ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

頻ぱんに出すのはダメ?ワイシャツのクリーニングに出すメリット

2018/05/07

  • スーツTips(豆知識)

 

ピシッとしたワイシャツを着ると、気持ちも引き締まり1日を気持ちよく始められます。そんなワイシャツは、毎朝シワ1つないきれいな状態で用意しておきたい衣類です。しかし、自宅で洗濯をすると、当然アイロンをかけたりしなければならず手間がかかります。そこで、こまめにクリーニングに出してしまう人も多いことでしょう。ワイシャツをクリーニングに出すことには、メリットとデメリットがあります。また、ワイシャツはクリーニングを含めて正しく管理すれば、長く大切に着ることができます。大切なワイシャツのための、クリーニングに出すタイミングや正しい管理方法を解説していきましょう。

 

 

ワイシャツをクリーニングに出すタイミング

ワイシャツは毎日着る人も多く、特にビジネスマンにとっては必需品となっています。しかし、ワイシャツの手入れに毎日時間をとられてしまうのは、少しもったいない気がするものです。そこで、ワイシャツはすぐにクリーニングに出すという人も多くなっています。しかし、本来ワイシャツは、クリーニングに出さずとも自宅の洗濯機で洗える衣類です。それでもクリーニングを選ぶのは、その仕上がりのきれいさと手軽さが捨てられないからではないでしょうか。
ワイシャツをクリーニングに出すのには、ベストタイミングがあります。それは、黄ばみや黒シミ、カビ、異臭などがひどく、洗濯しても落ちないときです。こうした汚れや匂いは、自宅の洗濯機だけではなかなかとりきることができません。そんなときこそ、プロの手を借りるときなのです。専門の知識を有するプロの手にかかれば、頑固な汚れも匂いも落とすことが可能です。また、夏ものや冬もののワイシャツは、シーズンが終わって保管する前にクリーニングに出しておくと安心です。汚れがついたまま保管してしまうと、いざ着るときに汚れが落ちにくくなってしまいます。そのため、長期保管となる前には、しっかりと汚れを落としてくれるクリーニングに出しておくとよいのです。

 

 

ワイシャツをクリーニングに出すメリット・デメリット

ワイシャツをクリーニングに出すメリットは、なんといっても新品のようにきれいになることです。クリーニングならば、汚れはきれいに落としてもらえる上に、シワも伸びてピシッとした状態になります。自宅で洗濯をする場合は、まず頑固な汚れをピンポイントで落としてから洗濯機で洗濯をします。そして、乾いたらアイロンをかけてシワを伸ばしていきますが、シワを完全にとりきるのは簡単ではありません。その点、クリーニング店ならば徹底的にシワもとってもらえます。料金もそう高くないケースがほとんどなので、手軽にきれいなワイシャツに生まれ変わらせてもらえるのです。1人暮らしの人でも、クリーニングに出すだけできれいなワイシャツにしてもらえるので、忙しくても安心です。
メリットばかりに見えるクリーニングですが、デメリットもあります。それは、頻ぱんに出しているとワイシャツの傷みが早くなってしまうことです。クリーニングでは、自宅の洗濯機以上に徹底的に汚れを落としてシワを伸ばしてもらえます。しかし、これは衣類に大きな負担をかけるものでもあるのです。もちろん、自宅の洗濯機でも衣類に負担はかかりますが、クリーニングでの負担の方が大変大きいといえます。そのため、頻ぱんにクリーニングに出すと、ワイシャツの寿命は短くなってしまう可能性があるのです。

 

 

クリーニングから返ってきたワイシャツの管理

 

クリーニングから返ってきたワイシャツは、そのままクローゼットにしまっておくという人が多いのではないでしょうか。クリーニングから返ってくると、ワイシャツは袋に入っています。袋のままの方が、ホコリも汚れもつきにくいイメージがあるものです。しかし、袋のまま放置していると、カビがはえてしまうことがあります。湿気が袋の中にこもってしまうので、ワイシャツにとっては劣悪な環境となってしまうのです。そのため、クリーニングから返ってきたワイシャツは、必ず袋から出して保管するようにしましょう。
また、クリーニング済みのワイシャツは、当然汚れやシワがないものと思っている人が多くいます。しかし、中には汚れやシワがとりきれずに残っているケースがあるのです。そのため、クリーニングから返ってきたら、必ず仕上がりを確認しましょう。袋から出して、細かい部分まで入念にチェックし、汚れやシワがしっかりととれているか見ておきます。日が経ってから仕上がりをチェックしても、放置したことによる汚れの可能性も出てきます。だからこそ、クリーニングから返ってきたらすぐに確認しておくとベストなのです。万が一シミが残っていたら、クリーニング店に連絡して相談するようにしましょう。

 

 

クリーニングに出すときの注意事項

ワイシャツをクリーニングに出すときには、注意しておきたいことがいくつかあります。まず、汚れがひどい部分やシミがついている部分を、自分でしっかりと確認しておくことです。そして、クリーニングに出す際に、店員に直接気になる部分を申告しておきましょう。こうしておけば、クリーニング店もその部分をしっかりとケアしてくれます。このとき、口頭だけでなく、店員と一緒に目で見て確認しておくとより安心です。
また、洗濯表示も念のため確認しておきましょう。ものによっては、洗濯方法が制限されている可能性も大いにありえます。間違った洗濯をしてしまうと、衣類はすぐに傷んでしまいます。そのため、自分の目で、必ず洗濯表示をチェックしておくと安心なのです。そして、見落としがちなワイシャツの胸ポケットは、忘れずにチェックしていきましょう。ティッシュやレシートなどは入っていませんか?これらを入れたままクリーニングに出してしまう人は、大変多くいます。クリーニング店でもチェックをしているはずですが、自分でのチェックも怠らないようにしましょう。

 

 

クリーニングが面倒な人は形状記憶シャツがラク

ワイシャツをきれない状態で保つためには、自宅での洗濯かクリーニングが欠かせません。クリーニングは自宅での洗濯に比べると断然ラクですが、クリーニングに出して取りに行くという手間があります。これすらも面倒だという人は、形状記憶型のワイシャツがおすすめです。形状記憶型のワイシャツならば、クリーニングに出さなくても自宅の洗濯のみできれいな状態が保てます。そのかわり、洗濯はきちんと行って正しく管理していく必要はあります。どんなワイシャツを使用するにしても、正しく手入れをして保管することはとても大切です。毎日きれいなワイシャツを着るために、適切な管理をしていきましょう。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH