ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

ポイントはサイズ選び!シャツをキレイに着こなすための採寸方法

2019/03/08

  • スーツの着こなし・コーデ術

 

スーツに合わせるシャツは、サイズが合っていることがポイントです。サイズがきちんと合っているシャツを着ることで、スーツ姿がビシッと美しく決まります。自分の体型に合ったシャツを作るために大事なのが採寸です。しかし、サイズの測り方について正しく知っている人は、思っているよりも少ないようです。体のどこをどう測れば正しく採寸できるのか知っておくことは、サイズの合ったシャツを作るために不可欠なことです。ここでは、自分にピッタリと合ったシャツを作りたいと考えている人に向けて、きれいに着こなすための採寸方法について紹介します。

 

シャツのサイズが合っていないとキレイに着こなせない

シャツをきれいに着こなすには、サイズが合っていることが重要です。当たり前のことですが、意外と気がついていない人もいるようです。シャツのサイズが合っているかどうかは、着心地はもちろん、スーツの着こなしやネクタイの締め方にも影響してきます。したがって、体のサイズに合ったシャツを選ぶことは、スーツ姿の美しさ、格好良さを求めるなら非常に重要です。
たとえば、シャツの首回りのサイズが自分に合っていないと、キレイに着こなすことができません。サイズが大きいと襟が大きく開いてしまって、ネクタイを締めたときに襟がよれるなどするので、だらしない印象になってしまいます。逆に、首回りのサイズが小さいと、着たときに首元が窮屈になってしまって、着心地が悪く感じてしまうことになります。
また、袖の長さが自分の体型に合っていないシャツは、ジャケットを着たときにジャケットの袖からシャツの袖が出すぎたり、逆に袖が全く見えなかったりしてバランスがとても悪いです。特に、シャツが長すぎると、だらしない印象を与えやすいので注意しなければなりません。
さらに、シャツの身丈や幅が十分でないと、前かがみなど体を動かしたときに余裕がないので、窮屈な着心地になってしまいます。サイズが大きすぎてもスーツのパンツに入れたときの収まりが悪く、見た目が良いとは言えません。

 

シャツの購入に必要なサイズと基本的な採寸方法

シャツの購入に必要なサイズと基本的な採寸方法を知っておきましょう。シャツを購入する際に必要なサイズは、首回り、裄丈、身幅、着丈が基本です。これらをきちんと測ることで、体に合ったシャツを選べるようになります。
既製品のシャツを購入するときは、首回りを中心に選ぶことが多いでしょう。手持ちのシャツと同じサイズを選ぶのもひとつの方法ですが、メーカーによってもサイズは微妙に違うことがあるので注意が必要です。
また、体型が変化していたり、前回の購入から期間が空いたりしている場合には、サイズが変化している可能性が高いので新たに採寸してから購入したほうがよいでしょう。そのためには、シャツの購入に必要な基本的な採寸方法を知っておくことが大事です。

 

シャツの基本的な採寸方法「首回りの測り方」

まず、首回りの測り方について知っておきましょう。首回りのサイズについては、さまざまな考え方があります。ボタンを上まで閉めたときに指2本入るサイズがよいという説もあれば、指が入る余裕もないぴったりなサイズがよいという説もあり、好みが分かれるかもしれません。
首回りが開きすぎてしまうと、ネクタイを締めたときに襟がよれてしまうことがあります。ジャストサイズにプラス1cmを目安にし、あとは実際に着用したときの着やすさや見た目の様子を見て選ぶことをおすすめします。
首回りは、喉ぼとけの下の位置で測ります。既製品のサイズ表記の場合、Mの首回りは39cm、Lの首回りは41cm、LLの首回りは43cmが一般的なサイズです。

 

 

シャツの基本的な採寸方法「裄丈の測り方」

裄丈とは、手首のくるぶし部分から首の付け根までの長さのことをいいます。腕を自然に下ろして、首の付け根から肩を通り、手首のくるぶしまでの長さを採寸します。
シャツの裄丈を測る際は、上に羽織るジャケットの袖と合っていることも大切なポイントです。なぜなら、ジャケットの袖と合っていないとだらしなく見えることがあるからです。合わせるジャケットが決まっている場合は、ジャケットの裄丈を測っておくと参考にしやすいでしょう。
素材によってはクリーニングなどで縮むことも想定して、プラス1~2cm程度長めにするのもよい方法です。シャツが長いときにはカフスなどで調整することも可能です。

 

シャツの基本的な採寸方法「身幅や身丈の測り方」

身幅とは、右脇の縫い目から左脇の縫い目までの長さのことを指すのが一般的です。身幅のジャストサイズを測る際は、胸囲を測りましょう。シャツの寸法の場合は、ジャストサイズに3~5cm程度プラスしたサイズが良いといわれています。
身丈は、首の付け根部分から裾までの長さのことを指します。スーツと合わせるなど裾をパンツに入れて着用する場合は、お尻が隠れる程度の丈が適切です。長すぎるとズボンの中で裾がたまってしまい、きれいに見えません。

 

オーダーで自分に合ったサイズのシャツを作ろう

シャツは首回りを基準に選ぶことが多いものの、袖の長さや幅などにはかなり個人差があります。そのため、既製品から本当に体型に合うシャツを探すのは難しくなっています。
自分に本当に合ったシャツを選ぶなら、体の各所をきちんと採寸したうえで作るオーダーシャツがおすすめです。ONLYのオーダーシャツで、自分のサイズに合ったシャツを作りましょう。着心地もよく、納得の一枚になるに違いありません。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH