ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

襟なしシャツをおしゃれに着こなしたい!ポイントは?

2019/01/07

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

日頃からスーツを着用する人にとって、中に合わせるシャツは重要なアイテムです。ビジネスシーンにおいては、襟付きシャツにネクタイを合わせるのが一般的なスタイルですが、襟なしシャツをコーディネートに取り入れる人も増えてきています。襟なしシャツは組み合わせが難しいというイメージを持つ人が多いかもしれませんが、実はポイントを押さえるだけで意外と簡単に着回すことができます。人とは異なるスタイルで印象付けたいという人にはおすすめのシャツなのです。ここでは、襟なしシャツがもたらす効果や着こなしのポイント、コーディネート例などを紹介します。

 

似ているようで違う!襟なしシャツとバンドカラーシャツの違い

一般的な襟元のシャツとは異なり、折り返し襟がないタイプのシャツには、大きく分けて「スタンドカラー(stand collar)」と「ノーカラー(no collar)」の2つがあります。スタンドカラーとは、折り返し襟ではなく襟が立っている状態のもので、「バンドカラー(band collar)」もスタンドカラーの一種に分類されます。バンドカラーとは、細い帯状の襟が首回りに1周ぐるっと付いているタイプです。スタンドカラーとバンドカラーは同じものだと認識されることも多く、厳密には両者の違いはないとされます。一方のノーカラーシャツは、その名の通り襟がまったく付いていないタイプのシャツです。ビジネスシーンなどで使用される襟付きのシャツは、きちんとした印象を与え、フォーマルからカジュアルシーンまでさまざまなスタイルに合わせることができます。ネクタイを着けることで、よりかっちりとしたスタイルをつくることが可能です。ビジネスシーンだけでなく、冠婚葬祭などのきちんとした場でも、襟付きのシャツを着用するのが一般的とされています。一方のバンドカラーシャツやノーカラーシャツは、首回りをスッキリと見せ、トレンド感のあるよりおしゃれな着こなしができると人気があります。かっちりとした印象を与えないので、柔らかくリラックスした雰囲気をつくることができるのも特徴です。襟がないためネクタイは着用しませんが、着こなし方によってはフォーマルなシーンでも活躍することができるでしょう。組み合わせ方にコツがあるので、さらっと着こなすとこなれ感を演出することができます。

 

コーディネートに襟なしシャツを取り入れる効果

襟なしシャツをコーディネートに取り入れる効果としては、まずキメ過ぎ感を防ぐことができる点が挙げられます。襟付きシャツの場合はきっちりとした印象を与えるため、少しくだけた場やカジュアルな集まりなどでは、周りから浮いた印象を与えてしまう可能性があります。特に、襟付きシャツをパンツにタックインすると、ビジネスでも通用する格好となるでしょう。TPOに合わせた格好としてあえて襟なしシャツを選び、印象を和らげることができるのです。また、襟なしシャツを選ぶことで、トレンド感を出すこともできます。若い世代を中心に襟なしシャツを着こなす人は増えてきましたが、まだそれほど広くは認知されていないようです。あえて襟のないタイプを着ることで、今風の旬っぽさを取り入れたスタイルをつくることができます。周りにあまり襟なしシャツを着ている人がいなければ、襟のスタイルだけで周りと差をつけることが可能です。周囲からもおしゃれ上級者として一目置かれる存在となるでしょう。ただし、コーディネートによっては、襟なしシャツはカジュアルすぎる印象を与えてしまうため、ビジネスシーンや華やかなパーティーシーンなどでは着こなし方が難しいことも覚えておきましょう。かっちりとした場で襟なしシャツを着たい場合は、合わせるジャケットのスタイルやボタンの留め方などにも気をつける必要があります。その場その場にふさわしいシャツを選ぶことはとても重要です。

 

襟なしシャツを使ったコーディネートの例

一般的な襟付きシャツと比べ、着こなしが難しいイメージのある襟なしシャツですが、ポイントを押さえれば意外と楽に着こなすことができるでしょう。襟なしシャツ初心者におすすめなのは、カットソーの上から羽織として襟なしシャツを重ねるコーディネートです。ボタンを外してラフに、また第一ボタンだけを留めてこなれ感を出すのもいいでしょう。ジャケットよりも気軽に羽織れるので、カーディガン代わりに使うことができます。カジュアルな印象の強い襟なしシャツは、かっちり目のジャケットのインに合わせると程よくカジュアルダウンすることが可能です。合わせ方によってはビジネスシーンでも活用でき、スタイリッシュでモードな印象を与えることができます。足元に革のスニーカーやローファーなどを合わせ、よりこなれ感のあるスタイルにするのもおすすめです。一方、シャツの上からカーディガンを羽織れば、柔らかで温かみのあるコーディネートになります。その際にボタンを上まで留めると、クラシカルな雰囲気に仕上がります。襟なしシャツはあまり主張が強くないため、合わせるアイテムによって大きく印象が変わるのが特徴です。また、シャツの裾がプルオーバータイプのものであれば、よりカジュアルな着こなしとなります。裾をタックインするとキレイめスタイルに、裾をタックアウトするとリラックス感のあるカジュアルスタイルに仕上げることができます。さらに、抜け感やリラックスした印象を与えたい場合は、ボタンを2〜3個開けるといいでしょう。雰囲気を変えるためにはサイズ感も忘れてはいけない要素です。ゆったりめのシャツであれば若々しくやんちゃな着こなしに、ほどよいサイズ感であれば合わせるアイテムによってフォーマルな着こなしにもアレンジできるでしょう。

 

 

襟なしシャツをスマートに着こなして

一見、着こなしが難しい印象がある襟なしシャツですが、ポイントを押さえることで意外と簡単に着こなすことができます。合わせるアイテムによって、カジュアルにもフォーマルにも使うことができる優れものなのです。リラックス感を出したいときや、襟元のデザインで周りと差をつけたいときなどには、きっと活躍してくれることでしょう。一着持っておくと、スーツの着こなしに変化をつけるだけでなく、カジュアルスタイルにも使えるのでおすすめです。日頃のコーディネートに襟なしシャツを気軽に取り入れて、ぜひ人とは違うおしゃれを楽しんでみませんか。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH