ONLY/How To

オーダースーツならオンリー

Category Listカテゴリー一覧

オンリー編集部ニュース

スーツTips(豆知識)

スーツのシーン別マナー

スーツの着こなし・コーデ術

シワや型崩れをおさえるには?自宅でのシャツの洗い方

2019/03/08

  • スーツTips(豆知識)

 

スーツで働くビジネスマンにとって、シャツは毎日着るものです。スーツはクリーニングに出すけれど、シャツは自宅で洗うという人も多いのではないでしょうか。シャツの洗濯で特に面倒なのは、アイロンがけです。アイロンがけの手間を減らすには、実はその前の洗い方と干し方がポイントになります。
そこで、シワや型崩れをおさえながら手間も減らせる、自宅での上手なシャツの洗濯のしかたについて紹介します。ポイントをおさえていれば、アイロンを使う時間がグッと短くなります。少ない手間でいつもシワのないシャツを着たいという人は、参考にしてみてください。

 

アイロンがけでシャツのシワを取るには時間がかかる

スーツで通勤する人は毎日シャツを着替えるので、洗濯そのものの頻度も高くなりがちです。しかし、毎日洗濯をする時間はなかなか取りづらいかもしれません。平日が忙しいなら1週間分をまとめて週末に洗濯するというやり方もありますが、衛生面を考えると洗濯はこまめに行ったほうがよいでしょう。
シャツを洗濯する際には、仕上げにアイロンをかけてシワを伸ばしたり形を整えたりするのが一般的です。シャツを自宅の洗濯機で洗うと、ある程度はシワができたり形が崩れたりするので、どうしてもアイロンがけが必要になります。
しかし、アイロンがけは手間がかかるものです。できるだけ手間を省くためには、洗い方を工夫してシワや型崩れをおさえることがポイントです。

 

自宅でシャツを洗う場合にシワをおさえる方法

洗濯したときのシワや型崩れをおさえるには、シャツに付いている「絵表示」を事前に確認することが重要です。絵表示には、水洗いが可能かどうかや、洗濯ネットの使用が必須か、絞りや脱水を弱くする必要がないかなどが表示されています。
もし、水洗い不可と表示されている場合は、家庭用の洗濯機では洗うことができません。その場合はクリーニングに出しましょう。自宅でシャツを洗う際には、ほかの衣類と繊維が触れてダメージを受けるのを防ぐために、必須と表示されていなくても洗濯ネットを使うことをおすすめします。
洗濯前には、シミや汚れをチェックしてポケットに何も入っていないことを確認してから、たたんで洗濯ネットに入れます。このとき、シャツを裏返しにしてからたたむのが、汚れが落ちやすくなるよい方法です。
洗濯機によっては、コースを細かく選べるものもあります。できる限り、シャツに合ったコースを選びましょう。シワになるのを防ぐには、脱水時間を短くすることがポイントです。15秒から30秒程度の短時間に設定し、洗い上がったシャツに水分が十分残った状態にします。
また、ふっくらと仕上げるには柔軟剤を入れるとよいです。洗濯機が止まったらすぐにシャツを取り出し、太めのハンガーにかけてシワを伸ばして干します。

 

シャツの型崩れをおさえるための方法とは?

シャツの型崩れをおさえるには、形状安定シャツを選ぶというのもひとつの方法です。ただし、形状安定加工は頻繁に着用した場合や、洗い方によっても長持ちしないことがあります。
形状安定シャツを長持ちさせるコツは、洗濯するときに洗濯ネットを使うことです。形状安定加工にはシャツのシワや型崩れまで記憶してしまう性質があるので、きれいにたたんでから洗濯ネットに入れて洗いましょう。たたむときは、上下と中央の3カ所でボタンを止めるようにします。
脱水時間を短めにして、洗濯が終わったら濡れたまま干すのは普通のシャツと同じです。このとき、厚みと肩幅のあるハンガーを使うと、水分の重みでシワが伸び、シャツの形が整います。なお、形状安定シャツは陰干しが基本です。念のため絵表示で確認するとよいでしょう。
形状安定加工が施されていれば、アイロンがけは必ずしも必要ありません。ただし、素材によっては軽くアイロンをかけたほうがきれいになります。アイロンを使う場合は温度を低めにし、襟部分に使用するのは避けましょう。

 

シワや型崩れはシャツの生地や製造方法でも異なる

 

シャツに使われている生地によって、シワのつきやすさや型崩れのしやすさは違います。シャツの生地にはコットン(綿)やリネン(麻)、ポリエステルなどの化学繊維がよく使われています。
コットンは、保温性や吸汗性に優れていて肌触りがよく、シャツではとてもよく使われる素材です。シワになりやすい特徴がありますが、形状安定加工が施されたタイプも増えてきています。
リネンは、生地の目が粗めで通気性がよく乾きやすい素材です。肌にベタつかないので暑い時期に向いています。コットンと同様シワになりやすく、縮みやすい面もあります。ややカジュアルなイメージの着こなしに合うことが多いです。
一方、ポリエステルはシワができにくく型崩れに強いため、自宅で洗濯しやすい素材です。しかし、吸汗性があまりよくなく、静電気を発生しやすいという特徴があります。そのため、吸汗性の良いコットンなどと混合された生地も使われるようになりました。
ポリエステルが多めの形状安定シャツなら、アイロンがけは不要かもしれません。コットン100%のものの場合は、形状安定加工が施されていても軽くアイロンをかけたほうがきれいになるでしょう。

 

気に入ったデザインで好きな生地を選ぶには?

自宅でシャツを洗濯する際には、洗い方や干し方を変えるだけでアイロンがけが簡単になり、そのうえ長持ちするようになります。紹介したようなポイントをおさえれば、シワや型崩れを防ぎつつ、少ない手間でいつでもきれいなシャツを着られるでしょう。
新しいシャツを買うときは、素材を確認すると生地の特徴がわかります。しかし、デザインが自分好みで、洗濯もしやすい生地のシャツというのは、簡単には見つからないかもしれません。そういうときは、ONLYのオーダーシャツも選択肢に入れてみてください。ONLYなら、好きな生地を選んで気に入ったデザインのシャツをオーダーすることができます。

ONLYブランドサイトへはこちら

オーダースーツを取り扱うお近くの店舗をお探しの方はこちら

SEARCH