマルな雰囲気があるチェスターコートやトレンチコートを選んでおけば間違いありません。また、女性の場合、春や夏はボレロやショールといったアウターをうまく活用するとよいでしょう。注意すべきポイントは派手すぎずフォーマルな雰囲気があるものを選ぶことと、殺生をイメージする毛皮などは避けることです。さらに、生地や柄に気を付けることもポイントになります。柄については無地のもの選ぶのが適切です。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH