ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

デザインやサイズは?メンズスーツに合うコートの選び方

2019/02/12

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

スーツだけで仕事に出かけるのは肌寒く感じるときに、コートを持っていると重宝です。コートといってもさまざまな種類があります。そのため、何を基準に選べばよいのか分からない人や、店頭で見ても種類が多く迷ってしまい決められない人もいるのではないでしょうか。コートはスーツに合わせて着るため、スーツに合ったものを選ぶことがポイントです。スーツとのコーディネートが良ければ、スタイルが決まって見えるでしょう。ここでは、メンズコートにはどんな種類があるのか、選ぶときはどんなことに気を付ければよいのかを解説します。

 

メンズコートにはどんな種類がある?

スーツに合わせやすいコートとしては、まず、ロング丈のPコートがあります。元は軍服だったPコートは、リーファーカラーといわれる大きなえりや2列になったボタン、ポケットが縦に入っていることなどが特徴です。メルトンといわれる厚みがある毛織物で作られているため、防寒に適しています。Pコートは丈が短めのものが一般的ですが、長めの丈のものなら大人っぽいイメージです。つづいて、チェスターコートも定番といえるでしょう。チェスターコートはノッチトカラーといわれる切れ目のあるえりがあり、すっきりとしたスマートなラインが特徴です。さらに、袖が肩ではなく首の付け根からついているようなデザインのラグランスリーブコートは、着やすいことで人気があります。また、ステンカラーコートもスーツの上に着るのがふさわしいコートです。ステンカラーコートは、襟の後ろ側が立ち上がっており、前側は低くなっていて、襟を折り返す形になっています。この他、トレンチコートもきちんとした感じが出せておすすめです。
トレンチコートは元々イギリスの軍用コートとして用いられていたものが広まりました。防水加工を施した生地が使われているため、レインコートとしても使われています。これらのメンズコートはどれも定番といわれるものです。しかし、ブランドによってデザインや丈、素材などは異なるため、同じ種類のコートであっても印象はそれぞれ違います。バリエーションも豊富なため、スーツに合わせる場合やカジュアルに合わせる場合など、シチュエーションに合ったものを選びやすいです。

 

スーツに合わせる選び方のポイント

スーツに合わせるコートを選ぶときは、スーツの上に羽織ってみて窮屈さを感じないことがポイントです。コートの下に着るスーツの生地の厚みや、スーツの中に着るベストやカーディガンなども考慮して、ゆとりのあるものを選びましょう。実際に着用してみたときのラインがきれいに見えるかを確認することもポイントです。同じコートでも身長や体型によって見え方は異なります。コートを選ぶときは、必ずスーツを着た上に試着をしましょう。ボタンを開けたときと閉めたときに印象がどう違うか、着心地は良いかを確認することが大切です。

 

 

サイズでコートを選ぶときの注意点

サイズが大きすぎるものは、見た目が不格好になりがちです。逆に小さめのものはスーツとの間に隙間がなく、着心地が悪くなります。そのため、ジャストサイズのものを選びましょう。肩のサイズがぴったりかどうかも確認することが大切です。コートを選ぶときは、肩のサイズが自分の体型に合ったスーツを着て行きましょう。肩が大きめのサイズのスーツを着ていると、コートも大きめを選びがちです。また、肩が大きめのスーツなのにコートはぴったりのサイズを選ぶと、スーツが型崩れします。胸まわりは、胸囲に20cmほどを足したサイズがちょうど良い大きさです。袖は、スーツとシャツの袖口が隠れる長さを選びましょう。着丈は、膝上から太ももくらいの長さがビジネス用にはふさわしいです。

 

コートの柄や色も重要な選択基準

スーツ用のコートを選ぶときは、柄や色がスーツに合っているか、コートを脱いだときにスーツのしわが気にならないかもポイントです。スーツに合わせてコートを着るときは、ビジネスや冠婚葬祭などの場合が一般的でしょう。そのため、色は黒・グレー・ネイビー・ベージュなどのベーシックな色を選ぶとよいです。無難な色のコートを複数枚持っていれば、スーツに合わせてコーディネートできます。1~2着を購入するなら、黒やネイビーなどを選べば、どんなスーツにも合わせやすいです。スーツに合わせるコートは、柄物よりも無地を選ぶほうが着回しが利きます。

 

スーツと一緒に購入すると失敗しにくい

スーツに合わせるコートを選ぶときは、コートの下に着たいスーツを着用してお店に出かけましょう。スーツの上にコートを羽織ってみることで、着心地やサイズ感を確認することができます。スーツを購入するときに一緒にコートも購入すれば、コーディネートやサイズを失敗しにくいです。どんなコートを選べばよいか、どんなコートが似合うのか自分で判断できない場合は、プロにアドバイスをしてもらうと、自分にぴったりのコートを選ぶことができます。ONLYではコートだけでなくスーツも取り扱いがあるので、コート選びで迷っていることがあるなら一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH