ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

出すタイミングでも違う?ジャケットのクリーニング料金の相場

2019/05/23

  • スーツTips(豆知識)

 

ジャケットはコーディネートの印象を決める重要なファッションアイテムです。着用する機会が多いアイテムであるため、汚れなども付着しやすくなります。お気に入りのジャケットを長く着るためには、こまめなお手入れがとても大切です。多くの服は自宅で洗濯できますが、ジャケットは自宅で洗濯できないものも多いため、クリーニングに出すこともあるでしょう。しかし、出すタイミングによっては通常よりもお得な価格でクリーニングできる場合もあるのをご存知でしょうか。この記事では、ジャケットをクリーニングに出す際の料金相場と、出すタイミングでどう違うのかを解説します。

 

ジャケットをクリーニングに出す頻度はどれくらい?

ジャケットはインナーやブラウス、シャツの上に羽織るものなので、肌に直接触れることがあまりありません。そのため、インナー・ブラウス・シャツのように頻繁に洗濯する必要はなく、クリーニングの頻度は少なめでもよいといわれています。
素材にカシミヤやウールが使用されている場合、ジャケットそのものに素材本来の油分が残っています。清潔な状態を保ちたいからといって頻繁にクリーニングに出してしまうと、油分が失われて生地がごわついてしまう大きな原因となってしまうのです。
日頃から簡単なお手入れをしていれば、クリーニングに出す頻度は年に2~3回程度でよいといわれています。
しかし、女性の場合は夏場にノーカラーのブラウスや袖のないワンピースなどを着用することもあるでしょう。ジャケットが肌に触れる機会が多いため、中に着用する衣類によっては。汗ばんだときなど気になったときにクリーニングに出すのもおすすめです。
日頃からジャケットをきれいに保つためにはいくつかのポイントがあります。まず、ジャケットを脱いだらブラシをかけ、ホコリを払っておきます。すぐにクローゼットにはしまわず、風通しのよい場所にかけて乾かしておきましょう。
クローゼットに吊るす際は、ジャケットのサイズに合ったハンガーを使います。ハンガーのサイズが合っていなかったりきれいにかけられていなかったりすると、型崩れが起きる原因になるので注意しましょう。

 

クリーニングの料金相場とオプションの種類

 

ジャケットをクリーニングするときには、さまざまなオプションメニューも選択できます。クリーニングのオプションは、撥水加工・防虫加工・汗抜き加工・ウェット加工などです。
撥水加工は、ジャケットが水や油をはじくようにするための加工です。突然雨が降った場合でも濡れにくくなるので、ジャケットのダメージを軽減できます。
ジャケットを虫食いから守るため、防虫剤を塗布する加工が防虫加工です。ウール・カシミヤ・シルクなど、素材に毛が使われているジャケットに適しています。
バイオ加工とも呼ばれる汗抜き加工は、汗汚れに効果が高いクリーニングを指します。汗汚れはドライクリーニングで落ちにくいのが難点ですが、汗抜き加工では汚れをしっかりと落とせるのが特徴です。
ウェット加工は、ドライクリーニングすべき衣類を水であらう方法を指します。水溶性の汚れがきれいに落ち、ジャケットを全体的にきれいできる方法です。
ジャケットをクリーニングするときの料金相場は、店舗の違いや汚れ具合、フランチャイズによって異なります。1着につき400円~1,200円程度が一般的なクリーニング料金の相場です。
実際にかかる料金はクリーニングのコースによっても変わってきます。工程が多く、しっかりと洗うコースになるほど料金が高くなってくるのです。
また、撥水加工や汗抜き加工などのオプションをつける場合は、クリーニング店だけでなくジャケットの生地によって料金が変動します。最低でも1着あたり500円以上かかると見ておいたほうがよいでしょう。

 

冬物のクリーニング料金がお得になるタイミング

冬物のジャケットをクリーニングに出すとき、料金がお得になるタイミングがあります。ベストなタイミングを見極めるには、クリーニング店が忙しい時期を知るのがポイントです。
クリーニング店の繁忙期は、一般的に3月~6月前半と8月~9月です。特に、5月の連休あたりが最も忙しい時期といわれています。
ちょうど衣替えの時期に当たるので、この時期にジャケットをクリーニングに出しているという人も多いのではないでしょうか。
一方、クリーニングの注文が少なくなる時期は、1月下旬~3月上旬と6月下旬~8月下旬とされています。この時期は売り上げも減ってしまうので、クリーニング店によっては割引キャンペーンなどを実施することもあるのです。
そのため、冬物をクリーニングに出すなら閑散期を狙ってキャンペーンを上手に使うと、お得にクリーニングできる場合があります。

 

宅配クリーニングを利用して料金を節約する方法

季節の変わり目などにまとめてクリーニングを出すときは、宅配クリーニングを利用するとお得になる場合があります。
宅配クリーニングとは、自宅にいながらクリーニングを利用できるサービスを指します。洗濯物を自分でクリーニング店に持ちこむ必要がない点が大きなポイントです。
クリーニングを依頼すると、自宅まで洗濯物を引き取りに来てくれます。そのため、衣類の量が多いときなどにはとても楽な方法です。
自分で洗濯しにくい布団やブランド品も、クリーニングの対象になっています。
また、通常のクリーニングメニューだけでなく、ほつれの修理や保管サービスなども受け付けている宅配クリーニング点もあるのでチェックしてみましょう。
宅配クリーニングをお得に利用するには、5点パックや10点パックなど、複数の衣類をまとめて利用できるパック料金を選ぶのがおすすめです。
パック料金はクリーニング点によって異なりますが、通常の半額程度の料金で利用できる場合もあるので非常にお得になります。

 

衣替えのときはクリーニングしてから保管しよう

着用しても肌に触れる機会の少ない衣類であるジャケットは、クリーニングの頻度が少なめでも問題ありません。しかし、汗やホコリなど、目に見えなくても汚れは付着しています。
クリーニング店の閑散期やキャンペーン、宅配クリーニングを上手に利用すれば、お得にクリーニングへ出すことが可能です。
衣替えのときはジャケットをクリーニングに出して、きれいにしてから保管するようにしましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH